韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  国家的危機、朴大統領の4月退陣明言で乗り越えられる

国家的危機、朴大統領の4月退陣明言で乗り越えられる

韓国与党セヌリ党は1日の議員総会で、党として朴槿恵(パク・クンヘ)大統領に来年4月末の退陣を促すことを正式に決めた。先日与野党の元国会議長を含む政界の重鎮らが朴大統領に4月までの退陣を求めたが、今回セヌリ党はこれに歩調を合わせた形だ。退陣後に予定される大統領選挙の日程や混乱の収拾を考慮すると、4月という時期にはそれなりの根拠があり、セヌリ党内でも合理的なものとして受け入れられつつあるのだ。またそうなれば憲法によって60日以内と定められている大統領選挙は6月末に行われることになる。

セヌリ党が主張するこの「4月退陣・6月大統領選挙」の方針は、党内主流派の親朴と非主流派の非親朴に関係なく満場一致で決まった。これまで朴大統領の弾劾に賛成の方針を示してきた非親朴は「9日に予定されている弾劾訴追案採決の前に、大統領がこの方針を明確に受け入れれば、弾劾に加わるべき理由はない」との考えをすでに表明している。非親朴が弾劾に反対すれば、野党だけで弾劾訴追案の成立に必要な議席数(国会議員の3分の2)を満たすことはできない。つまり弾劾は政治的にも、あるいは現実的問題としても無意味なものになるのだ。

これに対して野党は弾劾を進める方針を変えていない。共に民主党と正義党は2日、国民の党は5日と弾劾訴追案採決の時期については一致していないものの、野党3党は一致して弾劾手続きを引き続き進める考えをすでに表明している。しかし朴大統領が9日までに「4月退陣」を明言すれば、野党が弾劾訴追案を提出しても可決される見込みはない。ただし野党はたとえ成立はしなくとも、あるいは単なるパフォーマンスになったとしても採決は行うべきと考えている。そうなればセヌリ党に混乱の責任を押し付けることができ、また政治的にも得るものが多いと考えているからだ。


スポンサードリンク


セヌリ党は大統領退陣の時期について野党との話し合いを求めているが、野党3党はこれに応じない構えを崩していない。ただしもし野党が交渉に応じれば、大統領退陣の時期は4月ではなくある程度見直される可能性も出てくるだろう。しかし共に民主党と正義党は最初から交渉そのものに応じる考えはないようだ。国民の党は「弾劾と対話は並行して進められる」としてはいるものの、何についての対話かは明言していない。
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/12/02/2016120200956.html

【管理人 補足記事&コメント】
朴大統領が自ら辞任することを表明し、与党が大統領の退陣を党の方針として定め、退陣の時期を話し合う協議を野党に呼び掛けているにもかかわらず、野党がこれを拒否しているのが今の状況だと朝鮮日報は報じている。しかし朴槿恵はそれを狙っていたわけで、野党の混乱は見えていただろう。結果弾劾が無理なれば、来年4月とはいえ、国会の混乱状況によっては朴槿恵の大統領は維持されることになるが…。最大野党の共に民主党はデモ勢力の顔色ばかりをうかがい、実現の見込みなどない2日の弾劾訴追案採決の方針を変えようとしない。

朝鮮日報は、与党のセヌリ党が大統領退陣を党の方針として定めた以上、朴大統領の早期退陣は今や動かせなくなったとしている。今後の鍵は大統領がセヌリ党の求めに応じ、9日までに退陣の時期を明言するかどうかだが、朴槿恵は「進退問題は国会の決定に委ねる」と国民の前で語ったわけで、「4月退陣」に野党が合意していない点を口実に明言を避ける可能性もある。野党は攻撃の手を緩めず、都心などでの抗議行動を続けるだろう。しかし大統領が辞任の時期を明言した後も抗議行動が行われた場合、それはもはや一般市民の純粋な思いから出たものとは言えなくなる。朴槿恵の狙いはここにあるといっても過言ではない。

今回は朴槿恵のしてやったりといえる。自国民はこういう動きに対して、どう対応するのか…。
朴槿恵は退陣を国会にゆだねるとしたことで、混乱を見抜いてのことであるから、韓国民はよほど頭が悪くない限り、今までの抗議デモを生かすために、朴槿恵を即時辞職に追い込み、与野党がそれに追従すべく、自国民で動かすしか道はない…。
韓国経済低迷は待ってはくれない…。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年12月02日 11:22 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
最新コメント
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp