韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  朴大統領支持率 2週連続で4%=保守層結集の動きも

朴大統領支持率 2週連続で4%=保守層結集の動きも

世論調査会社の韓国ギャラップが25日に発表した朴槿恵(パク・クネ)大統領の支持率は2週連続で過去最低の4%を維持した。朴大統領の支持率は親友、崔順実(チェ・スンシル)被告の国政介入事件が本格的に浮上した先月第1週から3週連続で5%を記録した後、4%に落ち込んでいる。

ただ、不支持率は91%となり、前週比で2ポイント下落した。地域別の支持率はソウルで前週比1ポイント下落の3%、野党地盤の全羅道で0%だった。一方、支持基盤の大邱・慶尚北道では7ポイント上昇の10%となった。 年齢別では19~29歳が1%、30代が2%、40代が3%、50代が5%、60代以上が9%だった。

政党別の支持率は最大野党「共に民主党」が前週と同じ34%となり、首位を維持した。与党セヌリ党は3ポイント上昇の15%となり、2位に浮上した。第2野党「国民の党」は2ポイント下落し14%となった。 セヌリ党支持率は大邱・慶尚北道と60代以上でそれぞれ33%となり、保守層が結集しているとの見方が出ている。

調査は朴大統領が崔被告の国政介入事件をめぐり、3回目の談話を発表した先月29日から今月1日まで全国の成人男女1003人を対象に実施された。
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/12/02/2016120201187.html


スポンサードリンク


【管理人 補足記事&コメント】
朝鮮日報は、最大野党・共に民主党の表蒼園が先月30日、ソーシャル・ネットワーキング・サービスの自身のアカウントに朴槿恵大統領弾劾に対する与野党議員300人の賛否見解を公開した。このため公表された議員らに暴言や人身攻撃の電話・メール・書き込みなどが殺到したと報じた。 表議員側は1日、「議員らの発言とSNS活動、メディア報道などを根拠に分類して公開した」と言ったが、与党・セヌリ党の議員らは「午前3時まで抗議の電話やメールなどに悩まされた」と、表議員を相手取り民事・刑事上の責任を問う訴訟を起こすとした。

国会安全行政委員会の全体会議では同日、この問題で表議員とセヌリ党議員があわや衝突という状況もあったという。セヌリ党パク・ソンジュン議員は議事進行発言で「このせいで午前3時に電話が来て眠れなかった。やり過ぎではないか」と抗議し、セヌリ党チャン・ジェウォン議員と表議員は呼び捨てで言い、さらに、同日午後に行われた国会本会議では、鄭鎮碩院内代表をはじめとするセヌリ党議員約10人が表議員に近付き集団で抗議をしたとの事。

政府状態をみての朴槿恵の行動である。自身がこの日の退陣すると語らない事が余計に混乱を招いているわけで、朴槿恵というのは卑劣極まりないのだが、また自国民は結集し一致した気持ちでいるにもかかわらず、与野党が自己都合でだらしない。今の朴槿恵など、さっさと大統領の椅子から引きずり降ろし、検察に送るべきだろう。罪人が大統領であるから異常極まりないのが現状の韓国であり、それを容認しているのが、結果として自国政府という事になる。

開いた口が塞がらないが…。
で、60歳以上では、9%の支持率というのは…、
どういうことかを説明願いたいのだが…。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年12月02日 19:04 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
最新コメント
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp