韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  国民だました『韓日合意』は無効…諦めなければ正義は訪れる

国民だました『韓日合意』は無効…諦めなければ正義は訪れる

「昨年12月28日、韓日合意のニュースを聞いた瞬間を絶対に忘れられません。その日から2日間、何ものどを通りませんでした。日本軍慰安婦被害者が数十年間積み上げてきたものを、政府が一瞬で台無しにしたのではありませんか。どうしてそんなことができますか?」

今月24日、ソウル麻浦区(マポグ)の戦争と女性人権博物館で会ったチ・ウンヒ「日本の性奴隷諸問題解決のための正義記憶財団」(正義記憶財団)理事長(写真)は、改めて義憤を隠せなかった。市民たちもまた「12・28合意」に憤りを覚えていた。合意の見返りに日本大使館前の少女像撤去を要求したという話を聞いて、大学生たちは24時間少女像を守り、水曜集会には数千人が殺到した。正義記憶財団は怒れる市民たちの募金で作られた。

博物館に設置された少女像の前に座ってチ理事長は、断固とした声で「韓日合意」の無効を主張した。

彼女は女性運動界の"大樹"のような存在だ。梨花女子大学社会学科を卒業してセメント関連会社に勤めていた1969年、栄養失調や過労で倒れた女性労働者たちを目撃し、女性運動に飛び込んだ。1983年には女性平友会の共同代表を、1998年には韓国挺身隊問題対策協議会の共同代表を務めた。公職に入門して盧武鉉(ノ・ムヒョン)政権当時には第2代女性部長官を歴任し、徳成女子大学の学長を2期務めた。去年の韓日合意は、彼女を再び市民運動に呼び戻した。「故郷に帰ってきたような気がします」


スポンサードリンク


政府が設立した「和解・癒やし財団」は最近、日本が差し出した拠出金を被害者ハルモニ(おばあさん)23人に現金で支給したという。支給額が6000万ウォン(約580万円)、4000万ウォン(約380万円)などとまちまちであり、差等支給の疑惑も浮上した。「差等ではなく、分割支給するためにそのようにした」と財団側は否定した。チ理事長は「ハルモニたちにいかなる基準に基づいてそのようなことをするのか、あきれ果てる限りだ」とし、「ハルモニたちの状況を利用したものとみられる。ハルモニたちにこの癒やし金をどう説明したのかも分からない。一部の被害者たちが癒やし金をもらったとしても、日本に謝罪と賠償を要求をするのに、問題になることはないと考えている」と語った。

正義記憶財団は、韓日合意1周年を迎える来月28日、被害者・遺族らと共に韓国の裁判所に日本政府に対する損害賠償請求訴訟を提起する計画を立てている。チ理事長は「七十を過ぎた私が街頭に立たざるを得ない状況を作った政府を見ると、ため息が出るが、数十年間諦めなかった市民を見ると、胸がいっぱいになる」として、「量的変化が質的変化をもたらし、歴史の進展が起きる。遅々としているように見えても、常に記憶して行動すれば、(いつかは)正義が訪れると信じている」と話した。
http://japan.hani.co.kr/arti/politics/25797.html

【管理人コメント】
騙されたのは日本のほうだろう。日本政府から10億円を受け取り、慰安婦像は増えるばかりで、まだ金が足りないと言いたそうだが…。総理の謝罪と言いつつも結局は金である。日本政府は韓国にODAを含め、どれだけ金を支援してきたかさえも、論議はない。こんな異常な国を支援する必要はもうないだろう。

朝鮮人は信用できない。特に韓国人は日本へ旅行客として受け入れる事さえも禁止するべきだろう。
と言いたくもなる今日この頃である。

日本のTVニュースでは、関心のない韓国については報じない。最近は朴槿恵ニュースが連日報じられているが、それも飽きてきた。小池都知事のニュースとともに聞くことが多いのだが、韓国の朴槿恵大統領ニュースを必死で伝えるTV報道をみると、歴史認識さえ知らない連中が真剣に報道している姿を見るたびに、韓国は報じる価値さえもない国で、歴史を知るほどに怒りがこみ上げてくる。

韓国内の高齢者や自国政府の企てであるから、世代後退が完全に終わっても、近くて遠い国は変わらないだろう。
韓流スターの犯罪逮捕が一時賑わった。純粋が定番となったドラマは単に憧れ妄想ドラマに過ぎなかったという事だ…。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年11月29日 10:28 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
最新コメント
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp