韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国社会 >  アシアナ機内で副機長同士が乱闘、乗客1時間待たされる

アシアナ機内で副機長同士が乱闘、乗客1時間待たされる

仁川国際空港から米国ニューヨークに向けて離陸する前のアシアナ航空機内で2日午前、副機長同士による乱闘が起き、出発が44分遅れるという事態が発生していたことが分かった。副機長2人は同期入社の40代前半で、仁川発ニューヨーク行きOZ222便で運航準備をしていた。この路線は飛行時間が約13時間と長いため、機長と副機長が1人ずつ組み、2組が交代で操縦かんを握っている。

副機長2人は普段から冗談を言い合う仲だったという。共に軍のヘリコプターの操縦士を経験しており、民間航空機の操縦士の資格を取って入社した。2人は5年間の勤務で何十回も一緒に乗務していた。

しかしこの日はささいなことで言い争いになり、殴り合いのけんかになった。発端は、A副機長が乗務員の休憩スペースでB副機長に運航準備状況を尋ね、何気なく頭をポンとたたいたことだった。B副機長がかっとなると、二人は大声でののしり合い、殴り合いに発展した。近くにいた機長2人が副機長たちを引き離したが、激高した二人の興奮は収まらなかった。乱闘は20分ほど続き、空港の警察隊が出動してようやくけんかを中断させた。

事態を受け、アシアナ航空運航安全チームの担当者は副機長2人と面談して精神状態を確認。乱闘の原因を作ったA副機長は「大きな問題はない」と話したが、B副機長は「(今日の運航担当から)外れたい」との意向を示した。アシアナ航空はB副機長の代わりに予備の操縦士を乗務させた。

この乱闘騒ぎで、OZ222便は予定の午前11時より44分遅れて出発。乗客275人は何が起きているのか知らされないまま1時間近く搭乗ゲート前で待たされた。アシアナ航空は、A副機長がニューヨークから戻る6日ごろに事件の経緯を聴取し、人事委員会で懲戒内容を決定する方針だ。アシアナ航空の関係者は「乗務員の品位維持規定違反、乗客に迷惑をかけた部分について責任を問い、減給や停職などの処分を下すことになるだろう」と話した。
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/12/04/2016120401413.html?ent_rank_news

【管理人 補足記事&コメント】
何というのか…。身勝手というか、韓国人は何をさせてもダメなのだろう。
まして人命を預かる職務である。論外としか言いようがない…。

そんな馬鹿な国の朴槿恵の支持率は10.5%で、前週に比べ0.8ポイント上がったというから驚きだ。不支持率は1.3ポイント下落の85.1%。 地域別の支持率は首都圏の京畿・仁川で2.3ポイント上昇の9.8%、朴大統領の地元の大邱・慶尚北道で1.7ポイント上昇し17.5%、与党地盤の釜山・蔚山・慶尚南道でも1.1ポイント上がり13.1%となった。年齢別では保守層の多い60代以上などの支持率が上昇したという。

一方で、「崔順実事件」による政局不安が景気心理を冷え込ませ、消費、投資など実体経済に影を落としつつある。来年の韓国の経済成長率は1-2%台に落ち込み、史上初めて「3年連続2%台」の景気低迷となる可能性が高まったとした。

朝鮮日報は、朴槿恵の弾劾問題と関連して、自らと異なった意見を持つ側に嫌がらせを行うケースが最近目立っているという。弾劾問題を今後どう取り扱うか、あるいは何が韓国社会にとって最善かどうかはさまざまな意見があって当然のことだと伝えた。例えば即時退陣、スケジュールを定めた退陣、弾劾などが議論されているが、国民の全てが完全に意見が一致することの方がむしろおかしい。ただ自分たちと違う意見を持つ側を暴力的な態度で脅迫するようなことはあってはならない。ところが朴大統領の弾劾を求めるデモ隊は3日、与党セヌリ党本部に押し掛けて党旗を破り、生卵を投げ付けたと報じた。

これも不思議な記事で、犯罪者が大統領である。ろうそくで民心は一つに結集しても、一方で朴槿恵の支持率が上昇し、一方で勤務中に喧嘩である。一つ間違えば大惨事でも、お構いなしである。自分と違う意見を力で踏みにじるというのだが、朴槿恵については、逆に支持している連中の理由を報じるべきだろう。なぜ犯罪者が大統領であるにもかかわらず、支持するのかを是非聞きたいものだが…。

メディアも異常だが、自国民も異常であるし、政府はなお異常では、信用できることがない国と化した韓国の今の姿こそ、本来の姿なのだろう…。



最新コメント
関連記事

ブログパーツ
[ 2016年12月05日 11:56 ] カテゴリ:韓国社会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL