韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  大統領府という「監獄」?・・・

大統領府という「監獄」?・・・

9日、朴槿恵(パク・クネ)大統領弾劾訴追案表決で明らかになった国会議員の票は民心をそのまま反映したものでもあるが、今後訪れる韓国社会の激変を予告する数値でもある。政権与党議員の半分が、これ以上朴大統領の「統治」に同意しないということを明らかにしただけに、いかなる形であれ朴大統領の任期(2018年2月24日)前の「早期退任」が可視化する見通しだ。

この日の表決に参加した299人(セヌリ党のチェ・ギョンファン議員1人不参加)のうち、賛成票を投じた議員は234人だ。与野党いずれも「圧倒的と見ることはできないが、当初の予想よりも多くの賛成票が出た」ということに同意している。親朴系が一丸となって終盤の逆転を試みたが、結局彼らの見解に従って反対票を投じたのは56票に過ぎなかった。一時90人を超えると推定された親朴系は、朴大統領の1~3回目の談話が出るにつれ次第に縮小し、民心に逆らう親朴系の中心人物らの居直りが継続し、結局40人近い離脱を招いた。

■予想よりも多かった…政界は安堵
投票前日の8日まで、与野党は概ね今回の弾劾訴追案が220票前後で可決されるだろうという見ていた。野党と無所属を合わせた172人からは離脱者がいないものと見て、セヌリ党非朴系が主導する非常時局委員会の趣旨に賛成する人が35人程度だったからだ。この両方を合わせると、確実な賛成票は207人で、残りの未だ決めかねている議員のうち10人程度は民心を意識して賛成の隊列に合流するだろうという期待を加えたものだった。

議員らを相手にした選挙経験が多い国民の党の朴智元(パク・チウォン)院内代表ですら「私が予想したより多かった」と打ち明けた点も、このような状況を示している。非朴系非常時局委員会の代弁人格のセヌリ党ファン・ヨンチョル議員も「われわれ非常時局委員会で予想していたより、親朴系議員らが国民の意思を峻厳に受けとめたとみる」と評価した。

非朴系が投票前日まで「弾劾訴追案の内容に『セウォル号の7時間』が含まれる場合離脱票があるだろう」と主張した内容も、結局杞憂だったことが判明した。ある親朴系議員は「圧倒的可決が必要だった非朴系としては最善を尽くすという次元だが、『7時間』が含まれたため反対したという議員はほとんどいないだろう」と伝えた。

政界では200票をかろうじて超えるか、220票前後で弾劾案が可決された場合、国会に集中するであろう非難を懸念する声があった。憲法裁判所の弾劾審判の過程にも否定的な影響を与える恐れがあり、親朴系の固い勢力が確認されれば、政界の刷新事態も難しくなる可能性があるという懸念も出た。このような理由から、今回の表決の結果に接した政界は親朴系を除けば概ね大きく安堵しているようすだ。
http://japan.hani.co.kr/arti/politics/25914.html

【管理人 補足記事&コメント】
ハンギョレ新聞は、朴大統領は憲法裁判所で、弾劾審判手続きが行われる最長180日間、事実上大統領府内に「幽閉」される。大統領の身分は維持されるが、国軍統帥権と公務員の任免権、条約締結批准権など、大統領としての全ての権限はファン・ギョアン首相に移譲されると報じた。朴大統領は憲法裁の審判が出るまで大統領府内官邸で生活することができ、警護・儀典などの礼遇もそのまま維持される。給与もそのままであるが、業務推進費は除外されるという。

しかし朴大統領は、官邸から200メートル離れた大統領府本館執務室にも出ることはできない。「統治行為」と見られる全ての活動は事実上停止される。結局、朴大統領は主に官邸にとどまり非公式の日程だけを消化するものとみられる。盧武鉉元大統領も、2004年に憲法裁の弾劾案棄却決定が出るまでの2カ月間、読書などで「消日」し露出を最小限にしたというが、警護・儀典などの礼遇もそのまま維持され、さらに給与もそのままというのでは問題だろう。

犯罪者が大統領の地位でいられ、給料も維持されるという不思議な状態を自国民は次のターゲットとするだろう。高い税金が使われるわけである。まして、朴大統領の権限行使が停止される期間は、憲法裁が弾劾を認容または棄却する決定を下す時までである。憲法裁で弾劾が認められれば、朴大統領は弾劾で退いた憲政史上最初の大統領になり、大統領退任と共に不訴追特権も消え、被告人として法廷に立つ可能性が高いが、憲法裁が弾劾案を却下または棄却するなら、朴大統領は即時職務に復帰することになる…。



最新コメント
関連記事

ブログパーツ
[ 2016年12月10日 09:44 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(2)
個人攻撃に過ぎませんね
大統領あるいはその周辺への個人攻撃に過ぎませんね。
立法・行政・司法の改革については、何も触れられていません。
と言うことは、今後も何も変わらないということです。
新しい大統領になっても、似たような事態になるだけですね。

大〇国、大統領等と名称だけは虚勢を張っていますが、惨めな国・惨めな民族です。
[ 2016/12/10 10:16 ] [ 編集 ]
???
「犯罪者」が大統領の地位でいられ、給料も維持されるという不思議な状態・・・
推定無罪の原則って知ってます?
それとも法治国家では無い国で産まれ育った方ですか?(笑)
貴方のコメントも、日本で産まれ育った私には不思議なコメントに思えるのですが?
韓国の司法の在り方や、あまりにも低レベルの民度にも問題が有り(韓国人特有の病気と言われてる体質)、一部には北や中国の煽りで起こった現象(ロウソクデモ)と言われてますが?
朴大統領で有り続けるリスクと、大統領不在による国家リスクを比べての議員達の判断なのか、思考を停止し民意に迎合しただけの判断なのか?
私は、その時々の風に身を委ねる自得心しか無い議員なら必要無いと思えるし、少なくとも韓国という国の信頼度は相当低下してしまったと考えますが・・・
サムスンの爆発スマホや、現代の大規模リコール&我儘スト、韓進破綻等の経済の信頼度も低下では外貨は逃げ出すし、スワップ要請を日本は拒否出来るなら良いが(米国が韓国を見捨てるというシナリオ)、従来通りの日米韓安保なら10兆円規模のスワップ締結に応じる事に成りそうな気配。
少なくとも、ここ数ヵ月の朴大統領は日米に見捨てられない様に行動していたと思いますが?
[ 2016/12/10 16:31 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL