韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  中国バッテリー市場、国産化推進で韓国メーカー締め出しか

中国バッテリー市場、国産化推進で韓国メーカー締め出しか

中国政府がバッテリーの国産化に本格的に乗り出した。トランプ米次期大統領が「米国優先」を掲げる中、中国政府もそれを逆に利用し、自国産業を保護する政策を強化しているとの見方もある。直撃を受けた韓国のバッテリー業界は集団パニックに陥っている。

中国政府は22日、中国国内でバッテリーを生産するメーカーは年間8GWh(ギガワット時)を生産しなければ、模範認証を受けられないとする新基準を明らかにした。生産能力の基準を現在の40倍に引き上げたほか、最近2年間で電気自動車(EV)用バッテリーに関連する重大な安全事故がないことも条件だ。世界トップの競争力を備えたLG化学でさえ、中国での生産能力は3GWhにすぎず、来年1月に新制度が実施されれば、認証基準を満たせない見通しだ。

中国政府は認証を受けられない場合、どんな不利益を与えるのか明らかにしていないが、業界はバッテリー価格の90%に達する補助金の対象から除外されるとみている。SK証券のソン・ジウ研究員は「中国政府が自由市場経済を標榜して25年たち、時計の針を逆行させる『官治』に乗り出した」と指摘した。

■国産化を本格推進
中国の動きが注目されるのは、中国が世界最大のバッテリー生産国であり、世界最大のEV市場だからだ。市場調査会社SNEリサーチによると、昨年の中国のバッテリー出荷量は61.6GWhで、全世界の74.2%を占めた。中国では今年1-9月にEVが22万台売れた。米国(11万台)、欧州(10万5000台)の合計を上回る規模だ。さらに、中国のバッテリー最大手、比亜迪(BYD)のバッテリー事業部門の売上高は約1兆8000億ウォン(約1720億円)で、LG化学(1兆ウォン)、サムスンSDI(7000億ウォン)を上回る。


スポンサードリンク


中国政府は今年、4回に分け、57社に模範認証を与えた。中国に工場を持つLG化学とサムスンSDIは第5次認証の取得に全力を挙げている。しかし、突然基準が強化され、不意打ちを食らった格好だ。韓国のバッテリーメーカーをけん制するのが新基準の狙いではないかとされるのもそのためだ。中国政府は1カ月にわたり業界の意見聴取を行った上で、来年から新基準を適用する予定だ。

証券業界によると、韓国メーカーが認証を受けられず、補助金を受給できない場合、LG化学は20%、サムスンSDIは30%の減収が見込まれている。韓国メーカーの損失はBYDなど認証を取得した中国メーカーにとって利益となる。中国のEV市場は今年の25万台前後から2020年には70万台に拡大が見込まれ、長期的に中国のバッテリーメーカーが恩恵を受けることになる。 中国がトランプ新政権の保護貿易主義を逆利用すれば、バッテリーのように中国が最大需要国でありながら、競争力では押されている分野に有効だ。市場を閉ざすことで、中国企業が成長する時間を稼ぎ、中国の産業競争力を向上させられるからだ。
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/11/25/2016112500580.html

【管理人 補足記事&コメント】
模範認証基準の強化を受け、韓国のバッテリーメーカーは完全にパニック状態だ。年内に中国にバッテリー工場を新設する予定だったSKイノベーションは24日、中国での経営環境が急激に変化しているとして、工場建設を見直す方針を表明した。LG化学、サムスンSDIなど既に中国に工場を設置したメーカーはさらに対応に苦慮している。サムスンSDIとLG化学など韓国企業が焦眉の関心を傾ける理由は、中国政府の認証結果によって市場競争力が左右される事にある。当然、中国政府の認証有無は、三星SDIとLG化学の来年の業績にも大きな影響を与えることになる。

昨年電気自動車バッテリー部門の1位は日本の日産とNECが合弁で設立したAESCで、世界市場の23.5%を占めている。次いでLG化学が16.6%、中国BYD、パナソニック、サムスンSDIが続く。市場調査会社ナビガントリサーチが昨年12月に発表した「世界電気自動車バッテリーメーカー競争力評価」でLG化学は堂々の1位に上がった。サムスンSDIも3位を占めた。市場進出戦略と生産戦略、技術力、販売力、マーケティング、流通、品質、信頼度、価格など12項目を評価した結果だ。 そこにきて中国市場における韓国バッテリー企業の追い出しは、苦しい展開とならざる負えない。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年11月25日 11:43 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
最新コメント
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp