韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  朴大統領、辞意に狡猾な罠 国会の混乱狙う“落とし穴”で弾劾採決も先送り

朴大統領、辞意に狡猾な罠 国会の混乱狙う“落とし穴”で弾劾採決も先送り

韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領(64)が、狡猾な罠(わな)を仕掛けた。親友の崔順実(チェ・スンシル)被告による国政介入疑惑をめぐる国民向け談話で11月29日、「国会の決定に委ねる」といい、条件付きで任期満了を待たずに辞任する意向を表明したが、これが国会を混乱させるトラップとの見方が浮上している。野党3党は30日、朴氏の弾劾訴追案をめぐる調整を本格化するが、当初目指していた12月2日から9日に採決を先送りする公算が大きくなった。韓国事情に精通するジャーナリストの室谷克実氏が迫った。

朴大統領が先月29日、「私の大統領職の任期短縮を含む進退問題を国会の決定に任せる」と述べるとともに、崔被告による国政介入疑惑について改めて謝罪した。「身を捨ててこそ浮かぶ瀬もあれ」の“クセ球”と見るべきだろう。

朴氏は11月8日、丁世均(チョン・セギュン)国会議長に「国会が推薦する首相候補に、ほとんどの権限を移譲する」と提案した。だが、丁氏は申し出を拒否した。名目上の理由は、野党第1党が「すべての権限でなくてはいけない」とハードルを高めたためだ。しかし実は、国会が首相候補を一致して推薦できる状態にないからだ。

韓国の国会は、どこまでも特異だ。「6割の賛成がない議案は本会議に上程しない」という決まりになっている。与党は過半数を割り込んだとはいえ、4割超の議席を確保している。与党が提案しても、野党が提案しても、にっちもさっちも行かないのだ。


スポンサードリンク


朴氏による29日の「国会の決定に任せる」発言も、同じ脈絡の中にある。だから、野党幹部は「恐ろしい落とし穴が掘られた」(朴智元=パク・チウォン=国民の党院内代表)と、今のところ弾劾推進を主張している。 しかし、全体状況は違っている。8日の議長への申し入れは、非難を浴びている朴氏自身が「ほぼ全権を委ねる次期首相候補」指名したことに野党が激しく反発したのを見ての弥縫(びほう)策という色彩が強かった。

が、今度は「大統領はそこまで下りてきた」と、多くの国民が受け止めるだろう。朴氏自身「私はもう、すべてのものを下ろした」と述べている。球は完全に国会の側に投げ込まれたのだ。 与党内の反朴槿恵派は「大統領が下野しないのなら弾劾」賛成だった。朴氏がここまで下りてきたとなると、話は別になる。弾劾は6割ではなく3分の2以上の賛成が必要だから、後任首相候補の推薦よりも難しい。
http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20161201/frn1612011130001-n1.htm

【管理人コメント】
朴槿恵というお嬢様は、この状態を大変な状態とは考えていないだろう。さらに自分が辞任すれば、後任が明確でない限り、国会は不安定となるだけである…と自己都合しているのではないか…。

現実は朴槿恵が辞任しても、確かに自国経済は変わらない。それは自国民もある程度は予測しているだろう。だが問題はそうではない。朴槿恵という卑劣な人材が問題なわけで、世界に恥をさらしてまで、韓国にとどめをさされては困るだろう。そうでなくても相手にされない韓国である。まずは朴槿恵を大統領の椅子から引きずり降ろし、首相を任命し、大統領代行を務めさせ、時間を稼いで大統領選に持ち込むという筋書きしかない。自国民はそういう筋書きを描いているだろう。

一方問題は野党側で、大統領候補がいない状態で、準備が無さすぎる。という理由があるわけで、それを利用するわけであるから厄介である。だが、現行国会は低迷する経済を置きざりにはできないだろう。この状態で通貨危機が発生すれば、対応すべき政府トップ不在では困りごとだが…。中小企業は今後、倒産の加速に入るだろう。いくら日本企業が下支えしても、あまりに多い企業数である。340万社+アルファの零細企業や個人事業主がいるわけで、そもそも企業平均で考えれば、一社あたり日本の半分程度の社員となり、さらに社員教育がない韓国では、企業体力も企業能力も想像を絶するレベルであるわけで、傘下として親会社から指導されない限りは無理な企業ばかりである。

もっとも現行政府でも、次期政府でも、大した能力はないのだが…。
ただ一方で軍事協力という面で考えても、朴槿恵を放置するわけには行かないだろう…。
金正恩は笑っているのではないか…。。。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年12月01日 14:15 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
最新コメント
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp