韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  日本政治 >  小池氏、自民に戦闘宣言 都議会の聖域「政党復活予算」200億円を廃止

小池氏、自民に戦闘宣言 都議会の聖域「政党復活予算」200億円を廃止

東京都の小池百合子知事が、「都議会のドン」こと内田茂都議率いる都議会自民党の“本丸”に切り込んだ。都議会自民党の「力の源泉」の1つといわれていた「政党復活予算」の廃止を言明したのだ。約200億円という政党復活予算は「都議会対策費」とも呼ばれ、都議会各会派の“聖域”として歴代都知事も黙認してきた。小池氏の進撃が再び始まった。

「長年にわたって『政党復活予算』があったが、この仕組みを終わりにする。予算編成のプロセスを積極的に公開して、都政の『見える化』を進めたい。大きな都政改革の一端ではないか」
小池氏は25日の記者会見で、こう宣言した。

政党復活予算は、行政だけで十数兆円規模の予算を決定するのは「不健全」との理由で、かなり以前から始まった。1992年以降は毎年200億円ほどで推移しており、市町村交付金や文教・福祉予算、公共事業などに配分されている。

都財務局担当者は「条例などで認められたものではないが、予算編成の慣例として戦後間もなくから続いてきた」といい、都議会事情通は「予算枠は都議会各会派に割り当てられているが、圧倒的に多いのが都議会自民党だ」と語る。


スポンサードリンク


小池氏は廃止理由について「予算編成はまさしく、東京都の政策を具体的に予算に示していくことで、都には『極めて重要な役割』だ。予算編成権は知事にある。他の道府県で行われている流れを確保したい」と語った。知事が本来持っている権限を奪還し、特殊な“慣例”を正す姿勢だ。さらに小池氏は、政党復活予算の根拠となってきた各種団体からの「ヒアリング」についても、次のように語った。

「都民、政策現場の実態に精通する各種団体などから広く意見、要望を聞く機会を設ける。ヒアリングには私も出席し、積極的な意見交換をいただきながら、予算の編成作業に生かしていく」 ヒアリングは都議会自民党を中心に行われてきたが、今後は、知事自ら実施するという。都議会自民党の高木啓幹事長は「都議会に説明もなく廃止することは議会軽視。二元代表制の根幹にかかわる問題だ」などと、小池氏を批判するコメントを発表した。
http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20161128/plt1611281130002-n1.htm

【管理人 補足記事&コメント】
東京都の新年度予算の編成作業では、知事が示す予算原案に盛り込まれなかった事業について、都議会の各会派からの要望を受けて、事業の復活や予算の上積みを折衝する、「政党復活」の仕組みが、戦後から続いていて、平成4年度からはそのための財源として、あらかじめ200億円が確保されている。「政党復活」の廃止には、議員から、みずからの要望で予算を獲得する、いわば「手柄の舞台」を奪うことで、都政運営の主導権を知事に戻すというわけだ。

東京都で「政党復活」が長年続けられてきたのは、予算の獲得を支持者にアピールしたい議会側と、議会側に手柄を持たせることで関係構築を図りたい知事側との双方の思惑が一致していことが背景にある。そのときの「知事与党」には手柄が手厚く上積みされるため、都政関係者の間では事実上、自民党のためにあると指摘されていた。一方、都議会自民党は、「『政党復活』は、都民の代表である知事と議会の意思を予算にバランスよく反映させることを目的に、長年続けられてきた仕組みで、事前に何の説明もなく廃止することは、議会軽視と言わざるを得ない」として、小池知事に抗議文を提出した。

しかし都政の改革を考えれば、政党復活という名称で200億円などというのは不透明である。そういう部分に切り込まないと戦後からずっとであるから、ご都合金である。税金の透明性を明確にするためには、過去の無駄なお宝というべき、都政のおかしなシステムに切り込むのは良いことだろう。都議会の手柄云々ではなく、本来あるべき姿が必要なわけで、そういう意味では対立云々より、しっかり税金の使い道が解るようにするシステムのほうが重要となる。都議会にも無駄な連中が多いのではないか…。そういう部分にも切り込んでほしいものだが…。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年11月28日 13:30 ] カテゴリ:日本政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
最新コメント
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp