韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  日銀の赤字で騒ぐ的外れ報道 子会社の決算気にするな 重要なのは日本経済の改善だ

日銀の赤字で騒ぐ的外れ報道 子会社の決算気にするな 重要なのは日本経済の改善だ

日銀の中間決算で当期剰余金が2002億円の赤字になったと発表された。保有する国債の利回りが低下し、利息収入の減少による財務悪化が懸念されるとの報道もあるが、果たして問題なのだろうか。 日経新聞では「日銀財務 緩和が圧迫」というタイトルで、まるで金融緩和が悪いことのように書かれていた。まず、中央銀行の決算の基本をおさらいしておこう。実際の決算は複雑になっているが、その基本的なところはかなりシンプルだ。

日銀のバランスシートの基本は、資産側に国債、負債側に日銀券と日銀当座預金だ。負債側はマネタリーベース(日銀が供給する通貨)となる。つまり、資産側には有利子債権、負債側は無利子債務である。 現状では、日銀当座預金250兆円のうち210兆円程度には0・1%の付利、20兆円は無利子、20兆円には0・1%のマイナス金利だが、日銀券との代替が基本であるので、すべて無利子が本来の姿だ。民間銀行の当座預金が無利子であることを考えればわかるだろう。

このように、資産が有利子債権、負債が無利子債務が中央銀行の基本構造である。無利子債務は、常識的な意味では「借金」ではない。そして、収益は総資産に金利をかけた利子収入になる。この意味で、金利が低下すれば、毎年の日銀の収益は少なくなっていく。これが将来にわたって続くわけだが、それらの現在価値の和は、高校レベルの等比級数の和の公式を適用すれば、日銀が購入した国債の額面金額になることがわかる。これが通貨発行益である。

もちろん、この通貨発行益は、日銀納付金として国庫に入るが、政府と日銀を合算した統合政府で見れば、統合政府のものだ。 日銀が法的に政府の子会社である以上、統合政府で考えるべきであるが、日銀官僚はそう考えずに、日銀だけで決算をみる。そうした情報がマスコミに流れて、マスコミ報道はトンチンカンなものになる。 民間企業なら、グループ決算が重要で、個別会社の決算はあまり意味がないだろう。しかし、日銀官僚は、日銀が保有する国債の評価損が出る、引当金が必要だといって騒ぐ。統合政府でみれば取るに足らないことなので、政府も日銀の好きなようにしろという態度のようだ。

仮に日銀保有国債の評価損が出た場合も、評価損は必ず国債の額面金額(通貨発行益)より小さい。つまり、一定の長期損失補填(ほてん)契約を日銀と政府で結んでも、国民負担はないということである。この政府と日銀の契約は、かつて日銀官僚があまりにつまらない財務問題を主張するので、米連邦準備制度理事会(FRB)議長も務めたベン・バーナンキ氏が言及したものだ。米財務長官を務めたローレンス・サマーズ氏も、財務問題をくだくだと説明する日銀官僚に対して「So what」(それで何が問題?)とあきれていた。はっきりいえば、政府の子会社である日銀の財務は気にする必要はない。むしろ親会社の日本を根っこで支える日本経済が良くなることが重要だ。
(元内閣参事官・嘉悦大教授、高橋洋一)
http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20161203/dms1612031000004-n1.htm

【管理人 補足記事&コメント】
日本銀行の利益の大部分は、銀行券(日本銀行にとっては無利子の負債)の発行と引き換えに保有する有利子の資産(国債、貸出金等)から発生する利息収入で、こうした利益は、通貨発行益と呼ばれます。銀はどうやって儲けているのかというと、造幣局にお札の製造を注文し、日銀券を印刷し、その日銀券で国債等を購入して運用益を稼ぐわけである。

1万円製造するのに、約22円の製造原価がかかるが、お金を調達するために必要なコストはそれだけえある。後は、その1万円を運用することによって毎年それなりの運用益を稼ぐことができる。例えば、10年物国債の利回りが1%だとすれば、日銀券の製造を発注したときに22円の原価がかかるが、それ以降は、毎年100円の利息収入が得られるということで、実に賢いビジネスである。

またプラス、株高の要因も働きます。というのは、日銀は株式でも運用をしている。安倍総理の思惑どおり、これから先インフレ率が2%を超すようなことになれば、日銀が保有する大量の国債の価格が低下し、実質的に大きな損失を被ることになるのだが…。国債価格の下落によって生じた国債の利回りの上昇は回り回って各種の長期金利を引き上げることになる。 アベノミクスのアキレス腱の一つである。長期金利の上昇は企業の設備投資の鈍化、個人の住宅購入の意欲の衰えとなって、景気を逆に悪化させる要因でもある…。



最新コメント
関連記事

ブログパーツ
[ 2016年12月03日 12:36 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(1)
銀行ではなく通貨供給機関
日銀・中央銀行という名称が、無知な人に誤解を与えている
通貨供給機関とでも名を変えた方がわかりやすい

中央銀行は利益を出すのが目的ではなく
適度なインフレ(2%程度)を目標として通貨供給を調整し、景気の緩やかな拡大を維持することが目的である。

その役割を放棄して、20年にも亘るデフレ不況に日本を陥らせたのが、日銀の速水・福井・白川らの極悪人や、
白川総裁をゴリ押しし、デフレ円高政策を推進した民進党(民主)である。

速水優、福井俊彦、白川方明の"反日3兄弟"のせいで、日本の製造業はズタズタに
http://blog.goo.ne.jp/2005tora/e/b464b58a176437397829f2df7370e65d
[ 2016/12/05 11:28 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL