韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  「米金利引き上げの嵐」まで襲ってきた韓国経済

「米金利引き上げの嵐」まで襲ってきた韓国経済

米国が1年ぶりに再び金利引き上げに踏み切り、2008年のグローバル金融危機後続いてきた世界的超低金利時代が幕を閉じることになった。

米中央銀行である連邦準備制度(FRB)は14日(現地時間)、連邦公開市場委員会(FOMC)を開き、現在0.25〜0.50%である基準金利を、0.50〜0.75%に引き上げた。2008年の通貨危機後ゼロ金利を維持してきたが、昨年12月、7年ぶりに金利を0.25%ポイント引き上げ、1年ぶりに再び引き上げに踏み切ったのだ。FRBのジャネット・イエレン議長は、「金利引き上げの決定は、米経済への自信を示したものだ」と説明した。

特に、FRBは、市場の予想に反して来年だけで3回の金利引き上げにさらに踏み切り、金利正常化に拍車をかけることを示唆した。ドナルド・トランプ新政府の大規模な景気刺激策の影響を受け、金利引き上げのテンポがこれよりさらに早まりかねないという予測も出ている。これを受け、米ドルは14年ぶりの最大幅ともいえるドル高が進み、円は10か月ぶりに最大幅の円安を記録するなど、グローバル金融市場が乱高下した。

このような米国の行動、はこれまで軒並み資金を供給して景気刺激に乗り出してきた各国の中央銀行が、「資金締め付け」に転じる転換点になるものとみられる。米金利引き上げによる「スーパードル」時代を迎え、世界の資金の流れが韓国を始め、新興国から流れ出て、米国などの先進国に還流する大激変が続くものとみられる。

弾劾政局に包まれた韓国経済に、米金利引き上げやトランプ政府の発足など、外部の衝撃まで加わり、金融市場はもとより、実体経済までが直撃を受けかねないという懸念が出ている。度重なる国内外の悪材料に、韓国銀行は15日、基準金利を年1.25%と、6か月間続けて据え置いた。韓国銀行の李住烈(イ・ジュヨル)総裁は、「いつになく国内外の不確実性が高まっている。金融安定により一層力を入れていきたい」と話した。
http://japanese.donga.com/List/3/02/27/804064/1

【管理人 補足記事&コメント】
15日、米国連邦準備制度(FED)は政策金利を年0.50%から0.75%に0.25%上げた事で、韓国銀行は同日、基準金利の凍結を発表したが、米国の今回の金利引き上げが韓国の不動産市場に悪材料として作用するという懸念が高まった。

韓国の家計負債は今年9月末基準で1295兆7531億ウォンだ。負債の規模自体は大きいが金利が低くて償還負担が大きくない。しかし、今年6月基準で韓国内の12の都市銀行の家計貸し出し70.2%が変動金利である。それだけ韓国内の家計負債は金利上昇のリスクに脆弱な状況だ。増えた負債は消費中心の韓国の内需景気を萎縮させる。

アメリカFRBは、トランプ氏の政策の影響を考慮していたことを明らかにしたうえで、変更理由のほんの一部であり、あくまで利上げペースは緩やかだとしている。アメリカもシェール革命の原価割れを取り戻し、雇用率が高まれば、さらなる利上げにつながるだろう。韓国ではすでにドル不足なのではないか…。中国のスワップ拡大は人民元であるから、実質効果はない。前回の通貨危機はドル不足によるわけだが、今のところ外国投資家に企業は助けられ、金融はアメリカと日本、そして企業技術は大手企業のみならず今では中小企業の下支えが日本の中堅企業が実施している。日本とて自国内が厳しくなれば韓国から撤退を始めるだろう。

中国も韓国も日本企業の撤退は命取りとなるが…。。。



最新コメント
関連記事

ブログパーツ
[ 2016年12月16日 11:57 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL