韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓国企業の56%「輸出回復は来年後半以降」

韓国企業の56%「輸出回復は来年後半以降」

韓国貿易協会国際貿易研究院は27日、韓国の輸出企業で輸出回復時期が来年下半期以降にずれ込むと考えている企業が10社のうち8社に上るとする調査結果をまとめた。

今回の調査は輸出企業1125社を対象に行われたもので、現在の輸出不振からの回復時期について、来年前半以前という回答は22.5%(年内1.5%、来年前半21.0%)だった。一方、来年後半、2-3年後はいずれも28.2%、「回復自体が困難」との回答も21.0%に達した。

韓国の輸出は昨年1月から減少を示し、8月を除けば、21カ月連続でマイナスを記録している。今回の調査では、地域別で対米輸出の回復が難しいとの回答(32.9%)が最も多く、トランプ米次期大統領の保護貿易主義に対する懸念が大きいことが分かった。

輸出企業が最も懸念しているのは、米国の利上げと為替変動など国際金融市場の不安(34%)で、原油価格・原材料価格の変動(28%)、中国の景気低迷(14%)が続いた。
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/11/28/2016112800562.html


スポンサードリンク


【管理人 補足記事&コメント】
サーチナは、世界経済の回復が遅れるなか、韓国経済も苦境に直面しているとし、韓国経済はもともと財閥偏重や輸出依存など、経済構造に問題を抱えているとの指摘も多いが、20代から30代にかけての経済、社会を担うべき年代の間で「韓国は生き地獄」といった苦しみの声があがっていると報じている。 中国メディアの参考消息はこのほど、米メディアの報道を引用し、韓国の若い世代にとって「韓国での生活は生き地獄」であり、もはや彼らは限界に達していると報じた。

20-30代という比較的若い世代の韓国人の多くが韓国経済の不公平な構造に不満を抱きつつあると伝え、こうした世代からは「自分が将来、結婚して子どもを産めるとは到底思えない」、「将来などない」といった悲観的な声があがっている。 財閥系の大企業に就職できてこそ、韓国では社会的地位と高額の給与を手にすることができる。 韓国では近年、経済成長率が低下傾向にあり、非正規雇用が増加していることを指摘。15年に就職することに成功した若い世代のうち、実に3分の2が非正規雇用だと紹介。景気が悪くなるに連れ、韓国では多くの人びとがネット上で生活の苦しさを吐露するようになったと伝え、韓国を脱出して米国やカナダに移民するための方法を議論するコミュニティもある。

韓国の競争社会は日本の比ではないと言われる。一流大学への進学や一流企業への就職など、大勢が「狭き門」に殺到するためだ。韓国では中小企業と大企業では給与水準に大きな差があるとされるが、大企業に正社員として就職できないと非正規雇用として働かざるを得ない現実がある。それでも働き口が見つかれば良いほうだ。韓国では若年層の失業率が15年4-6月期に9.9%に達したとの統計もあり、仕事が見つからない人も少なくないとした。

失業率は嘘なのだが、1995年当時現代自の私の友人はカナダへ亡命した。今でこそこの仕事で理解できるようになったが、当時は理由を知るはずもない。在籍していた企業のアメリカ子会社を紹介したが、会長は私の上司だったが、人事権は社長であるので、ポジションが空いていないという事で、そこからカナダに移動したという連絡を受けた。当時から亡命は多かったようだ。記事では一流会社に入ればというのだが、大企業では確かに給料は良いが、人間関係は当時でも恐ろしいほどである。韓国は生き地獄だ・・・若い世代から「将来などない」という声はまんざら間違いではないようだが…。 記事では56%の企業が輸出回復は来年後半としているが、何とも甘い考えである。回復は無いだろうという考えが存在しないのだから、この危機状態で、ある意味感心するが…。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年11月28日 10:46 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
最新コメント
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp