韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国社会 >  中高年層の自営業者、収入20万円も稼げないが「脱出口がない」

中高年層の自営業者、収入20万円も稼げないが「脱出口がない」

「借金をして自営業を始めたが倒産し、また借金をして自営業をしているんです。就職先があればすぐにでも止めたいが、20~30代が余っているのに誰が私たちを使いますか」。忠清南道でフランチャイズのピザ屋を経営して6年目になるKさん(52)は、30歳の時に下着屋を皮切りに、のり巻き屋、パン屋などほとんどの店を経験した自営業者だ。Kさんは「ピザ屋を始める前にあちこちの会社に願書も出してみたが、どこからも連絡が来なかった」とし、「自営業者の大半が、子どもたちは大きくなり生活はしなければならないので仕方なく商売をしている」と話した。

最近、ピザ屋を廃業したNさん(55)も事情は似ている。2008年のグローバル金融危機以後、会社を辞めて退職金と家の保証金をはたいてピザ屋を開いたが、休みなく働いても1カ月の実収は150万~200万ウォン(約15万~20万円)にしかならなかった。Nさんは最近店を閉め、アルバイトで生計を維持している。Nさんは「いま会社に通っている友達も2~3年以内に退社の予定」と言い、「就業生命が終わったのに、再び会社に入ることができるものか」と話した。

中高年世代の自営業者は、他の年齢層に比べて売上高や所得でより劣悪な状況にありながら、事業を放棄する割合は低いという分析結果が出た。年齢が高いほど賃金労働者に転職することも困難になるからだ。

韓国技術教育大学のクム・ジェホ教授(経済学)が1999~2014年の韓国労働研究院韓国労動パネル資料を分析し最近発表した論文「中高年層の自営業経営成果」によると、中高年層(55~69歳)の自営業者の厳しい現実が如実に表れている。同論文は年代を15~39歳、40~54歳、55~69歳の3区間に分けて分析した。

同分析によると、全体の自営業者の昨年基準の年間実質売上高は1億2295万ウォン(約1200万円)なのに対して、中高年層の自営業者の年間実質売上高は昨年1億1944万ウォン(約1170万円)で平均より低かった。特に、経済危機に見舞われた2008年の場合、中高年層は前年に比べて売上が4568万ウォン(約450万円、39%)下落したが、40~54歳は813万ウォン(約800万円、6.1%)の減少に止まり、中高年層の自営業者が経済危機にはるかに脆弱だという姿を示した。

自営業者がやっていた事業をやめて新たに自営業を開始する「事業転換」をする場合、月平均実質所得は全年齢帯の平均を見ると、変更前は206万6千ウォン(約20万2千円)だが、変更後は237万1千ウォン(約23万2千円)で、平均30万5千ウォン増える。15~39歳は53万8千ウォン(約5万3千円)、40~54歳は45万2千ウォン(約4万4千円)増えた。しかし、中高年層の場合には179万9千ウォン(約17万6千円)から177万4千ウォン(約17万4千円)と、2万5千ウォン減少していることが分かった。中高年層は事業転換をしても成功する確率が低いということになる。
(略)
http://japan.hani.co.kr/arti/politics/25886.html

【管理人コメント】
韓国の自営業者は、昨年基準で就業者全体の25.9%にあたる678万人であり、韓国は経済開発協力機構(OECD)加盟国のうち自営業者が最も多い国の一つであるとしているわけで、人口の13.5%は自営業という事になる。生産人口でいえば20%近い数値である。本来この自営業者の負債などは家計負債にカウントされていない。生産人口の60%は非正規雇用である。韓国はどういう計算方法なのかさえ明確ではないが、生産人口の半分の60%に自営業者が含まれなければ、何とも恐ろしい事態となるが…。

恐らくは、アルバイト等になっていたり、様々だろう。自営業者の平均月収が20万円ならば、年収240万円であるから平均値ではあるが…。年収1000万円の売り上げと言っても、例えば一例としてAmazonの下請けとなると利益は数%であるから、実質利益は異常に低い値となる。高齢化社会を迎えて、自営やアルバイトはさらに加速するだろう。また自営業の成功率であるが、成功するのは実は一握りでしかない。一例で我々のサイトニュースコメンテーターなどの実例からすれば、成功率は1%いも満たないだろう。結局本業を持ちながらの副業となる人が大半で、月数万も稼げてはいないのが実情だ。

高齢者になれば、PC作業は難しい。体が丈夫であれば、アルバイトのほうが収入を得るのは確実である。
ただ生活補てんレベルでしかないのが実情であるから、年金がないのでは今後の不安は大きいだろう~。



最新コメント
関連記事

ブログパーツ
[ 2016年12月08日 09:53 ] カテゴリ:韓国社会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL