韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  苦境に立つ韓国の中小部品メーカー、来年は連鎖倒産の恐れ

苦境に立つ韓国の中小部品メーカー、来年は連鎖倒産の恐れ

今月24日午後、鉄工所が集中するソウル市永登浦区文来洞の路地では、100メートルほど歩いただけでシャッターを下ろした業者が10カ所以上あった。大きな文字で「賃貸」という表示が張られた場所も目立った。文来洞は部品、金型、熱処理メーカーが2400社集まった地域で、一時は設計図さえ渡せば、あらゆる部品を作ることができるとまで言われたが、今は閑散としている。溶接業者を経営するPさん(51)は「10年前まではボルトやナットの加工で月に数百万ウォンを稼ぐことができたが、最近は倒産するところが増えている」と話した。

韓国製造業を下支えしてきた末端中小企業30万社が今、崩壊しつつある。一般に従業員数が10人に満たない零細企業で、機械部品、金属加工、縫製、印刷など韓国製造業の下請け構造の末端に位置する。韓国の製造業全体の被雇用者数(約392万人)の4分の1を零細企業が占めるとされる。数年来の景気低迷はそうした零細企業を襲っている。現地で出会った経営者は「周辺には30年以上事業を営んできたプライドから廃業こそ思いとどまっているが、注文が全くない企業があちこちにある」と語った。

■めっき・金型…、末端中小企業の崩壊
首都圏の代表的な工業地区である半月、始華、南洞の各工業団地では最近1年間に3万人が職場を去った。3-4年続く不況に耐えられず、零細中小企業が従業員を削減したためだ。 京畿道安山市の半月工業団地では、交差点に「土地5000坪と建物一括売却」といった横断幕があちこちに見られた。同団地には従業員数10人未満、年商10億ウォン未満の零細めっき業者が約200社ある。ここで亜鉛めっき業者を15年間営むKさん(60)は「自動車部品メーカーからの受注が減少し、先月に従業員7人のうち3人を解雇した。財産を全て処分して運転資金に充て、借金しか残っていない」と話した。別のめっき業者の経営者Pさん(61)は「毎月400万ウォンの賃貸料も稼げず、工場を閉鎖するかどうか悩んでいる」と漏らした。


スポンサードリンク


■来年は連鎖倒産も
 中小企業経営者は「資金力がない零細企業は既に限界に達している」と指摘した。中小企業中央会が中小企業300社を対象に調査した結果、28.7%が「現在の経済状況は通貨危機、金融危機に準じる危機的状況だ」と答えた。実際に仁川市の南洞工業団地に進出した従業員50人未満の中小企業の稼働率は正常水準(80%)に満たない62%にとどまっている。 問題は来年にかけ状況がさらに悪化するとみられる点だ。中小企業研究院のキム・セジョン院長は「来年は国政の混乱継続と米国の保護主義台頭、米中貿易摩擦など不安要因が山積している。大企業、中小企業問わず製造業の基盤が没落する最悪のシナリオが懸念される」と分析した。
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/11/29/2016112900562.html

【管理人コメント】
朝鮮日報が中小企業や零細企業の連鎖倒産を報じ始めた。
金型・熱処理・成型企業は、日本から韓国に合弁会社を数多く設置した。何かと韓国は安い法人税・電気料金などなどで、物流を考慮しても日本に近いことから、中小企業は円高時から韓国を利用してきた。大半が合弁会社である。従って技術は日本となる。韓国で部品を安く製造し、日本へ輸出する。日本の中小企業は他の付加価値製造に徹して、不況を乗り越えてきたわけである。しかし、日本とて実は中小企業は厳しいわけで、韓国利用よりは、問題をすぐ対応できる日本のほうが本来良いわけで、日本に切り替えつつある。となると韓国企業は仕事が減少し、合弁会社を処理されれば、そこの関連零細企業も仕事を失うわけで、実は日本の中小企業の動きでは打撃は拡大する。

まして自国経済低迷であるから、日本の中小企業も企業縮小や事業経営の見直しなどで、中国経済低迷を受けて、韓国に工場をわざわざ設置しなくても、問題はない。現在効率化を図りつつある。一方で撤退し、一方では進出しという交互作用はあるが、日本も法人税緩和や電気料金の民間移動などなどで、韓国などへ企業進出するのを日本政府が防いでいるわけで、韓国の中小企業は今後大きな打撃を受けることになる。まして自国ではゾンビ企業が40%と騒いでいるわけで、韓国民を支える中小企業が倒産すれば、こんな記事では済まないだろう。中小企業倒産危機を報じない韓国メディアだが、実は珍しい。報じるほどに韓国の実態が明確になるわけで、本音は報じたくは無いだろう。

しかし韓国民が騒ぎ出せば、すぐ解るわけで、
内心は穏やかではない…。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年11月29日 11:25 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(2)
栄枯盛衰の企業劇
○○工業団地というのは、新興企業のクラスター化で
メリットを出した工場群で、それいけドンドンの時代には
とにかく増産優先で、環境汚染、不法派遣、外国人労働者、
なんでもあり。仕事があれば、企業数は雨後のタケノコの
様に増える。

経済成長期に利益を享受してきた企業群が不況期に仕事が
減るのは自然の原理だから、韓国の中小はここはいったん
引いて次のチャンスで出直しでしょう。強いところが
束になって生き残ればいい。
[ 2016/11/29 17:29 ] [ 編集 ]
なんと日本のフリーテルが!
なんと日本の携帯のフリーテル(プラスワンマーケティング)がチリでシェアー一位となった。っていうことは安くて壊れなければ新興国では京セラレベルならどこでも一位とれそうだ。まあ、マーケッティングなんだろうな。。。
[ 2016/11/29 17:36 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
最新コメント
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp