韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本経済 >  世界的に広がる孤立主義-韓日中はどう行動するべきか

世界的に広がる孤立主義-韓日中はどう行動するべきか

韓国・日本・中国3カ国の元・現官僚と政治家、各界著名人が協力について議論する韓日中賢人会議が4日、静岡で歓迎夕食会を開き、2日間の日程に入った。今年で11回目を迎える賢人会議は「世界的な孤立主義拡散-韓日中はどう行動するべきか」をテーマに米国の新政権発足とこれによる地域情勢の再編などを眺め、3カ国の対応および協力について深く議論する。

3カ国を代表する報道機関の中央日報と日本経済新聞、新華社が共同主催する今回の会議には、韓国の李洪九(イ・ホング)元首相、日本の福田康夫元首相、中国の曽培炎元副首相をはじめとする3カ国の代表団が出席した。

今年の会議を主催した日本経済新聞社の岡田直敏社長は歓迎のあいさつで、「日中韓関係は改善されているが、まだ動力が弱い状態だ。世界的に孤立主義が強まる中で3カ国がどんな協力ができるのかについて今回の会議で建設的かつ深みのある議論が行われることを期待する」と述べた。

韓日中協力を推進する政府間機構「韓日中3カ国協力事務局」の楊厚蘭事務局長はアジア経済共同体の創設に向けた協力を強調した。楊局長は「中日韓の自由貿易協定(FTA)範囲についてある程度のコンセンサスを形成した」とし「欧州連合(EU)や北米自由貿易協定(NAFTA)加盟国に比べて中日韓3カ国の相互経済依存度や相互投資比率は高くなく、まだ成長潜在力が大きい。各分野の相互信頼を深めて協力を補強しよう」と提案した。

洪錫ヒョン(ホン・ソクヒョン)中央日報・JTBC会長は祝辞で「米国で我々が一度も経験したことがない(トランプ)政権の発足を控えている。東アジアに地政学的な地殻変動が生じることも考えられる」とし「しかし韓日中はお互いに対する偏見の溝を埋められずにいる。昨年もこのような心配をしたが、その後、一つもよくなっていないようだ」と懸念を表した。続いて「韓日中3カ国の知性人は雪の中で花を咲かせ、寒さの中でも花を開き、知られなくても香り、孤高な葉を失わない梅と蘭・菊・竹を四君子として愛してきた。我々の韓日中はこの四君子の価値を再確認するべき状況にある」と強調した。

この日の夕食会では特別行事として山田尚俊大和花道会会長と陶芸家の前田直紀氏による生け花即興公演があった。山田会長と前田氏は韓日中の未来への希望を象徴する3つの器と生け花を即席で完成させ、拍手を受けた。
http://japanese.joins.com/article/177/223177.html?servcode=A00§code=A00

【管理人 補足記事&コメント】
2015年12月にも韓国ソウルのウェスティン朝鮮ホテルで、30日、日本経済新聞・新華社通信・中央日報が発足させた民間会議「日中韓賢人会議」が開かれた。日本からは福田康夫元首相などが参加。「文化・教育」「環境・エネルギー」「経済・金融」の文化会議が開催され分野ごとに話し合いの場がもたれた。

会議はFTAに注目が集まるものと予想されていたが、話題を奪ったのは「共用漢字808字シャンデリア」だった。シャンデリアは、同会議が選んだ3ヶ国に共通する「共通漢字」808字が用いられており、書道家808人が1文字ずつ書いたものを設置美術家の韓国人チェ・ジョンファ氏が完成させたもの。遠山敦子元文部科学相は「10年続いてきた賢人会議の代表的な成果物が立派な設置美術に生まれ変わった」と述べた。

北東アジア3カ国の各界の著名人と知識人で構成された「韓日中賢人会議」が昨年で10回目を迎えた。2006年に中央日報・新華社通信・日本経済新聞の3カ国を代表するメディアの共同発議で始まった賢人会議は、共生と共同繁栄のための知恵を集め、これを政府に建議することで実現させてきた。韓日中首脳会談の定例化、3カ国経済閣僚定期会談の開催、チェンマイ・イニシアチブ約定額拡大に続き、共用漢字808字の制定などが、賢人会議が提案して実現した代表的な結実だ。

しかし域内貿易比率は欧州連合(EU)や北米自由貿易協定地域に比べてはるかに低い。韓日中間の政治的緊張が経済協力の足かせとなっているからだ。特にこの数年間は、韓日中首脳会議が3年ぶりに開催されるほど韓日関係、日中関係がよくなかった。だが、良くないのにはメディアの問題もあるだろうし、反日政策の韓国に中国という壁は大きいだろう。このような会議では手を取り合ってというが、現実はそうではない。メディアやら過去の政治家連中が出たところで、その思いもまた、様々な事で孤立化を加速させているのでは、上辺の話で終わるだろう。



最新コメント
関連記事

ブログパーツ
[ 2016年12月05日 13:15 ] カテゴリ:日本経済 | TB(0) | CM(1)
爺さんの集まりだが
日中韓「世界安定へ関係強化」 賢人会議で福田元首相 (日本経済)
http://www.nikkei.com/article/DGXLASGM05H27_V01C16A2MM0000/

日中韓で一番おっとり語ったのは福田元首相ですね。
中国代表は貿易縮小の危機感一杯だし、韓国代表は北の核脅威を語った。

政界OBだから責任をもってコミットする話はできないが、
あまり時勢にうといと、ただのもうろく爺さんに見られるし、
かといって激しく問題提起すると政権攻撃になるし。

中国には反安倍(らしい)福田元首相に期待があるのでしょう。
福田さんの親中、反安倍は、なかなかに、二重スパイ風な臭い。
この人は、今は自分の出番はないと計算している。
[ 2016/12/05 15:57 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL