韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  トランプ時代、韓国経済に迫る3つの不安

トランプ時代、韓国経済に迫る3つの不安

矛盾だらけの経済公約にもかかわらずトランプ氏が大統領の地位をつかんだ理由には3つ挙げられる。
一つ目、グローバル金融危機後、米国の低成長が有権者を動揺させた。グローバル金融危機の発生から10年近く経過したが、米国の景気回復は遅い方だ。一般人には現政策当局者がまだ経済不況を解決できない無能力者として映っている。このような局面で4%の高成長で米国経済を再建するというトランプ氏のスローガンには耳が傾くしかない。さらにトランプ氏は実物経済で大きな成功を収めた事業家だ。

二つ目、貧しい白人の喪失感だ。この人たちはかつて米国の製造業が好調だった当時、中産層として非常に豊かな生活を維持することができた。しかし米国の低学歴層の実質賃金は過去40年間余り増えていない。経済成長の果実が高所得層に集中した。なぜこういうことになったかを知るには原因の分析が必要だ。多くの経済学者は高学歴層に有利な技術進歩を最も重要な原因に挙げる。すなわち情報通信に代表される新技術を容易に活用できた高学歴層の賃金は速いペースで上昇したが、自動化によって代替されやすい事務職あるいは単純製造業従事者の立場は急速に悪化した。しかし技術の進歩はそれほど目立たない。白人労働者の目に映ったのは、低賃金の中国労働者が生産した安い輸入製品と、低賃金でも働く移住者に奪われる職場だ。競争力を失った労働者は自分たちを失業させる主犯がまさに貿易の増加と押し寄せる移住者だと考え、これを非難するトランプ氏が魅力的に見えた。

三つ目、従来の政治家に対する幻滅だ。従来の政治家は競って低所得層のための政策を主張したが、低所得層の実際の状況はそれほど良くならなかった。特にヒラリー氏が高額の講演料をウォールストリートで受けたという事実が明らかになり、彼女を貧しい労働者の味方と考えにくくなった。人権など伝統的な価値を重要視する従来の政治家に比べ、政治のアウトサイダーだったトランプ氏がむしろ新鮮に見えた。偽善的に道徳性を前に出す従来の政治家より、露骨に米国の国益を主張するトランプ氏に熱狂する有権者が多かったのだ。
http://japanese.joins.com/article/869/222869.html?servcode=100§code=120


スポンサードリンク


【管理人 補足記事&コメント】
中央日報は、米国の利上げについて、米国経済は遅い速度だが、ある程度は回復局面に入っているとし、こうした中でトランプ氏が公約したように財政支出を大幅に増やせば、物価上昇圧力は高まるしかなく、すでに米連邦準備制度理事会のイエレン議長は12月の利上げを示唆した事を受け、ウォン安が進むなど国際金融市場が不安定になる兆しが表れている。本格的な利上げが進む前に金融不安に対応する必要があると伝えている。

中国はすぐに為替操作国と指定されるという観測がすでに出ている。韓国も国内総生産(GDP)比7%以上の経常黒字を出し、その相当額を米国から得ているため、為替レート調整と韓米自由貿易協定(FTA)再協議などの圧力を受ける可能性が高い。米国経済の不安定性だ。トランプ氏は今後、高所得層と法人に対する大規模な減税を進め、オバマケアを大きく後退させるだろう。このような政策は所得不平等をさらに悪化させるとしている。

韓国はアメリカを心配している状態ではないのだが、トランプ政策は低所得者の底上げにあるわけで、高所得者をより高所得者にするわけではない。シェール革命の掘削作業における恩恵を広げる事と、何より雇用促進にある。雇用が促進できればイエレン議長が重要視する指標と一致する。一方、TPP離脱は大国中心のTPPは本来利益平均化が、アメリカの思惑通りアメリカ中心とはゆかないわけで、そこに日本が参加すればなおさらである。アメリカは日本とはFTAのほうが得策だという考えであるのは正しいだろう。各地域でまとまれば、システムは平均化されるわけで、得する国や損する国のばらつきがあって平均化となる。大国重視が次第にアメリカ重視ではなくなりつつあるのもTPPの特徴だ。それを補うのがFTAである。

現状FTAは韓国のように何でもかんでもFTAの凍結では、戦略がないために赤字となる。本来FTAは黒字をもたらすか、数値に現れなくとも消費活性化につながりその国で金が循環するために重要であると言える。日本が時間をかけてFTAに取り組んでいるのはそのためだが、逆に日本は時間をかけすぎる欠点がある。多くの国とのFTAはシステムが多様化し。難しいのも事実。しかし無理やりTPPやその他の自由貿易を凍結しても、結局はFTAで調整を図ることになりかねないのも事実。

従って韓国はむしろ既存のFTAにおいて、戦略を見直して再凍結することのほうが重要だ。自己都合でよいことばかりを想定しているから、良い部分を相手国に持って行かれる。戦略的でなければFTAは実は難しい。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年11月24日 13:29 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
最新コメント
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp