韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  「李在鎔サムスン」は一流企業なのか

「李在鎔サムスン」は一流企業なのか

計算高いサムスンもここまでの事態の流れを想像できなかったはずだ。「崔順実(チェ・スンシル)事件」があちこちに飛び火し、ついに国民年金まで巻き込んだ。検察はサムスングループの司令塔である崔志成(チェ・ジソン)未来戦略室長の事務室と国民年金を家宅捜索した。

サムスンは昨年、李在鎔(イ・ジェヨン)副会長により経営継承を確実にするサムスン物産と第一毛織の合併を実行した。その過程で外資系のヘッジファンド、エリオットが両社の合併比率を問題視した。大株主だった国民年金が合併に賛成したおかげで、サムスンは念願だった「李在鎔後継体制」を構築できた。サムスンにとってはハッピーエンドとなったエリオットとの紛争だが、崔順実事件で逆転があり得るホラー劇として蘇った。

終わったかに見えたエリオットとの紛争が再び注目されたのは、サムスンの自業自得という側面もある。サムスン物産と第一毛織の合併が認められたのは、朴槿恵(パク・クンヘ)大統領が一連の財団支援を求めるために財閥トップと会う前の時点であり、何らかの見返りと考えるのは困難だ。大統領との会談後にミル財団、Kスポーツ財団に資金を拠出したことも団体募金に加わったもので、特定企業だけをたたくわけにはいかない。時代が変わったとはいえ、検察と国税庁を掌握する韓国大統領が「国の役に立つことだから誠意を示してほしい」と求めれば、「韓国の資本主義発展のために政経癒着といった積弊を絶ちたい」と拒否できる財閥トップもいないことだろう。


スポンサードリンク


それでもサムスンが唯一検察の標的にされ、昨年の合併問題までに疑いの目が向けられるのは、崔順実事件で明らかになったサムスンの行為が他の財閥とは異なり、疑惑と憤りを招くものだったからだ。サムスンは乗馬協会の幹事企業だとはいえ、「乗馬の姫」チョン・ユラ氏を高価な馬に乗せ、ドイツにある崔順実氏関連企業に35億ウォンを送金するなど、国民を憤らせた崔順実事件の積極的な脇役となった。文化体育観光部(省に相当)の金鍾(キム・ジョン)元次官が圧力をかけたとはいえ、崔順実氏のおい、チャン・シホ氏が実質的に保有する団体にも数億ウォンを支援した。朴槿恵大統領が「企業の資金で財団を設立したのは、国のためという純粋な思いからだ」と述べたことが全体的に信じられなくなったように、情報力に優れたサムスンが「大韓民国の乗馬界発展と冬季スポーツのための純粋な思いで支援した」と弁明したところで、誰が信じるだろうか。

今回の崔順実には韓国の最高権力と影の実力者だけでなく、最高企業サムスンまでもが登場し、国民にショックを与えた。大した才能もないチョン・ユラ氏を馬に乗せ、梨花女子大に入学させ、五輪で金メダルまで取らせようとして、不正と横暴の限りを尽くした崔順実親子の「韓国・ドイツロケドラマ」にサムスンの名前が登場した点について、世界企業サムスンは本当に恥ずべきことだと考えなければならない。
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/11/25/2016112501126.html

【管理人 補足記事&コメント】
1996年に贈与を受けた48億ウォンで法律の抜け穴を利用して取得したサムスンエバーランドの転換社債は第一毛織の株式となり、最終的にサムスン物産との合併で、年商200億ウォンのサムスン電子を含むサムスングループ全体を支配する経営権が形成された。とはいえ、国民年金が加担したわけで、国民年金公団が合併に賛成した経緯において、青瓦台(大統領府)が国民年金公団の意思決定に影響力を行使していたことが明らかになれば、朴大統領とサムスン側に第三者供賄の容疑が適用される可能性がある。

一方、サムスンは崔被告とその娘のチョン・ユラ氏がドイツに設立したスポーツコンサルティング会社に280万ユーロ(約3億3000万円)を提供した疑いが持たれている。この資金は同社と契約したドイツの乗馬関連のコンサルティング会社に渡り、乗馬選手のチョン氏の馬の購入や海外でのトレーニングに用いられたとされる。単に大統領の指示では済まされないだろう。朴槿恵は人脈がないわけで、そういう意味では巧妙な手口ともいえるのだが…。 お嬢様育ちの朴槿恵本人に罪の意識はないだろう。それだけ社会を知らないという事だ。

来年も当面この話題となるが、韓国にはそれほど時間はないだろう一気に年明け早々に通貨危機という事もありうるわけで…、今年は何とも心暗い年末となりそうだ…。で、サムスンは一流企業なのかであるが、そもそも中小企業経営しかできない財閥企業に一流企業はないだろう~。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年11月27日 10:30 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
最新コメント
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp