韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  シャープ、サムスンへのパネル供給中断

シャープ、サムスンへのパネル供給中断

台湾の鴻海科技集団(フォックスコン)が今年買収した日本のシャープは、サムスン電子へのテレビ用液晶パネルの供給を来年から全面的に中断すると通知したことが13日までに分かった。サムスン電子はパネル供給に支障が生じるとして、競合社のLGディスプレーに緊急にパネル供給を求めたとされる。

電子業界幹部によると、シャープは先週段階でサムスン電子のテレビ事業部に通知を行ったという。同幹部は「シャープによる突然の通知を受けたサムスンは、グループの司令塔である未来戦略室が液晶パネルの需給に関する対策会議を開き、LGディスプレーに役員を派遣し、パネル供給を要請した」と述べた。LGディスプレーはサムスン電子の要請に一部応じることを前向きに検討しているという。

シャープはサムスン電子のテレビ事業部門に需要量の約10%に相当する400万-500万枚の液晶パネルを供給してきた。シャープは年間1000万枚の液晶パネルを生産しているが、その半分を放棄した格好だ。これについて、業界関係者は「鴻海がシャープを活用し、本格的にテレビ生産市場に参入するのではないか。サムスンとしては中国資本と日本の技術力が結合した強大なライバルが出現した格好だ」と語った。

昨年4月にサムスン電子との競合に勝ち、シャープを買収した鴻海は、アップルのiPhoneを受託生産する富士康国際(FIH)の親会社だ。鴻海の郭台銘(テリー・ゴウ)会長は以前にも「シャープと協力してサムスンに勝つ」と公言するほどサムスンへのライバル心が強い。鴻海はシャープ買収以降、液晶テレビを世界で初めて商品化したシャープの再建を通じ、液晶パネルの部品からテレビまでを一貫生産する体制を構築する姿勢を示してきた。

サムスンがLGディスプレーにパネル供給を要請するのは異例だ。サムスンとLGのテレビ事業は長年ライバル関係にあり、液晶パネルを互いに融通しないことは不文律と受け止められてきた。
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/12/14/2016121400575.html

【管理人 補足記事&コメント】
当時、鴻海科技集団・郭台銘会長兼CEOは、「3888億円の金額は、今日、正式に契約をしたものであり、今後、減額することはない」と語りながら、「保証金の1000億円は、シャープの再建に対して、我々が、いかにコミットしているのかを示すものである」と強調してみせた。 契約条項のなかには、出資期限となる2016年10月5日までに出資が実行されずに、破談となった際にも、鴻海はシャープのディスプレー事業を購入する権利を与ることが盛り込まれている。これは鴻海側の状況が変化し、破談になった場合でも実行されるという条項である。

当時の出資によって得た資金は、研究開発や設備投資などに振り分けられた。有機ELの事業化に向けた技術開発投資や量産設備投資などで2000億円、中小型液晶を中心とした高精細化や歩留まり改善投資、ディスプレーの次世代開発投資、増産および合理化投資に合計で約600億円を投資。さらに、IoT分野の業務拡大など、コンシューマ製品分野でのビジネスモデル変革などに400億円を投資することを発表した。

この数字は、約1000億円の出資金額減少を盛り込んだものだが、当初の見込みと比べると、有機ELへの投資以外は、すべて減額しているわけで、見方を変えれば、ディスプレー事業への投資は減らさない姿勢が明確だという事だ。従って鴻海がディスプレー事業を重視しているという事でもある。今後はサムスン低迷のタイミングを見たわけで、鴻海がディスプレー事業で勝負をかけるのではと考えるが…。

LGとサムスンはライバル関係で目の上のたんこぶがサムスンであるから、部品提供しても価格面で高値契約となるのではないか…。いずれにしてもディスプレー産業は、技術変化の重要なタイミングに入っているわけで、鴻海は日本で新たな技術開発に投資し、新しい技術に目を向けて行く必要があると考えるのが普通だろう。次世代技術で勝つのは、いち早く動いた企業であるという事だ。



最新コメント
関連記事

ブログパーツ
[ 2016年12月14日 11:43 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL