韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  他国の独占を打破する中国製造業は世界を震撼させている!

他国の独占を打破する中国製造業は世界を震撼させている!

中国で人件費が高騰し、中国の製造業がコスト競争力を失いつつあるなか、中国政府は2025年までに製造強国になるという目標を掲げ、「中国製造2025」構想を打ち出した。

「中国製造2025」では品質の向上のほか、イノベーション能力の向上やブランド力の強化、さらには製造業とITの融合などを通じて、中国の製造業の競争力を向上させ、最終的には日本やドイツなど世界の先進国と同等の水準まで向上させたい考えだ。

中国高速鉄道や原発、スーパーコンピュターなど、中国製造業はすでに一部の分野で世界有数の競争力を持ち、近年はスマートフォンやテレビといった分野でも台頭してきているのは事実だ。これに対し、中国メディアの工控網は22日、中国の製造業が「世界を震撼させる理由」について考察する記事を掲載した。

記事は、一昔前は日本メーカーの製品は世界中で高い評価を得ると同時に、大きなシェアを獲得していたと伝える一方、近年は家電やパソコン、携帯電話などの分野で日本メーカーは徐々に存在感を失っていると主張。一方、近年は中国メーカーの台頭が著しいとしつつ、「中国製造業のイノベーション能力は世界を震撼させている」と主張し、中国製造業の手にかかれば「ハイテク製品の価格が暴落してしまうため」だと論じた。


スポンサードリンク


例えば、炭素原子が蜂の巣状(ハニカム状)に結合した素材「グラフェン」は数年前までは非常に高額な素材だったとしながらも、2013年に中国寧波市に年間生産能力300万トンの生産ラインを持つ工場が完成すると、グラフェンの単価は一気に暴落したと主張。さらに、テレビなどのディスプレイパネルをはじめ、中国が大量生産を手掛けたことで価格が低下し、消費者に安価で行き渡るようになった製品は数多く存在すると主張。これは中国が他国の独占を打破したためであると同時に、中国製造業のイノベーション能力の高さを示す事例だと主張し、「中国製造業のイノベーション能力は世界を震撼させている」と主張した。
http://news.searchina.net/id/1623861?page=1

【管理人 補足記事&コメント】
中国の生産コストはすでに米国との差はほとんどなく、全世界における輸出量上位25カ国の中で、米国の生産コストを基準にして100とすると、中国の指数は96である。また中国の製造業の輸出はすでに成長減速であり、マイナス成長となった月さえある。輸出減速の原因は様々だが、製造業の生産コスト上昇により一部の輸出加工産業が国外へ移転したことも掲げられる。 

さらに、構造転換と高度化はいくつかの異なる方向に沿って発展している。一方では労働集約型産業は東南アジアやインドなどの労働コストがさらに低い国へ移転し、一部は国内の中西部地域へ移転している。もう一方ではバリューチェーンの構築からより付加価値の高い製品へと業態を拡張し、高付加価値かつより多くの資本と技術を含んだ製品の生産へと構造転換している。

そんな中で、インターネットと伝統的製造業の緊密な融合である。「インターネットプラス」はすでに重要な産業やビジネスモデルとなっており、先進的な生産力を代表している。「インターネット+各伝統産業」はICT及びインターネットプラットフォームを利用し、インターネットと伝統産業の深い融合を促し、新しい製造業の攻略ポイントとなるだろう。知的製造は製造業の未来のトレンドであり、相互接続、集積制御、知的生産、データ処理、プロダクトイノベーションなどは今後の発展の鍵となる。人、設備、製品のリアルタイムの連携と有効な結びつきを通して、高度で柔軟な製品差別化とデジタル化した製造モデルを構築することを描いている。

そして、クロスボーダー電子商取引が輸出の新業態となることも掲げられる。クロスボーダー電子商取引は電子商取引とネットワークを通して「メイド・イン・チャイナ」製品を直接国外の小売業者ひいては最終消費者へ販売し、中間の流通などを減らしてコストを抑える。クロスボーダー電子商取引による新たな貿易業態はますます拡張する勢いを示しており、貿易規模も年々大きくなって、貿易企業が海外のビジネスチャンスを探る新しい選択肢となっている。

一方、加工型製造業の絶え間ない衰退である。加工貿易はここ数年、規模が縮小する傾向にある。中国の輸出製品に占める輸入原材料の割合は年々低下しており、すでに2000年の50%から現在は35%未満にまで低下している。加工型製造業の衰退の根本的な原因は、労働コストの上昇である。中国の加工型製造業は徐々に競争力を失っており、この傾向は今後も続いていく。

このような製造業の衰退の中で、スマホや電化製品は韓国から奪いつつあるわけで、人件費高騰は、中国とは言え、他の新興国への移動が加速するだろう。低価格という付加価値を自国内で見いさせるのかは難しい。莫大な人口を抱えた中国で新たな産業を見出すのには無理がある。まして先進国企業が撤退すれば、中国の市場性は失われる。中国政府の戦略を変更しないと対応しきれないだろう。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年11月26日 11:57 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(2)
TT
標準品の組み合わせ以外のオリジナルな製造品って何かあるのかな?
基幹部品を作れるわけじゃないから、輸入部品集めて組み立てるだけなら
コストが安いとこにうつるわなぁ・・・
[ 2016/11/26 17:25 ] [ 編集 ]
一つくらいは
「メイド・イン・チャイナ2025」計画というのは
昨年5月に制定された国家方針。
1年半経ったけど、どうなの、どうなったのと、
サーチナの突っ込みです。

グラフェンをひとつの成功事例としてとりあげたのが
この中国メディア・工控網。
そりゃ、一つくらいはあるでしょうよ。
「世界を震撼させた」というより、「中国も頑張ろう」と
国内にゲキを飛ばしたプロパガンダというのが適当でしょう。

貿易の実績は、2016年上半期、対前年で輸出が 2.1%減、
輸入が 4.7%減(中国国務院)だそうで、勢いがない。

輸入が減っているから、工場の仕込みが落ちているはず。
まだ調整途上じゃないですか。
[ 2016/11/27 00:45 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp