韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国社会 >  昼食抜きは日常茶飯事…「一日13時間労働」に苦しむ宅配運転手

昼食抜きは日常茶飯事…「一日13時間労働」に苦しむ宅配運転手

CJ大韓通運で4年間宅配の運転手として働くキム・テワン氏(46)は、朝6時20分に家を出て、7時までにソウル龍山(ヨンサン)のバスターミナルに出勤する。朝礼を終えて出れば、大田(テジョン)・沃川(オクチョン)ハブターミナルから出発した幹線トラックが下ろした宅配ボックスをせっせと自身のトラックに積み込む。配送された荷物を分類することは、実際の配送以上につらい作業だという。

昼食時間を遥かに過ぎて、ようやく顧客配送が始まる。キム氏は「最近は幹線トラックの到着時刻が遅れて午後1~2時になる場合もあり、そんな時は顧客配送も遅くなり退勤時間も遅れる」として「昼食は空腹で我慢できなくなればコンビニのラーメンで済ませ、夕飯は遅く退勤してから暴食するのが普通になり、からだが壊れてゆくような感じがする」と話した。

「CJ大韓通運宅配運転手の権利を求める全国の集い」は4日午後、国会で開かれた「特殊雇用形態宅配労働者の現実と労働基本権要求」討論会で「CJ大韓通運宅配運転手雇用実態調査」結果を発表した。この資料によれば、宅配運転手307人のうち、昼食を「いつも食堂で食べる」と答えた人は6.4%しかいなかった。「昼食を食べられない時が多い」という応答が47.5%で最も多かった。

昼食抜きで仕事をするのは、配達物量を達成しなければならないためだ。地域ターミナルで受け取った物量を、当日配達できなければ代理店から低い評価を受けて、契約更新などに不利益を受ける。宅配運転手が顧客の苦情を減らすため夜遅くまで荷物を配達するのもこのためだ。宅配運転手の69.7%が一日13時間以上勤務していることが明らかになり、週平均労働時間は74.4%が70時間を超えていた。法定労働時間の2倍である80時間以上と答えた人も39.5%に達する。

こうした劣悪な労働条件が可能な理由は、宅配運転手が「労働者」ではなく「個人事業者」、すなわち特殊雇用職労働者と見なされ労働法が適用されないためだ。彼らは宅配会社の代理店と地域別配送業務に対する「委託契約」を結んでいる。彼らは宅配会社から手数料を受け取るだけで、車両の購買費・維持管理費をはじめ宅配荷物を分類するボックスや宅配運転手に支給されるユニフォームに至るまですべて個人が負担する。月平均430万ウォン(約42万円)あまりの手数料から費用を差し引けば回答者の先月の平均実受領額は329万ウォン(約32万円)となり、一日平均の労働時間が13.8時間であることを考慮すれば、最低賃金労働者より22万ウォン(2万1千円)多いだけだった。

キム氏は「家族との夕食がある暮らしはさておき、家では寝るだけで朝から夜遅くまで働くゾンビのように生きている」として「私たちは個人事業者なので会社の立場からすれば運転主がどんな暮らしをしているかには何の関心もなく、私たちは宅配荷物の分類レーン上で使い捨てにされる部品のようなものだという気がする」と話した。キム氏は最近生まれた2人目の子供の出産にも立ち会えなかった。個人の事情で休むためには“傭車”(個人運送事業者に配送を再委託すること)をしなければならず、一日数十万ウォンの費用を本人が負担しなければならないためだ。
http://japan.hani.co.kr/arti/politics/25856.html

【管理人 補足記事&コメント】
日本ではヤマト運輸では、朝は6時30分前後に出勤するが、〈PP(ポータブル・ポス)端末〉の立ち上げは8時以降と決められている。ヤマト運輸では、携帯電話を一回り大きくしたような宅急便の業務に使うPP端末の立ち上げから終了までをドライバーの勤務時間としている。会社が決めた時間に出勤すれば、とても時間指定通りにすべての荷物を配りきることはできないという。

また、勤務表では、昼食の時間を一時間とれることになっているが、一時間とれることはめったにない様だ。しかたなく、運転したままで食べることができる、煎餅やバナナ、チョコレートなどで昼食の代わりとする。夜は、午後九時の時間指定の荷物を配り終えて帰社するとすぐに打刻して、その後、代引きの現金を精算したり、伝票を整理したり、センターの後片付けをしたりする。その時間が一時間弱。一日合計で、三時間強のサービス残業をしていることになる。

ひところそんな悪情報が飛び交った。現実は地域により温度差があるようだ。仕事が遅ければ、それだけ時間がかかるわけで、食事時間がないなどの実態はあるにせよ、だいぶ改善はされてきている。ただ、熟練者が退職し、若手中心とはいえ、まだまだ改善するべき問題は多い。まして一人作業である。日本でも数年前からブラック企業という名前で言われるようになったが、昔は結構普通だったことが、次第に仕事環境悪化もあり、まだまだ改善すべき問題が多いのも事実。



最新コメント
関連記事

ブログパーツ
[ 2016年12月05日 10:07 ] カテゴリ:韓国社会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL