韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本経済 >  過去の栄光にしがみつく中国人、未来を見据える日本人

過去の栄光にしがみつく中国人、未来を見据える日本人

適度な自尊心は誰にでも必要なものだが、日本人と中国人では自尊心や自信の拠り所が異なっているようだ。中国メディアの伝送門はこのほど、日本人と中国人が自尊心を抱く拠り所の違いについて分析する記事を掲載した。

記事によれば、中国人の自信の拠り所は「伝統文化」にあるという。中国の伝統文化には「栄光」があり、それが中華民族としての自分の栄光につながるということのようだ。しかし、こうした中国人の自信の拠り所には問題点があると主張。その一例が、清朝末期の洋務運動であり、伝統の学問や思想に固執したため西洋の学問や技術を取り入れるのに「完全に失敗」したと論じた。

一方、日本人にとって「伝統文化や先祖」は自信の拠り所ではなく、自分の一代で国を良くできるかどうかを重視すると分析。国を良くするためなら、先人のものを捨てることも厭わず、あくまでもより優れたものを学べるかどうかにこだわり、学んで習得できればそれが自信や尊厳につながるのが日本人だと論じた。

さらに記事は、「これこそ日本が明治維新で西洋から多くを学び、発展したゆえんだ」と主張。また、現在の日本も「元気いっぱいな若者のように、世界中の良いものを何でも吸収している」と称賛した。それに対して中国は、「80歳のお年寄り」のように元気がなく、一日中「先祖が活躍した夢」のなかで生きていると切り捨てた。

最後に記事は、「1つの民族にとって最大の自信とは、先祖がどうこうではなく、自らの能力や努力、奮闘と関係がある」と主張。中国人の自信と尊厳は過去を基礎にしているのに対し、日本人の自信と尊厳は現在と将来を基礎にしているのだと、その違いを強調した。

記事が指摘したとおり、過去の栄光にしがみついても成長は見込めない。日本のように謙虚に外国の良いものを学んで取り入れる姿勢を見せれば、中国はさらなる発展が見込めるかもしれないが、中華思想を捨てるのはそう簡単ではないだろう。
http://news.searchina.net/id/1624472?page=1

【管理人コメント】
過去の栄光にしがみつく中国人、未来を見据える日本人というが、日本企業の社長は世代交代がかなり進んたとはいえ、世代交代後に低迷し倒産する企業が多数あったわけで、過去の栄光にしがみつき、またそういう時代が来ると信じた連中は大半が倒産している。私はカメラ会社に在籍したが、フィルムカメラへのこだわりが強く、デジタルカメラへの移行が遅れて、結局企業分散した。その前には一眼レフカメラにおいて、ばかちょんカメラが流行った時代があった。この時も新製品が遅れ、ぎりぎりで新製品発売にこぎつけたが、これがなかったら、もっと早く終わったろうと同業者幹部に言われたのを思い出した。

過去の良い時を心に刻むのは良いが、またそういう時代が来ると信じて、先端技術の開発投資を怠るのは問題である。過去の栄光にしがみつく中国人というのも…。伝統を守りつつ、未来を注視しなければ経営は維持できないわけで、その判断が遅ければ企業は倒産する。社長は大した仕事をしていない。殆どが秘書に縛られた宣伝マンである。がしかし新事業を決める権限は社長とはいえ、実は専務を含めた役員幹部の派閥は、政府の派閥以上に厳しいものがある。

企業も上に登れば上るほどに、何とも厄介な戦いの繰り広げられているわけで、私はむしろ経営層の教育のほうが重要だろうと考える…。経営幹部の教育がしっかりとしてこそである。派閥争いが新事業への判断や投資を遅らせて、企業低迷となるケースはあまりに多すぎる。であるから責任と権限をなるべく下に落とせる、プロジェクト組織が有効と言いつ続けてきたわけで、だいぶ企業組織も変わりつつあるのは事実、その反面一向に代わり映えしない企業も多数あるのもまた事実。

未来志向の組織は品質保証体系にあり、経営幹部やら役職を大胆に減らし、プロジェクト組織に責任と権限を委譲するだけでなく、そこに人事考課が反映されることで、遣り甲斐につながる企業組織となる。なかなか経営陣の派閥は、自分の首が大切で、踏み切れない部分が多分にあるが、是非未来志向を実現してほしいものである。、



最新コメント
関連記事

ブログパーツ
[ 2016年12月05日 13:43 ] カテゴリ:日本経済 | TB(0) | CM(2)
『温故知新』の心を伝えてくれたのは中国ではなかったか。日本人は古きものも大事にします。そして未来思考です。
漢字ひとつとっても、江戸末期から明治にかけて欧米文化を翻訳するにあたり日本人は多くの熟語をつくってきた。
ひらがな や カタカナとの使い分け、ミックスで表現の幅も格段に広かったし便利だ。事に外来語を表すカタカナの役割は大きい。
中国では『レディ・ガガ』も『トランプ』も 漢字表記。日本では紙面を見れば一目瞭然…非常に分かりやすい。
最近では若干 漢字の 簡単表記はあるみたいだが、これまで変わらずにいたことが不思議だ。
なのに 京都や奈良等の仏閣など、中国が無くしてしまったものが日本にあったりする。
日本人が革新的で創造・想像力に富んでいるのか、中国人(今の漢民族中心の)が 変わらなすぎるのか…??
[ 2016/12/05 15:56 ] [ 編集 ]
考え方
 大昔に笠信太郎の”物の見方について”と言う本を読んだその中にヨーロッパ各国の国民性の考え方の小話が紹介されていた、以下
「イギリス人は歩きながら考える。フランス人は考えた後で走りだす。そしてスペイン人は走ってしまった後で考える、ドイツ人は考えた後で歩き出し,歩き出したら考えない」とある。
 では中国人は”考え無い、儲かりそうな人の後をついて歩く”が正解かも?
日本人については、ボンクラの私の頭では分かりません!
 それから、この本から学んだのは物事には必ず表裏があり、富士山も静岡から見る富士山も、山梨からも見る富士山も同じ富士山だと理解しなさいと教えられました。
[ 2016/12/05 20:14 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL