韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  韓国国防部「軍配備現況等は日本に提供できる情報ではない」

韓国国防部「軍配備現況等は日本に提供できる情報ではない」

今月23日に発効した韓日軍事情報包括保護協定(GSOMIA)に基づき、日本が韓国軍の配備状況や空港・港湾現況についての情報提供を要求する可能性があるとする日本メディアの報道に対し、国防部の文尚均(ムン・サンギュン)報道官は「作戦計画や軍部隊配備現況についての情報は共有することはできない」と25日、述べた。

文報道官は「情報交換は相互主義手続きにより綿密な検討を経て行われる」としながら「情報交換の水準と範囲は韓国政府が判断し、国民が懸念する部分については全く(提供を)考えていない」と説明した。韓国と日本は1級秘密を除くすべての軍事秘密情報を交換することで合意したが、日本が情報を要求するからといってすべての情報を提供する義務はないということだ。作戦計画や軍部隊配備現況も1級秘密ではないが、日本には提供できない情報と考えているというのが軍当局の説明だ。

これに先立ち、読売新聞や産経新聞など日本メディアは24日、「日本が韓日GSOMIAの締結により、朝鮮半島有事の際には在韓邦人救出作戦などのため、韓国軍の配備状況や使用可能な空港・港湾情報を要求する可能性がある」と報じた。

文報道官は「韓国は北朝鮮の核・ミサイルに関する情報に対して関心が高い」とし「国民が懸念している部分に対しては(情報提供を)考えていない。今後もそのような部分についての情報提供は考えてないと理解してくれればよい」とも述べた。


スポンサードリンク


野党などからの反対の声にもかかわらず、GSOMIAの締結を強行した背景には、北朝鮮の核・ミサイルの脅威が高まっているため対応が必要だという判断があったためだ。ただし、国防部は「情報交換の現況はいちいち説明しない」とした。
http://japanese.joins.com/article/938/222938.html?servcode=A00§code=A10

【管理人コメント】
日韓両政府は23日午前、両国で防衛秘密を共有できるようにする軍事情報包括保護協定(GSOMIA)に署名、締結した。核・ミサイル開発に突きすすむ北朝鮮に関する情報を直接やりとりし、迅速な共有と保護の態勢が整う。北東アジア地域での日米韓3カ国の緊密な連携につなげ、安全保障の強化となる。

協定が発効すれば、日本側は北朝鮮に地理的に近い韓国のレーダーサイトや偵察機による情報のほか、韓国が脱北者らを通じて人的に収集した秘密情報の提供に期待いている。北朝鮮が潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)の開発を進めている状況下で、韓国側も北朝鮮の潜水艦を探知する日本の対潜哨戒機の能力や情報収集衛星の画像情報への評価が高い。

ただ現実韓国は秘密主義である。決め事は守らないだろう。日本からの情報を得るだけで、自国情報は出さないのではないか。それを防ぐには在韓米軍の協力が必要となる。韓国軍を含めた監視へと変わる。という事を韓国政府が理解すると、焦りだすのではないか…。この協定は日韓の協定だが、軍事面では日米韓で動くことになる。アメリカが常に監視として韓国政府を見ていれば、隠蔽情報は日本にも入るだろう。日本も単純に韓国に踊らされるわけではない。

また、日米韓の軍事情報には秘密ランク分けがあったと思うが…。日米が最重要機密となる軍事情報とした内容は、韓国には伝えないはず。それだけ韓国は信用がないという事だ。と考えると単に形式だけが先走りをした感もあるが…。
現実はどうなることやら~。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年11月25日 19:03 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
最新コメント
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp