韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  米国で販売不振の現代自動車「グレンジャー」、市場撤退を検討中

米国で販売不振の現代自動車「グレンジャー」、市場撤退を検討中

現代(ヒョンデ)自動車が新型「グレンジャーIG」(輸出名アゼーラ)を米国市場に輸出しないことを検討している。2000年に「グレンジャーXG」で初めて米国の扉を叩いてから16年ぶりにグレンジャーブランドが米国から撤収するのか注目される。

現代自動車関係者は27日「米国内のグレンジャー販売台数減少により市場撤退を検討している」と話した。グレンジャーは韓国製高級準大型車の代名詞だ。だが米国では「ソナタ」「ジェネシス」の間に挟まれた境遇だ。グレンジャーは1~10月に米国で4134台が売れた。月平均400台水準だ。「ジェネシスG80」と「ソナタ」は同じ期間にそれぞれ2万1635台と17万243台を販売した。特定モデルの販売台数が適正規模を維持できなければ販売で得る収益よりマーケティングなどの管理費用が多くなる。現代自動車は2011年に欧州でソナタを撤退させた前例がある。

2000年当時世界最大の自動車市場である米国に初めて進出したグレンジャーは2006年に2万6833台を売り善戦した。だが米国ブランドだけでなく、トヨタ、ホンダ、日産など日本車が占めている中大型車市場に安着できず下落傾向にあった。2011年には1524台の販売に落ち込んだ。

後続モデルを輸出しない場合、現在米国のディーラーが持っているグレンジャーHGの在庫販売を最後にグレンジャーは自然に市場から消える予定だ。
http://japanese.joins.com/article/967/222967.html?servcode=300§code=320


スポンサードリンク


【管理人 補足記事&コメント】
ヒュンダイ・グレンジャーは、韓国の現代自動車が生産する高級セダンである。現代自動車が22日、大型セダン「グレンジャー」の新型を発売した。5年ぶりのフルモデルチェンジで、6代目となる。同社はソウル近郊の京畿道・金浦で発売イベントを開き、高級化したデザインや力強いエンジン性能、バランスの取れた走り、同クラスの車種で最高水準の衝突安全性などをアピールした。

現代自デザインセンター長のルク・ドンカーヴォルケ専務は「韓国青磁の優雅な曲線からインスピレーションを得て、前方の空気吸入口や昼夜問わず点灯する横ラインのLEDによる昼間走行灯(デイタイムランニングランプ)を採用し、高級なイメージを実現した」と説明した。これまでのグレンジャーよりも車長は10ミリメートル、幅は5ミリメートル増えたという。

現代自は「車の平均強度を既存モデルより34%改善した丈夫な車体で、安全性と走行性能を高めた」と説明した。また、全モデルに9個のエアバッグを標準装備した。自動緊急ブレーキ、走行時の運転補助システム、後方衝突回避支援システム、不注意運転警報、知能式車間距離制御装置(ASCC)などの技術による知能式安全技術ブランド「現代スマートセンス」を初めて採用した。

朝鮮日報は、現代自動車が、グレンジャーで5年ぶりのフルモデルチェンジとなる第6世代モデルを発表し、アイオニック、i30以外に新モデルがなく、販売が低迷していた現代自は新型グレンジャーの発売で反撃に乗り出すと報じていた。結局アメリカ販売で撤退すれば、何のための高級車なのか…。韓国製高級準大型車の代名詞が、アメリカから消えることになるが…。。。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年11月28日 13:40 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(1)
ひどいタイムラグ
自動車の新車開発は時間が掛かります。
着手したときの目論見が、発売時点で大きく崩れたのが
このグレンジャーでしょう。
欧州から引き抜いてきた元BMWのデザイナーに
仕事をやらせたが、販売戦力にならない代物になった。

デザイナー引き抜きはまだやっている。今年は元ベントレー。
ヒュンダイのデザイン重視戦略はまだ続く。
染み付いた体質というのは恐ろしい。
[ 2016/11/28 16:12 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
最新コメント
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp