韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  サムスン電子の屈辱…中国の華為に押され「その他のメーカー」に転落

サムスン電子の屈辱…中国の華為に押され「その他のメーカー」に転落

サムスン電子の面子に傷がついた。世界のアンドロイドスマートフォン市場で、これまで守ってきた営業利益1位の座を中国の華為に明け渡した。サムスン電子は「その他のメーカー」に落ちた。ギャラクシーノート7の生産中止のためだ。

市場調査会社のストラテジーアナリティックス(SA)が22日(現地時間)に発表した「2016年7-9月期のグローバルスマートフォンの営業利益額シェア率」によると、アップルは営業利益85億ドル(約9631億円)で、市場全体の91.0%を占めた。これは歴代最高値となった。 中国の華為は、2.4%で2位だった。中国のVIVOとOPPOがともにシェア率2.2%で華為の後に続いた。これら中国スマートフォン三銃士の合計シェア率は6.8%だ。

サムスン電子は、アップルと中国3大メーカーを除いた「その他のメーカー(2.2%)」に含まれた。サウスチャイナ・モーニングポストはSAのアナリスト、ニール・モーストン氏の言葉を引用し、サムスン電子は7-9月期に営業利益額シェア9位へ滑り落ちたと報道した。

SAによると、サムスン電子の7-9月期の世界シェア率は21.0%で1位だった。出血も甘受し、スマートフォンを販売し、市場1位の座を守ったという解釈が可能だ。


スポンサードリンク


サムスン電子はこれまで、アップルとともに営業利益額シェア率を独占していた。市場調査会社カナコード・ジェニュイティによると、今年4-6月期の2社の営業利益額シェア率は合計106%だった。アップルの営業利益額シェアは75%、サムスン電子は31%だった。2社を除く他のすべてのスマートフォンの製造会社は赤字になったという意味だ。

SAのアナリスト、ニール・モーストン氏は華為について「効率的なサプライチェーンと優れた製品、効果的なマーケティングで収益性を大幅に高めた」と話した。 しかし、モーストン氏は「サムスンがギャラクシーS8といった新たな主力製品を発売すれば、アップルに続き世界で2番目に収益性がよいスマートフォンの供給業者に返り咲くものと見ている」と予想した。
http://japanese.joins.com/article/899/222899.html?servcode=300§code=300

【管理人コメント】
今のサムスンは単なる部品企業に成り下がっている。スマホも低価格帯に移行したといってもスペックが中国スマホに比べて、素人でもわかるほどの性能差となる構成では、新興国でも今後購入はしないだろう。投げ売りも効果にならない。まだ新興国にとっては、例えばインドネシアなどでは、サービスの関係と性能もあるだろうが、ユーチューブ動画などはアップルiPhoneでないと無理だと言う。いずれインドでも同じ話題となる可能性もある。

一方中国製品は低価格で高性能が売りでもあるわけで、高級スマホより、多少画質面で劣っても、価格重視の新興国では、サービスがしっかりしなければ、やはり売れないだろう。単に数だけ売りさばいて、高い宣伝費をかけて商売をしてきたサムスンだが、新興国でも限界点にきている。新興国でも求めるものはその上の商品という事だ。

スマホの世界も高級スマホはアップルで、それ以外は中国に奪われそうだが…。一方日本では自国内に合わせたスマホに、ガラケー人気が始まっている。私はスマホとガラケーの両方だが、基本はガラケーである。基本料金が安いのは魅力的であるし、二つ折りのガラケーはやはり良いのではないですかね~。スマホはWi-Fi固定電話になってしまったが…。。。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年11月25日 18:48 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(1)
どんどんやれ
どんどん安売り合せんやれば良い。
サムスンはチップとDRAMを内製(自己)。アップルはチップを内製(外注)。ってことは本当はサムスンが一番利益だしていないとおかしい。中国企業は投げ売り合戦で消耗すれば良い。実は京セラは米国ではあまりコマーシャルせず、一時期米国で4位か5位になった。理由は政府に一括納入していたから。なぜって?世界最強の強靭スマホだったから。それを真似たのがサムスンだったが、カタログ値と実機があまりにもかけ離れていて(特に防水面)、販売不可となった。
そういうコマーシャルなしで健闘しているのは京セラ以外にはフランスでの富士通。安売り合戦あとの日本勢の結果が待ち遠しい。にしてもパナソニックは京セラの後追いせず、独自路線でがんばってほしい!
[ 2016/11/25 20:54 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
最新コメント
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp