韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  日本の比じゃない!韓流が「中国を失ったら発展が絶たれる」と危機感

日本の比じゃない!韓流が「中国を失ったら発展が絶たれる」と危機感

日本で一世を風靡した「韓流」が一段落するのと時を同じくして、中国で韓流ブームが起きた。韓流ブームに乗り、韓国の芸能人が大挙して中国へと進出したが、中国での韓流ブームが現在、危機に直面している。

韓国政府は7月、在韓米軍に地上配備型ミサイル迎撃システム(THAAD)の配備を決めたが、これに中国が強く反発。報復措置として、韓流タレントの締め出しなどを行っていると言われ、こうした措置は一部で「限韓令」とも呼ばれている。中国政府は限韓令の存在を否定しているものの、韓流タレントが急にイベントをキャンセルさせられるなどの事態に対し、韓国では限韓令は存在するとの見方が一般的だ。

中国メディアの今日頭条は22日、市場規模が大きい中国を失うことは韓流にとって「極めて大きな損失につながる」と伝えつつ、韓国では「中国市場を失うことは、日本市場を失うことよりも遥かに大きな打撃となる」との報道があることを伝えている。

記事は、韓国メディアの報道を引用し、韓流にとって「中国市場は代替先が存在しない市場」だと指摘。中国以上に魅力的な市場は存在せず、限韓令によって中国における韓流ブームが終焉となれば「韓流の発展そのものが断ち切られる」可能性があると論じた。


スポンサードリンク


一方、中国では限韓令によって韓流タレントに対する関心が薄れ始めていると伝えつつ、中国人タレントの人気が高まりつつあると紹介。中国には韓流タレントと同等の外見を持つタレントが数多く存在すると伝えつつ、限韓令によって中国人タレントの人気が定着すれば、韓流タレントの居場所がなくなる可能性があることを伝えている。
http://news.searchina.net/id/1623747?page=1

【管理人 補足記事&コメント】
米最新鋭ミサイル防衛システム「THAAD(サード)」の在韓米軍への配備が正式に決定したことに対し、中国外交部の報道官が「強烈な不満と断固とした反対を宣言する」と述べるなど、中国は強く反発している。韓国へのTHAAD配備決定以降、中国政府が「限韓令」の施行を決定したという報道がなされている。「限韓令」とは韓国のエンターテインメント産業の輸入を禁止する方針であり、日本の一部メディアでは「禁韓令」と呼んでいる。実際に中国では複数の韓流スターが突然テレビから姿を消すなどの事態が起きている。

「中国政府による限韓令の公式文書は存在しない」と主張する一部のメディアも存在するが、中国メディアの和訊はこのほど、「限韓令」によって韓国経済は日本経済よりも惨めな状況に陥る可能性があると指摘、限韓令は中国人にとって「手を叩いて快哉を叫ぶべき制度」だと称賛している。「限韓令」によって韓国経済を支える柱の1つであるエンターテインメント産業が打撃を受けていると指摘、韓国の「各大手エンターテインメント企業の株価は暴落している」と説明している。

中国で一時韓流ブームになるのかと思いきや、1年もしないうちに韓流スターも入れ変わり、TVのCM金銭トラブルなども発生した。韓流スターのほうがCM料が安いわけで、問題を抱えつついたわけだが、朴槿恵によるTHAAD問題により、日本では嫌韓、中国では「限韓令」の板挟み状態となっている。もっとも韓流自体がすでに終わりなのだが…。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年11月24日 19:16 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(2)
ついでに嫌いな日本からも撤退しろ(^^)
[ 2016/11/25 08:57 ] [ 編集 ]
少し前に日本にTHAADの設置かも?に対するコメントが出たようですが、どうなりますかね・・・・
[ 2016/11/25 14:24 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
最新コメント
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp