韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓国労働研究院「自営業者、経営悪化の原因は大企業の小売業進出のため」

韓国労働研究院「自営業者、経営悪化の原因は大企業の小売業進出のため」

自営業者の経営状況が、大企業の小売業進出と電子商取引業者の増加のせいで日増しに悪化しているという分析結果が出た。

5日、「月刊労働レビュー」12月号に発表された韓国労働研究院オ・サンボン研究委員の報告書「自営業者の経営状況」によれば、2007年以来7年間、自営業者全体の営業利益率(売上高に営業利益が占める割合)が大幅に下がっていることが分かった。卸売・小売業の場合、2007年の営業利益率が24.5%だったが、2014年には15.3%に大幅下落した。宿泊・飲食業の場合も同じ期間に33.3%から24.2%に減少した。こうした減少傾向は、出版・映像・通信、不動産・賃貸、保健・福祉、教育などすべての自営業種で同様に現れた。

このような営業利益減少の原因としては、これまでは人件費と賃借料の増加が指摘されていたが、分析の結果、人件費の影響は微小で、店舗賃借料の増減もほとんどなかった。人件費以外にロイヤリティーなど販売管理費と売上原価率の増加が営業利益の減少を持たらしたと分析された。

オ研究委員は「売上原価率の増加は、売上高が停滞したことにより発生したが、これは2000年代以後には大企業が関連業種に参入するなど競争激化が経営悪化に大きな影響を及ぼしたため」と分析した。実際、大型マートや大型アウトレットなど、売場面積3千平方メートル以上の「その他大型総合小売業」の数は2007年に375カ所だったが2014年には537カ所に増加した。自営業者のまた別の競争相手として、この間急速に浮上している電子商取引業者が挙げられた。

オ研究委員は「大企業のサービス業進出と電子商取引の拡大は、同じ地域を基盤とする自営業者の売上減少と営業利益悪化に確実につながっている状況」とし「フランチャイズ事業の公正化に関する法律を厳格に遵守する一方、カード手数料率の引き下げなど改善策を考慮する必要がある」と話した。
http://japan.hani.co.kr/arti/economy/25865.html

【管理人コメント】
日本の大手企業は、部品企業の範囲まで参入はしない。
というか参入できないと言ったほうが良いだろう。部品製造のための設備投資は無駄である。設備が整った部品企業から購入したほうが価格が安い。そのために莫大な教育時間を要すること自体、製品開発の遅れにつながるわけで、大手企業と中小企業の切り分けは実に明確である。大手企業が中小企業へ設備投資する事も多々あるわけで、そういう関係となると大手企業の関連企業として名を連ねる事になる。

ただ半導体などは、設備投資も莫大であることから、単に部品企業で製造するというのには難しい産業となる。韓国の大手企業業績が低迷すれば、中小企業の仕事を食うわけで、当然中小企業の仕事はなくなり倒産する。中小企業の寿命が短い理由はそこにある。今韓国経済低迷であるから、中小企業の仕事を大手企業が食っている状態である。それを経験している中小企業は、日本企業の傘下に入るなどして、仕事を受注するか、あるいは合弁会社として、日本企業の仕事をメインに実施している企業は多い。

もともと日本統治時時代からの、良い悪いは別として、繋がりが継承されているのは困りごとである。また日本に近いこともあり、法人税や電気料金が安い国で、歴史を知らない企業が、韓国へ進出し、中国からの受注や、日本では高付加価値の業務で、それ以外は韓国でという形が、かなり多くあるのも事実。最近の中小企業は、人材不足などで低迷となっている企業は、韓国から撤退している。日本企業の撤退は、韓国中小企業にとっては大きな打撃となり、挙句に大手企業が自国中小企業の仕事まで実施するのでは、倒産するしか道はない。その連鎖がすでに加速しつつあるという事だ。



最新コメント
関連記事

ブログパーツ
[ 2016年12月06日 11:23 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(1)
労働力の移動
自営業(小規模小売業、サービス業)の衰退。
社会問題ではなくて、産業構造の変化だから、
労働力の移動が円滑に起こればいいのです。

日本も同じで、田舎の旧街道筋の小売店は全滅で、
バイパス沿いに大型店とチェーン店が並ぶという風景。
旧世代の自営業者の子弟は自分で仕事を見つける。
[ 2016/12/06 11:59 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL