韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本経済 >  20年ではとても追いつけない・・・日系車と中国車の実力差

20年ではとても追いつけない・・・日系車と中国車の実力差

近年、家電やスマートフォンの分野を中心に世界に通用する企業も現れつつある中国だが、自動車産業では中国企業は競争力不足と言わざるを得ず、日本やドイツの企業との差は非常に大きいのが現状だ。

中国メディアの今日頭条は13日、「日本に対して民族的な遺恨を感じていようと、中国人にとって日系車の強大さは否定できない事実」であると指摘しつつ、中国車は果たして20年で日系車の競争力に追い付くことができるだろうかと疑問を投げかけた。

記事はまず、自動車にとっての心臓部にあたるエンジンについて「日本車のエンジン性能はまさに極致の水準」であると高く評価し、特にホンダのエンジンは世界的に非常に高く評価されていると指摘。ホンダのエンジンは恐るべき動力性能と低燃費を両立させていると伝える一方で、中国メーカーが生産するエンジンも近年は性能が向上しているとはいえ、日系車との差はまだまだ大きいのが現状だと論じた。

さらにエンジンより大きな差がある部品は「トランスミッション」であるとし、中国メーカーのトランスミッションにかかわる技術は「薄っぺらく、知的財産権を持つ技術は非常に少ない」と指摘。一方、日本企業のトランスミッションは世界の自動車メーカーに採用されていると紹介した。

また記事は、中国の自動車メーカーは自動車開発にあたって、他社の車を分解し、構造や仕組みを分析する手法「リバースエンジニアリング」ばかり行っていると指摘。中国車の品質は近年、上昇傾向にあるとしながらも、中国企業の技術力や開発力を見る限りでは、中国車が20年で日系車の競争力に追い付くことは相当困難との見方を示している。
http://news.searchina.net/id/1625262?page=1

【管理人 補足記事&コメント】
中国メディアの捜狐汽車は、エンジンは自動車の心臓部にあたる重要な存在であると指摘する一方、中国で販売が好調な中国自主ブランド車には「日本のエンジンが搭載されている」と伝えている。自動車にとってエンジンは「動力性能だけでなく、エコ性能や燃費性能に大きくかかわり、心臓部にあたる存在」と指摘したうえで、世界の大手自動車メーカーはそれぞれが自社独自のエンジン技術を持っていると伝えている。

中国では、日本の三菱からエンジン供給を受けて、エンジンを売ることで中国で利益をあげているわけで、中国で売れ行きが好調な自主ブランド車として、長城汽車の哈弗H2やH6といったSUVを挙げ、この車種に三菱製のエンジンが搭載されている。さらに北京汽車のセダン「紳宝D50」や東風汽車のSUV「景逸X3」も同様に三菱製のエンジンが搭載されている。

現状の中国技術では自動車産業において、エンジンを製造するのは無理である。
今は日本企業が好調ではあるが、環境汚染問題は死活問題であるから、今後の自動車産業は、電動モーターに代わりつつある。その一方でハイブリット方式とはいえ様々な技術があり、まだまだ発展途上と言える。日本企業が世界の主導的立場で進めば、中国はまた日本の技術で、製造するしか道はないが…。



最新コメント
関連記事

ブログパーツ
[ 2016年12月15日 19:19 ] カテゴリ:日本経済 | TB(0) | CM(6)
発動機(エンジン)
 日本は、太平洋戦争時には零戦の発動機(三菱重工製)は純国産の発動機を使用していたし、太平洋戦争後にはDATSUN(日産)はサファリラリーで、ホンダはF1レース、三菱はパリダカで数々の戦歴を経て今がある。
 太平洋戦争の敗戦から70年が過ぎているが、日本の発動機(エンジン)の歴史は韓国、中国の遠く及ばない、螺旋一本も日本製には追いつかない技術では後30年は日本を追い越せまい!
 30年前までは自転車が北京を占領していたが、自転車は自国で作れても自動車は自国で開発、生産出来ない中国に自動車産業など無理でしょ!
 
[ 2016/12/15 20:05 ] [ 編集 ]
マツダのロータリー
ルマンでマツダのロータリーエンジンを積んだ787Bが優勝したときは鳥肌がたちましたね〜。あれは感動した。でもあれ以降でレギュレーション変わってロータリーが閉め出された。過去にはそういう日本たたきがよくあることでしたね。日本はその都度技術でレギュレーションを乗り越えてきたんだです!観ていない人はyoutubeでも観られます。君が代は感動したな〜。
数年前にプロトタイプのプレマシーが出たが、あれも良い。燃料電池使ってロータリーだからそこにEV加えたってできる究極のハイブリッドだった。。。
[ 2016/12/15 20:28 ] [ 編集 ]
スポーツ政治っつうんですか?
モータースポーツでも、日本企業が欧州や米国で少しばかり暴れると、もう即レギュレーションが変わっちゃうようですね。F1然り、WEC然り、WRC然り。

愚生はラリーが好きなんですが、Audiクワトロなんか、スバルの真似っ子だと思ってます。HV、乗用四駆、ロータリー、CVCC、可変バルブ、SUV、考えてみれば日本発って案外多く無いでしょうか?

中国の自動車技術? 100年早いんじゃないですか? 内燃機関で言えば、航空機では在るけれども、零戦や隼の 「栄」 発動機の時代辺りから、日本独自の設計思想も入ってるようですし(最も部品規格は米国メーカーに則ってたみたいですけど)。

WWⅡ当時は、高オクタン価燃料や、金属材料、基礎工業力、無い無い尽くしの中で、よくあれだけの航空機を開発したものだと思います、支那や朝鮮のような 「リバッチエンジニアリング」 とはワケが違う。支那鮮は、技術も資本も他力本願じゃないか?、自動車にしても同様かと。

堀越、糸川、長谷川のようなエンジニアも輩出してますしね。愚生は、物作りの適性がある民族と、無い民族って、在るような気が致します。

文楽人形とか、折り紙とか、寄せ木細工とか、宮大工とか、日本には他にも数多ありますが、何か関連性が在りそうにも思います。
[ 2016/12/15 22:07 ] [ 編集 ]
その通り
ロータリーエンジンはくさったフォードが親会社じゃなかったら今頃マツダ車ほとんどにつんでただろうね。まあ、今はフォードはひきあげたが。ロータリーエンジンの技術者が育っていない!
あと、ブリジストンは最近どうしたんだと思ったが、なんと天然ゴム以上のゴムを開発してしまった!
スバルの平行型エンジンもいいですね〜。
こういう話題はつきないね。ウスラーはんは本当に詳しい!勉強になるわー。
[ 2016/12/15 23:01 ] [ 編集 ]
支那鮮に在るのは
政府による産業優遇策(依怙贔屓策)と、スケールメリットくらいしか思い浮かばないのです。

また、ああゆう体制だし、ああゆう国民性ですから、スタートは等しく他国の模倣から始まっても、そこからの展開に差が出てくるような気もするワケでして。

支那人には、商才は有るように感じはしますが、物や制度に工夫が在るようには愚生には思えません。(看板方式なんかも凄い工夫だったと思います)。

支那鮮は権銭交換が当たり前だし、崔スンシルみたいなのが標準的な人心みたいに感じているワケで在りまして、ズルして儲ける事ばっか考える土壌では、先端技術は育たないし、伝統技術は継承されないんでは無いでしょうか?

それに、 「ど・シンプル」 に考えても、日本人て物作りが好きなんじゃないでしょうか?

物作りだけじゃ無いですよね、為替だって、先物相場だって、日本人は原理的には世界に先んじて行っておりますし、商スタイルからリサイクルから、原始的では在っても工夫してやって来ていませんか?

手前味噌が過ぎる気もしますが、敗戦による戦勝国による不当な制限を加えられ続けるなか、また、資源も持たないなか、知恵と工夫と協力と努力と云ったような、そうした美徳が在るんじゃないかと考えます。

常にハンディマッチを強いられるのは癪にさわりますけどね。
[ 2016/12/16 00:05 ] [ 編集 ]
>スポーツ政治っつうんですか?
http://autoc-one.jp/word/557974/
[歴史的に見ると、スバルは世界で初めて量産乗用車に4WD(パートタイム)を導入した
会社で、アウディは世界で初めて量産乗用車にフルタイム4WDを導入した会社です。]
こういう記述もあるので、ちょっとそれは違うかなと
クアトロはノーマルでも完全にスポーツタイプに振っているので
(Mとかアバンギャルド 対策!?)
まぁ より上がSだと思いますが まぁRSもありますが
[ 2016/12/16 09:58 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL