韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  弾劾後初の集会、全国で100万結集…ろうそくは最後まで燃え上がる

弾劾後初の集会、全国で100万結集…ろうそくは最後まで燃え上がる

ろうそくは最後まで燃え上がる。朴槿恵(パク・クネ)大統領弾劾案が可決された翌日に開かれた7回目のろうそく集会にソウルで80万、全国で104万人が結集した。

10日、「朴槿恵政権退陣非常国民行動」は午後8時30分基準でソウルに80万人が集まったと推算した。主催側は、釜山(プサン)・光州(クァンジュ)などで行われた全国の集会を合わせると104万人と推算した。憲政史上最大規模のデモになった先週のソウル170万人(全国232万人と推定)に比べれば少ないとはいえ、前日国会で弾劾案が可決された点と、マイナス4度~5度の寒気、7週間も続いたろうそく集会による疲労を考えれば相当な規模だ。

一方、警察は午後7時30分基準でソウル都心に12万人が集まり、午後8時基準で釜山1万2000人、大邱2700人など各地で4万6000人余りが集会に参加したと明らかにした。 この日参加者らはろうそく集会の力で弾劾が可決されたことを喜びながらも、朴槿恵即刻退陣と共犯者に対する処罰なしにはろうそくを消さない意志を明らかにした。「今すぐ退陣せよ」「一瞬たりとも容認できない」「キム・ギチュン、ウ・ビョンウも拘束せよ」などのスローガンが湧き起こった。

特に本集会後に行われた2次行進では、憲法裁判所交差点で市民3万人が「弾劾を認容せよ」「国民の命令だ」といったスローガンを叫びながら、ボールを渡された憲法裁の迅速な弾劾審判の決定を要求した。市民たちは大統領府から200メートル離れた清雲・孝子洞(チョンウン・ヒョジャドン)住民センターで自由発言を聞き、爆竹を鳴らすなど、平和な雰囲気で夜遅くまで集会を続けた。


これに先立ち、午後4時から行進が始まると、市民たちは大統領府から100メートル離れた孝子治安センターに押し寄せた。セウォル号の遺族たちが列の最前列でセウォル号の7時間の真相究明を要求するプラカードを持った。一部の遺族たちは涙を流していた。午後6時、光化門広場で始まった本集会では、歌手のクォン・ジンウォンとギタリストハのム・チュンホ、歌手のイ・ウンミ氏が熱い舞台を披露して寒さを追い払った。クォン・ジンウォン氏は「生きていれば」「アリラン」などを歌いながら、「昨日国会で希望の表決がありました。韓国国民の力は偉大です。しかし、依然として心は重いです。行く道は遠いです。セウォル号の7時間、政経癒着など、解決すべき問題、隠された真実が非常に多いです。皆さんが掲げたろうそくが今日よりもっと良い明日を照らしてくれると思います」と話した。

歌手のイ・ウンミ氏は舞台に上がり、「大韓民国よ、新たに生まれ変われ!」と叫んだ。イ氏は「目覚めよ」などを歌いながら、「長い時間、大韓民国には清算という歴史が書かれたことがありません。昨日はまともな清算の歴史が書かれた初めての日だと思います。絶対に忘れてはいけません。常に目覚めていますか」と激励し、「これまでご苦労さま、よく頑張ったと、隣の方の手もしっかり握って下さい。肩もしっかり抱いてください。もっと素敵な大韓民国を作りましょう」と慰労した。
(略)
http://japan.hani.co.kr/arti/politics/25917.html

【管理人コメント】
自国民の終結で一致した気持ちで終結するのが、ある意味協力という行動につながるのだが、ニュースや報道内容を見ていると、お祭りと化している部分も多分にある。今の韓国経済とは裏腹な行動だ。現実切羽詰まった様子はない。というかその状態が普通であるのに慣れてしまっているともいえるのだが…。

韓国で仕事をした当時1995年ころは、観光客も目立って多くは感じなかった。ロッテホテルの前に若者が集まっていたのを思い出したが、近くのマクドナルドで、飲み物を購入していた様子は、日本の若者とさほど変わりはない。住んでいる家のレベルやら、貯蓄は別にすれば、ごく普通である。ソウルから離れた中小企業にある場所は、まだまだ土地があまり、中小企業の特に加工企業は低い稼働率だが、キヤノンなどの日本企業との合弁会社は活気にあふれていた。

現段階で貧困層地帯に住む超貧困層や、中流家庭といわれる階層との開きが大きいのだろう。中国ほどではないが、副業社会ではないわけで、物価は日本と同じレベルとはいえ、商品は低価格帯が多かった。コストダウンした商品に切り替えているためだ。

朴槿恵の弾劾とはいえ、自国経済社会の状態は、今でも異常値だが、その状態が普通となって維持された国では、何をもって異常というのかは、自分たちの仕事を失った比率が現状より大きく高まった時なのだろう。今までの通貨危機時と違って、今後の韓国経済は大手企業の技術限界点であるから、過去と違う事を認識しろと言っても難しい。借金を借金で返すのが当たり前の政府に企業そして自国民にとっては、慢性化している社会構造である。

朴槿恵弾劾よりは、次期政権と自国経済破綻のほうが気になるが…。
他国のコメンテーターが気にして、自国民はどこ吹く風では困りごとだが…。



関連記事

ブログパーツ
[ 2016年12月11日 10:11 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp