韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  コスマックス、日本最大手化粧品メーカーの資生堂に納入

コスマックス、日本最大手化粧品メーカーの資生堂に納入

化粧品研究開発生産(ODM)会社であるコスマックスが、日本化粧品会社「資生堂」グループと製品供給契約を交わしたと、28日明らかにした。コスマックスは、資生堂グループが運営するブランド「資生堂」や「ジーエー(Za)」に対し、スキンケアの基礎化粧品や色調化粧品を納入することになった。日本消費者の関心の高いアンチエイジングやオーガニック化粧品などを開発・輸出する計画だ。

国内化粧品のODM会社が、日本化粧品市場シェアトップの資生堂グループと製品供給契約を交わしたのは今回が初めてのこと。日本の大手化粧品会社各社は、その大半が化粧品原料や剤形などで独自の技術を保有しており、海外ODM企業に化粧品製造を任せないのが慣行となっていた。コスマックスの李慶秀(イ・ギョンス)会長は、「化粧品産業で韓国より先に進んでいるという評価を受けてきた日本でも、韓国製化粧品への関心が高まったことを示す結果といえる」と説明した。

コスマックスは、資生堂グループと交わした今回の契約を足掛かりに、日本向け輸出を本格化させる方針だ。日本の化粧品市場規模は昨年基準で26兆ウォン。世界化粧品市場の8.9%を占めている。市場が大きいだけに、アジア全域に及ぼす波及効果が大きく、日本は化粧品業界で極めて重要な市場となっている。コスマックスの金俊倍(キム・ジュンべ)海外事業本部代表は、「資生堂のほか、最近、日本の有名会社約30社から問い合わせが殺到しており、日本への供給ライン拡大を考慮している」と話した。
http://japanese.donga.com/List/3/02/27/791226/1


スポンサードリンク


【管理人 補足記事&コメント】
今年7月、化粧品の研究開発と生産専門企業のコスマックス(COSMAX)は、急成長しているハラール化粧品市場の先取りのための認証作業を終えて本格的に生産を開始したと報じられた。コスマックスは26日、コスマックス・インドネシア法人のジャカルタ素材工場でハラール化粧品50種あまりの生産を開始したと明らかにした。コスマックスは去る3月、世界3大ハラール認証機関の一つである「MUI/Majelis Ulama Indonesia」から、国内の化粧品製造企業の中で最初にハラール認証を受けた。

ハラールはイスラム法によって「許可されたもの」という意味を持つアラビア語で、イスラム教徒が食べたり使うことができるすべての製品をいう。食品をはじめ医薬品や生活用品・化粧品などに至るまで、さまざまな分野に適用されている。宗教上の理由からハラール化粧品には、界面活性剤やシリコン化合物、合成防腐剤や豚に由来するコラーゲン、アルコール抽出物などの原料を使用することはできない。ハラールの始まりは宗教的な理由だったが、今ではイスラム圏の国々では安全と衛生の代名詞として認知されている。

ハラール化粧品を扱う企業はハラール専用ラインを別途に備えなければならないし、原料も個別に管理するなどの厳しい要件を満たす必要がある。そのため、ハラール化粧品は一般的な化粧品に比べて20~30%ほど価格は高い。しかしハラール認証マークがある化粧品はイスラム教徒の女性が安心して購入することから、短い時間で認知度を重ねることができる。

コスマックスによると、全世界のハラール化粧品市場は100兆ウォン以上と推算される。 2014年から2019年までの5年間に、市場規模は年平均13.6%の成長が見込まれている。インドネシアの化粧品市場は約2兆ウォン規模だが、インドネシアの人口2億5000万人のうち約87%がイスラム教徒であるだけに、コスマックスのハラール化粧品の効果を検証する初期市場としては最適の場所だ。

一方資生堂は、アジアにおけるプロフェッショナル事業を強化すべく、インドネシアで合弁会社「PT Shiseido Professional Indonesia (PT資生堂プロフェッショナル インドネシア)」を昨年設立した。合弁パートナーは、2013年12月より、インドネシアにおいて資生堂プロフェッショナルの輸入代理店を務めるAura Beaute Indonesiaグループで、新会社への出資比率は当社側が65%、Aura Beaute Indonesiaグループ側が35%となる。プロフェッショナル事業では、「Shiseido Professional(資生堂プロフェッショナル)」ブランドと「Joico(ジョイコ)」ブランドなどを中心としたマルチ(複数)ブランドにてグローバル展開を加速する。インドネシアはASEAN加盟国中1位、また世界でも4位という約2億5,000万人の人口を擁し、今後も人口増や富裕層の拡大が見込まれる。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年11月29日 11:02 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(2)
これは化粧品か???
たしか、これは、しわを隠すクリームだったような。これって化粧品か?
実は中韓台ではシミ消しとかしわ消しのクリームがすごーく発達している。3日でなくなるとか宣伝している。しかも安い。だからとても人気なのだ。ただし、消えないから(隠すだけ)クレームも多いんだが!
日本では、ちょっと遅れて同様の商品が医薬品会社から出ている。日本のは直る(隠すのではなく消し去る)のに一月ほどかかるが、クレームはあまりない。というか、中国人が買って帰るくらいなんだよな。まあ、だから資生堂はお遊びで安い韓国のしわ消しクリーム売ってみようか。。。良ければ自社開発か日本の医薬品会社に外注するか?くらいなんじゃないか?
[ 2016/11/29 17:43 ] [ 編集 ]
日本ではポーラが初めて開発販売
この化粧品はしわ消し化粧品です。日本では今まで販売されていませんでした。薬用品としてはありました。
本日のコマーシャルでポーラが日本で初めてしわ消し化粧品を販売ということです。資生堂は自前で開発せよ!
[ 2016/12/03 15:52 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp