韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  日本政治 >  配偶者控除めぐる政府の暗闘…財務省の廃止路線から大転換

配偶者控除めぐる政府の暗闘…財務省の廃止路線から大転換

所得税の配偶者控除をめぐっては、「廃止」の方向から「収入の上限引き上げ」へと議論が移った。この間の財務省と安倍晋三政権の思惑、そして廃止見送りを批判する民進党の立場について考えてみよう。 配偶者控除の見直しについて、自民党税制調査会は、控除の存続を前提として、控除を受けられる配偶者の収入の上限の調整を行う方向で議論を進めた。

配偶者控除とは、専業主婦やパートなど収入が一定額以下の配偶者がいる家庭で所得税や住民税が軽減される制度だ。妻の年収が103万円以下であれば、所得税は38万円、住民税は33万円を世帯主の課税所得から引かれる。このため、控除の対象外になることを心配して、「103万円の壁」といわれるように、女性が働く時間を自ら制限してしまう。

実際には、妻の年収が103万円を超えたとたんに、配偶者控除が適用されなくなるわけでない。103万円から141万円以下の場合には、配偶者特別控除が適用され、段階的に控除を受けられる(ただし、夫の所得が1000万円以上ある場合には適用にならない)。

ただ、こうした制度の下で、家計全体として夫婦で税金を払った後の可処分所得は、妻の年収が130万円から150万円くらいの範囲だと、家計全体での年収は増えるのに手取りの可処分所得が少なくなってしまう恐れがある。


スポンサードリンク


政府では、妻の年収要件を150万円とし、これまで適用上限がなかった夫の年収について、1120万円を超えると控除が徐々に減らす方向で調整しているようだ。9月初めの本コラムでは、「自民党の税調や財務省は、配偶者控除を見直し、『夫婦控除』とする案などを検討する方針」と報じられていたことについて、女性の社会進出を助けるという名目での財務省の増税指向を問題視し、「夫婦控除」については「課税中立を目指す欧米での家族課税から個人課税への方向と逆行する」とも批判した。そのコラムでの筆者の結論は、「配偶者控除を存続したうえで控除上限を引き上げる」というものだった。

世論の多くも、女性の社会進出を大義名分とした配偶者控除の廃止、つまり増税はおかしいと直感的に感じたのだろう。安倍政権は、配偶者控除の廃止から存続へと大きく舵を切った。 だが、配偶者控除廃止を主張していた識者やマスコミは少なくない。はっきりいえば、そうした人たちの多くは、財務省の応援団であったが、赤っ恥をかいてしまったのはお気の毒だ。 財務省の悲願である配偶者控除廃止の方針を安倍政権が取りやめる、つまり配偶者控除存続の動きは少し前から予兆があった。それと前後して、民進党は安倍政権の動きを批判することで結果的に財務省の味方をしてきた。財務省と近い野田佳彦幹事長の意向が強いのだろうか。こんなことが続くなら、民進党は財務省の別動隊といわれても仕方がない。 
(元内閣参事官・嘉悦大教授、高橋洋一)
http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20161129/dms1611290830005-n1.htm

【管理人 補足記事&コメント】
会社員や公務員などに扶養されている配偶者が国民年金の第3号被保険者になるには年収130万円未満だが、前提として1日または1週間の労働時間と1ヶ月の労働日数が一般社員の4分の3未満で働いていることが目安となる(健康保険の被扶養者と同じ)。会社員や公務員などの夫に扶養される20歳以上60歳未満の妻は、国民年金の第3号被保険者になり自身では保険料を納付しない。第3号被保険者期間は納付済となり65歳から受給できる老齢基礎年金額に反映される。第3号被保険者と厚生年金に加入し130万円の収入で働く妻で較べると、社会保険や税制の将来は不透明なのは皆さんがご存知のとおりで、仮に妻が夫からの控除額を増やす働き方をしても夫が失業又は夫の収入が減少したら節税対策の効果が無い。

所得税の配偶者控除の「103万円の壁」の他にも、パートなどの主婦を悩ましているのが「130万円の壁」で、夫が会社員や公務員の場合、妻の年収が130万円までであれば、年金や健康保険の被扶養者になり保険料負担が必要無い。ところが、年収130万円を超えると、年金や健康保険の保険料を自分自身で支払うことになる。この保険料負担は大きいので年収130万円というのも大きな壁になっている。この130万円の壁が一部の人にとっては、「106万円の壁」に引き下げられることになる。2016年10月から、パートなどの短時間労働者の厚生年金適用の基準が拡大される。短時間労働者へのセーフティネットの拡大が目的なのですが、保険料の負担も大きなものになる。

一般的に年収160万円を超えるとその負担分を超えて手取りが増えていきわけですから、一気に年収160万円を目指し、あとは、状況に応じて収入アップを考えていく。という事になる。しかし配偶者控除は当面廃止にならないのならないならば様子見でよいでしょう~。どのみち厚生年金の壁「106万円の壁」の調整がつかない限りは難しい。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年11月29日 13:39 ] カテゴリ:日本政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
最新コメント
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp