韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  自動車大国の韓国、輸出3位・生産5位の座も危ぶまれる

自動車大国の韓国、輸出3位・生産5位の座も危ぶまれる

今年の韓国の自動車輸出と生産が減少し自動車大国の地位が揺らいでいる。

韓国メディアのソウル新聞が13日に報じたところによると、韓国は2005年に自動車輸出国3位に上がってから昨年まで11年間にわたり3位の座を守ってきた。しかし今年の生産台数減少と世界的な景気後退にともなう販売鈍化などでメキシコに3位の座を明け渡すものとみられると同紙は伝えた。

今年に入り10月までのメキシコの完成車輸出は230万6293台で韓国の206万5648台を24万台ほど上回っている。

また、韓国は2005年に生産台数で5位に上ったが、生産台数でもまたインドに押されるものとみられる。韓国の自動車生産台数は今年に入り9月までで303万1083台となり昨年6位だったインドの337万2086台より34万台ほど少なかった。

今年の韓国の自動車生産台数は420万台水準と予想されるが、インドの生産台数は過去最大となる440万台を超えるものとみられると同紙は伝えた。
http://japanese.joins.com/article/493/223493.html?servcode=300§code=320

【管理人 補足記事&コメント】
2015年8月14日、韓国・東亜日報は、自動車大国と言われる韓国の国内事情を伝えている。
昨年、韓国で生産された車は452万台で、10年連続で世界5位を維持した。しかし、国内市場全体で輸入車のシェアは20%を占めたわけで、韓国GMとルノーサムスン自動車は直近の実績に汲々としており、新車開発ではなく海外本社の人気モデルを輸入して販売する下請け業者に転落した。韓国輸入自動車協会によると、今年上半期に合計80台の輸入車新モデルが紹介されたが、すでに2014年の年間130台の半分を超えてた状態だ。この期間の販売実績(11万9832台)も、昨年(9万4263台)より27.1%増加した。

国産車メーカーの輸入車への依存は悩みの種だ。企業側は販売不振を克服するための戦略的選択であると主張するが、一時的な処方に過ぎない。韓国での販売を開始した準大型車インパラは韓国GMが米国本社のあるミシガン州デトロイトの工場から輸入している。事実上の輸入車だ。現代起亜自動車のグレンジャー(大型セダン)やK7(大型セダン)などと競合するインパラ(大型セダン)は、一気に韓国GMを代表するモデルとして急浮上した。

ルノーサムスン自動車もスペインから直輸入したQM3(小型RV)が昨年から人気で、昨年上半期だけで1万155台が売れ、ルノーサムスンの国内実績に多大な恩恵をもたらした。このような成功に、中型セダン・タリスマンとミニバン・エスパスも輸入するという話が出た状況だ。これらの企業は、輸入車戦略を実施して、一定レベルの販売量が確認されれば、国内生産を行うとする計画を立てたが、実現の可能性は未知数だ。輸入販売を拡大すると、そのメーカーの技術開発(R&D)機能は低下するとし、韓国が世界の自動車企業の生産基地に転落する恐れがある。

二番手技術とはいえ、基本的な品質の部分で劣るわけで、自国企業で生産する基本製造において、決められた通りしっかりと製造し、品質管理を徹底していれば、現状でもほどほどは売れているわけで、戦略と品質管理・保障面で充実すれば、生き残る産業とも言える。基礎は日本技術で製造ラインも日本の製造ラインを真似しているわけで、部品が世界共通化に動いている上位の自動車産業には、現代自も含まれるだろう。従って基本技術から部品においては、日本企業の部品が多いとはいえ、品質面では燃費合戦で激戦している反面、現状では革新的とは言い難い。

どの企業も今後の開発次第と言えるわけで、ある意味世界企業で協力している部分がある。
現代自はその世界企業技術という面で一歩遅れ始めたわけで、このままおいて行かれれば、IT産業とともに自動車産業まで低迷することになる。ここは踏ん張り所だろう。韓国経済の明暗を握ると言っても過言ではない。



最新コメント
関連記事

ブログパーツ
[ 2016年12月13日 13:39 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(2)
グーグル完全自動運転から撤退
グーグルは完全自動運転技術開発から撤退!今後はFiatやクライスラー向けに運転アシスト技術で協同していくことで合意。
結局は無理なんですよ。完全自動運転技術にはセンサー、3次元地図認識技術、人口知能、自動車技術。
すべて日本がリード!今だ!日本企業よ!グーグルから地図情報開発小会社を買収せよ! 1兆円、2兆円でもよい!買え!今だ!
買えば、日本企業が完全自動運転で世界を牛耳れる!!!買え!今だ!
[ 2016/12/13 15:45 ] [ 編集 ]
新興国試乗・低価格小型車
台数でメキシコ、インドに負けることより、
現代自動車の業績悪化のほうが問題でしょう。

値引き販売で台数をかせいで、増収減益だから、
体質改善しないと、このままではもたない。
全方位の商品企画の失敗です。
・SUV 商品化おくれ
・高級車 競争力ない
・ハイブリッド 台数作れない
・低価格小型車 競争激化

中央日報が書かないから、代わりに結論と提案を言うなら、
新興国試乗・低価格小型車に絞るのがいいのではないか。
[ 2016/12/13 21:09 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL