韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  急速に駆け上がる「中国スマートフォン」

急速に駆け上がる「中国スマートフォン」

中国最大のスマートフォンメーカー華為(HUAWEI)が、サムスンを抜いて業界2位の営業利益を記録したことが分かった。中国市場では“無名”に近かった“兄弟会社”のOPPO・Vivoが共に市場占有率1位を狙っている。

市場調査機関ストラテジーアナリティックス(SA)が22日に発表した「2016年第3四半期グローバルスマートフォン営業利益占有率」資料によれば、華為は第3四半期(7~9月)に営業利益2億ドル、営業利益占有率2.4%で2位を記録した。アップルの営業利益(85億ドル、占有率91%)にははるかに及ばないが、アンドロイド(グーグルOS)メーカーの中では最も収益性が高かった。ストラテジーアナリティックス側は、華為が善戦した背景を効率的供給網、洗練された製品、効果的マーケティングと分析し、来年上半期についても安定的な収益性を維持すると展望した。華為が2年以内に規模で世界第2のスマートフォンメーカーになる計画を明らかにしたというマスコミ報道も最近出た。

華為の後に続いたのも急浮上する中国スマートフォンメーカーで、今年中国市場で善戦したOPPOとVivoである。営業利益占有率がそれぞれ2.2%だった。中国の音響専門企業BBKの子会社である両社は、2年前まで“中国内ビッグ5”にも入っていなかったが、急速に販売量を増やし、今は“世界ビッグ5”に挙げられる。市場調査機関カウンターポイントの資料によれば、両社の今年第3四半期の中国市場での出荷量は4千万台(32.8%)で、アップル(8.4%)とサムスン(5%)を大きく上回った。OPPO(16.6%)とVivo(16.2%)が華為(15%)を抜いて中国市場占有率で1,2位を並んで占めたことも目を引く。

ブルームバーグはOPPOとVivoが莫大な数のオフライン売場を率いて地方都市を優先攻略したことが功を奏したと分析した。もちろん各売場に手厚い補助金を支給したことも一役買った。これは北京や上海など大都市を中心にオフライン販売を止めてオンライン販売に集中して流通原価を下げた小米(シャオミ)と対照的であるだけでなく、他企業が簡単に真似できないマーケティングでもある。


スポンサードリンク


OPPO、Vivo、華為、小米を合わせた「中国スマートフォン企業ビッグ4」の合計市場占有率は昨年の48.3%から1年で58.4%に10%ポイント以上急成長した。これはギャラクシーノート7の発火事故で苦戦したサムスン電子が中国市場で萎縮したことと関係が深い。サムスン電子は第3四半期に収益性が9位に下落した。しかし、ストラテジーアナリティックスのニール・モスタン理事はサウスチャイナモーニングポストとのインタビューで「(サムスンが)ギャラクシーノート7事態をきっちり整理して新しいモデルを出すならば、アップルに次ぎ世界で2番目に収益性の高いスマートフォンメーカーの座に復帰するだろう」と話した。
http://japan.hani.co.kr/arti/international/25755.html

【管理人 補足記事&コメント】
米大手調査会社IHSは4日、アップルの「iPhone SE」で最も容量が小さい16ギガバイト(GB)機種の製造原価が160ドルとみられると発表した。そこで驚かされるのが、原価率の低さ(=アップルの利益率の高さ)だ。16GB機種の部品代合計は156.20ドルで、組み立て費を加えると160.00ドルとなる。米国での販売価格は399ドル。現在の円ドルレート(1ドル=111円)で単純換算すると約4万4300円程度のはずだが、日本では割高。1ドル132ドル換算の価格5万2800円(税別)となっている。つまり日本で売れれば、もっと利益率が高いということだ。

分解対象となったSEの表示画面は、韓国LGディスプレー製だった。アップルはパネルを日本のジャパンディスプレイ(JDI)やシャープも含めた計3社から用立てており、IHSが把握している平均的な調達比率はJDI40%、LG35%、シャープ25%となっている。ちょうどiPhoneの組立を請け負っている台湾の鴻海精密工業がシャープを子会社化したばかり。

一方サムスンは昨年Samsung が、端末価格が約 15,000 円で Super AMOLED ディスプレイを搭載し、LTE にも対応した Galaxy J シリーズの新モデル「Galaxy J2(SM-J200)」をインドで発表している。1GB RAM、8GB ROM、Micro SD カードスロット(最大 128GB)、背面に 500 万画素カメラ、前面に 200 万画素カメラ、2,000 mAh バッテリーを搭載する。これでは中国スマホには勝てないわけで、普通で考えてもほしいとは思えないレベルである。メモリ1GBでストレージが8Gのアンドロイドはまともに動くのだろうかとさえ感じてしまうが…。販管費を考慮すれば、とても利益は出ないだろう。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年11月25日 10:25 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
最新コメント
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp