韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  リーダー不在の韓国外交、本当に空白はないのか

リーダー不在の韓国外交、本当に空白はないのか

今、大韓民国の首脳外交は文字通り「植物状態」となっている。弾劾に追い込まれた大統領はもちろん、その権限代行を務める首相ではまともな首脳外交などできないし、やろうとしても難しい。しかも韓国を取り巻く外交情勢は今のこの状況を一層危険なものにしている。現在の情勢は例えて言えば、暗くて先が見えない森の中に突然怪物が現れたようなものだ。つい先日もこの怪物、つまり米国のトランプ次期大統領がこれまでの慣例を破って台湾の蔡英文・総統と電話会談を行った。ここからも分かるように、トランプ氏の動きは従来の首脳外交の枠にはまらない完全な異種だ。各国の首脳はこの異種の登場に対応しようとなりふり構わず動く、いわば「動物外交」を展開している。中国の習近平・国家主席は中国の主席として初めて来年1月にスイスのダボス・フォーラムに出席する予定で、ロシアのプーチン大統領は15日に日本の安倍首相と山口県で会談し、クリル四島問題を話し合う予定だ。

この動物外交の先頭に立つのは言うまでもなく安倍首相だ。その成果に対する評価にはさまざまな見方があるが、誰よりもフットワークが軽いことだけは間違いない。米国大統領選の結果が出てからわずか数日後の先月17日にはニューヨークに飛び、各国首脳の中では最初にトランプ氏と会った。また今月26-27日にはオバマ大統領と共にハワイの真珠湾を訪れる予定だという。つまり安倍首相はトランプ氏にとっては「最初に会った首脳」となり、オバマ大統領にとっては「最後に会う首脳」になりそうだ。ハーバード大学ベルファー科学・国際問題研究センター研究員で東北アジア情勢に詳しいジョン・パク氏は今月7日「トランプ外交の頂点には『リーダー対リーダー』の直接的な交流があるはずだ。そう考えると安倍首相が世界の首脳の中で先頭に立っているのは事実だ」との見解を示した。

隣国のトップがこのように積極的に動くと、韓国のトップが植物状態にある現状は自然と一層際立ってしまう。今月9日に朴槿恵(パク・クンヘ)大統領の弾劾議案が可決された直後、「首脳外交の空白」を懸念する声がメディアを中心に相次いだ。虎がうごめく森の中で、韓国は身動きも取れない草木のような立場になってしまったからだ。この首脳外交が機能しない状態は、少なくとも来年の前半までは続きそうだ。今月開催予定だった韓中日3カ国による首脳会議も来年に先送りされたが、韓国からこれに誰が出席するのかさえ現状では分からない。7-8カ国から「来年前半に韓国を訪問したい」との意向も伝えられているが、これにもどう回答すべきか分からない状況だ。

今月11日に韓国外交部(省に相当)のある幹部が取材記者らに対し「『首脳外交の空白が現実となった』という報道は事実と異なる」と言ってきた。この幹部によると、首脳外交の日程は通常1月末ごろに決まるため、現時点は「空白」とは言えないと言いたいのだろう。ところが韓国外交部が「空白などない」と明言する一方で、海の向こうの米国からは空白を心配する声が聞こえてきている。米ホワイトハウス国家安全保障会議(NSC)のエイブリル・ヘインズ副補佐官はこの日、趙太庸(チョ・テヨン)韓国大統領府国家安保室第1次長との電話会談で「米国は今後も北朝鮮の脅威から韓国を守り、同盟の全ての責務を果たすだろう」と述べた。ホワイトハウス国家安全保障会議の報道官が韓国に電話をかけ、安全保障の公約を守ると強調して安心させてくれたわけだ。
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/12/16/2016121601872.html

【管理人コメント】
本当に政治空白はないのかという題名だが、空白がないわけがなかろう~。
ただし韓国政府自体が借金外交であるから、負債を膨らまし、財閥企業とともに事業展開すると、のちの大赤字が見つかり負債発覚で財閥解体まで追いつめられることを考えれば、余計な外交はしないほうが無難ともいえる。

さらに日本を孤立させるために米国と中国に働きかける外交を実施したが、結局は国内的圧力が強まるほど、韓国の外交の立つ瀬が狭くなったわけで、反日政策が外交の目標になることはできず、朴槿恵はあれだけの反日外交を実施したにも関わらず、慰安婦問題や日韓軍事面で協力するように歩み寄ってきた。この時点で大統領の友人問題発覚となり、まだ解決するには時間がかかるだろう。

ただし、もともと外交力のない韓国であるから、韓国をどうするのかは日米あるいは中国が、狙っているわけで、中国は韓国企業技術や必要企業の買収を実施してほぼ終了に近づいている。アメリカ次期大統領は韓国には興味はなさそうだ。財閥企業トップは政府以上に権力も外交力もある。自分たちで積極的に海外で仕事受注に懸命だ。韓国経済新聞は20日、「米国や日本、中国は対立の中でも国益のためには互いに手を握っているが、韓国はそのはざまでしっかりした外交戦を展開できずにいる」とし、「米国と中国の間での均衡外交は実利も得られない上に原則まで揺らいでいる指摘している。

韓米日の三角同盟を支持して早めに米国側に立った日本は、米中の間で右往左往する韓国と明らかに比較されているというのが専門家たちの分析で、朴槿恵政権の外交を手厳しく批判している。経済は中国で、自国はアメリカとした朴槿恵が当初の言葉通りに徹底しないで、右往左往した結果でもある。大国に足はかけたが、両大国に足をつかまれ、身動きできない状態の中で、両手で日本にしがみついた格好が今の韓国と言えるだろう~。



最新コメント
関連記事

ブログパーツ
[ 2016年12月18日 11:08 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL