韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓国政府、「第4次産業革命対応方向」発表…「2030年基準で45兆円の経済効果」

韓国政府、「第4次産業革命対応方向」発表…「2030年基準で45兆円の経済効果」

未来創造科学部は15日、知能情報社会推進民官カンファレンスを開催し、「知能情報社会中長期総合対策推進方向」を発表した。

知能情報社会に向けた中長期総合対策の推進方向は、6部署が準備中の総合対策の基本骨格であり、知能情報社会到来にともなう技術・産業・社会の変化、およびこれに対応する中長期政策方向を示している。政府は知能情報技術を第4次産業革命の核心動力と見て、この日のカンファレンスの内容を総合して、12月末に総合対策を確定発表する計画だ。

政府は知能情報技術による国内総経済効果は、2030年基準で最大460兆ウォン(約45兆円)に達すると見通し、医療、製造の順に高い経済効果が発生すると予想した。

雇用の側面では、既存の働き口のうち総労働時間基準で49.7%が自動化による代替が可能とし、知能情報技術分野で約80万人規模の新規働き口が創出されると展望した。平均勤労時間と生産可能人口の減少、知能情報技術以外の分野での新規働き口発生など、多様な変数があるため雇用数変化を正確に予測するのには限界があるが、全般的に人間の業務は創意・感性中心に変わると分析した。

政府はこのような展望の中で、第4次産業革命に対応した知能情報社会に向けた中長期総合対策を用意することにし、これに備えて未来部は大きな枠組みの推進方向を技術・産業・社会の三分野に分けて樹立した。技術分野では、すべての産業に影響を及ぼし国家競争力を判断することになる知能情報技術のグローバル競争力を確保する計画だ。機械が膨大なデータを自ら学習し、アルゴリズム性能を強化できるよう多くのデータを生成・伝達して、蓄積・分析・判断できるデータ、技術、ネットワーク基盤を備えるという内容だ。

産業分野では、知能情報技術の適用を通じて全産業の知能情報化を促進することにした。医療、製造、金融などの既存産業がオーダーメード型製造・サービス産業に変貌し、高付加価値を創出し、公共分野でも知能化されたサービスを提供して市場開拓の呼び水の役割をすると見通した。 社会分野では、産業構造再編にともなう社会変化にあらかじめ対応し、国民の安定的生活を保障するための社会政策改善が必要だと見た。雇用構造の急激な変化に合わせて、教育・雇用・福祉制度を改編しサイバーリスク、人間疎外など新しい脅威に対応することにした。
http://japan.hani.co.kr/arti/economy/25965.html

【管理人コメント】
今の韓国経済・社会を見て、2030年基準で45兆円の経済効果という夢を語る韓国政府も珍しい。そろそろ国の改編時期となる韓国である。しかも毎年税収は減少し、高齢化の波が押し寄せている中で、無駄な予算投入は昨年でも4兆円の経済対策で不動産緩和の反動は家計負債を膨張させただけである。中小企業雇用が9割近い国で、失業率や平均年収を明確に報じたことがない国でもある。

財閥拡大で中東など他国が参入しにくいところにしか進出できない韓国企業ではあるが、企業拡大が自国内雇用につながるわけではない。財閥社会と自国社会は分離し、本来の自国経済・社会はすでに手の施しようが無い状態である。第4次産業革命など国があっての話であるから、夢を語るよりは自国認識をしっかりと持つことだろう。財政赤字の計上不足は国の負債不正につながり、今なお自国負債は増えつつあるだろうし、家計負債とはいえ、零細企業や個人事業主の負債はカウントしていない。ところが零細企業や個人事業主の数が多いのも韓国の特徴でもある。

零細企業や個人事業の大半が数年持たずに倒産しているわけで、340万社という企業数で考慮しても、日本でさえ420万社である。日本とて中小企業数は多いわけで、当然依存度も高くなる。企業が多くても競争力は低下するわけで、改革の最も必要な部分でもある。今後の韓国経済は中小企業が崩壊しつつ、家計負債は返済不可率が極度に上昇し、慌てて自国政府は責任転嫁の嵐となる。そういう時期にきているのではないか…。。。



最新コメント
関連記事

ブログパーツ
[ 2016年12月16日 11:41 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(1)
鶏インフルエンザ
2030年の話よりどうして現実を見ないのかね。今年渡り鳥の変死が日本各地で発生している。全国5か所の養鶏場でインフルエンザに感染した鶏が見つかり処分されている。今のところ封じ込めに成功しており、養鶏場から外に広がっている報告はない。日本の対策が徹底しているからだ。

一方韓国ではすでに1400万羽が処分されており一向に収束する気配がない。対策が後手に回り、徹底しておらず、養鶏場から拡散していると思われる。韓国では一昨年も鳥インフルエンザが大流行した他、MERSや豚の口蹄疫も問題になった。いつも対策が手ぬるく改善されてない。
それどころか、農民が鳥や卵の移動制限を無視して市場に出していると疑われる。スーパーで卵の値段が上がり品切れも報告されているのに、なぜか鶏肉は話題になってない。口蹄疫騒ぎの時も養豚農家が処分命令される前に、出荷したことがあった。今回も命令が守られているとは思えない。
さらに言えば、1400羽という数字は韓国の鶏の1割に相当する。これが処分されているのにも関わらず、韓国メディアはほとんど問題にしてない。あきれた状況です。

これが韓国だけの騒ぎなら別にどうでもよい。ただ、靖国神社テロや仏像破壊をするために来日した韓国人がいる。彼らは韓国反日の生み出した変質者です。この変質者は日本にも鳥インフルエンザを蔓延させようと考えかねない。何をしでかすかわからない変質者に警戒が必要です。韓国人の入国検査に消毒を義務付けてもよいかと思う。

ともかく2030年のことなど論外などだが、現実に起きている問題に対処できないのが韓国人です。お姫様の弾劾に現を抜かし、鳥や卵がなくなることにも気づかない。韓国のことを知れば知るほど、韓国との交流を少なくするほうが賢明と思えてくる。
[ 2016/12/17 09:20 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL