韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  日本経済 >  製造と創造は違う! 日本の製造業と中国の実力差は大きい

製造と創造は違う! 日本の製造業と中国の実力差は大きい

中国メディアの工控網は24日、中国の製造業は近年著しい成長を遂げていると伝える一方、「製造することと創造することはまったく異なる」と主張、技術革新の分野では、今なお「後進国」であるとしたうえで、日本の製造業との実力差も大きいと嘆く記事を掲載した。

記事は、中国の自動車市場を例に「中国の自動車生産台数は2008年に米国を抜き、09年には日本を抜いて世界一になった」と伝える一方、これは単に自動車の「生産数」に過ぎず、中国が技術革新で世界の自動車産業をリードしているわけではないと指摘。

さらに、日本は電子産業、産業機械、自動車、新素材など、さまざまな分野で重要な地位を確立しているのが現実だと伝え、「中国は世界の工場と言えども、各技術力においては日本が圧倒的に中国をリードしている」のが現実であると論じた。

続けて記事は、日本が産業として中国を圧倒的にリードしている分野として、まず「工作機械」を挙げ、市場で見かける工作機械の大半は日本製か、ドイツ製、もしくは米国製だと指摘し、「工作機械の基幹技術は外国企業の手中にあり、政治的要因から諸外国は中国に基幹技術の輸出や販売を禁じている」と主張し、同分野において中国企業の技術力が向上しているとは言え、日本企業にはまだまだ及ばないと論じた。


スポンサードリンク


さらに、撮影機器の光学分野も「中国が日本に敵わない分野」であるとし、日本企業が同分野で如何に圧倒的な存在かは、カメラのシェアを見れば分かると紹介。CMOSのようなイメージセンサも日本企業が基幹技術を持つため、同分野では中国のみならず、世界のメーカーが日本の技術に依存していると指摘した。また記事は、自動車のエンジンやロボットといった分野でも中国企業は日本企業に到底敵わないと指摘し、こうした日中の実力差は「技術革新の力」の差であるとの見方を示し、中国企業はまだまだ努力が必要と訴えている。

記事が指摘しているとおり、自動車などの分野では日本のほうが中国を圧倒する競争力を持つが、スマホや家電分野で中国企業が台頭してきている。また、中国企業がドイツのロボットメーカー・クーカの筆頭株主になるなど、中国側は買収を通じて先端技術の獲得を進めており、中国企業はもはや侮れない存在となりつつあると言えよう。
http://news.searchina.net/id/1623871?page=1

【管理人コメント】
中国・韓国も同様だが、先端技術企業を買収しても、買収した企業が親会社になるわけで、親会社の教育・管理能力が勝っていない限り、先端技術の応用や開発研究を含めた行動計画を策定する事が出来ないわけで、ただ二つの企業が一つになっただけでは、買収の意味がない。買収ばかり実施しても、買収による自社能力向上システムがしっかりしていなければ、宝の何とかである…。

韓国も中国も二番手技術から抜け出せない理由である。いくら企業が大きくても、製造原価がアメリカと同じになった中国で、わざわざ製造する意味はなくなるわけで、世界の先端企業が、中国から撤退すれば、あるいは日本企業が中国から撤退すれば、製造技術を盗む事もでき無くなるわけで、中国はただ人口の多い大国でしかなくなり、市場価値も薄れるだろう。

様々な国には、その国にあった成長システムがあるわけで、中国を市場と捉えれば、大きな価値のある国もあれば、韓国のように技術の限界点で低迷の一途をたどる国もある。いずれも土台が日本という意味では同じである。日本と仲良くしてこそ、国の進歩があることに気が付けば中国も変わるだろうが…、頭の悪い習近平では日本は扱えない。製造と創造を語るレベルではないだろう…。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年11月27日 19:07 ] カテゴリ:日本経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
最新コメント
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp