韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国社会 >  同時期に鳥インフル発生した韓国と日本 被害規模には大きな差

同時期に鳥インフル発生した韓国と日本 被害規模には大きな差

韓国で高病原性鳥インフルエンザウイルス(H5N6型)の感染が拡大し過去最悪の被害が出ている一方、同じく感染が拡大している日本では被害が少ない理由をめぐり、さまざまな指摘が出ている。韓国の農林畜産食品部などによると、日本では先月青森県の農場2カ所、新潟県の農場2カ所で鳥インフルエンザが発生し、鶏約55万羽、食用アヒル約2万羽が殺処分された。韓国では今月17日現在、54カ所の農場で約1660万羽が殺処分となった。ほぼ同じ時期に鳥インフルエンザが発生したにもかかわらず、被害の規模が大きく異なることについて、韓国政府当局や専門家は四つの理由を挙げている。

◇農場の密集度
農林畜産食品部の関係者は、国土の面積に対する鶏の飼育数を比較すると、日本は密集度が低いと説明する。 ソウル大獣医学科の金載弘(キム・ジェホン)教授(鳥類疾病学)は「日本の場合、ある地域に農場がひどく密集しているケースはない」と指摘した。ただ、「鶏の飼育環境は韓国と日本は近い水準」と説明した。韓国で今回、鳥インフルエンザが発生した採卵鶏農場は42カ所のうち、27カ所(64%)が3キロ以内に所在しており、密集した地域にある農場で鳥インフルエンザが発生したことで、被害も急速に拡大した。

◇カモの飼育数
専門家は日本ではカモをほとんど飼育していないため、渡り鳥が運ぶ鳥インフルエンザが農場の家禽(かきん)類に広がるのが遅いと指摘した。建国大獣医学科のソン・チャンソン教授は「日本の鶏の飼育数は韓国の2倍だが、カモはほとんど育てていない」とした上で、カモの数の違いが被害の差に影響していると分析した。金教授も日本には食用のカモの産業がほとんどないとした上で、「渡り鳥によって汚染された状態の空間と農場をつなぐのが田畑にいるカモだ」と指摘。カモがいなければ感染拡大は防ぎやすいと説明した。カモは現在、飼育数の16.6%に当たる145万7000羽が殺処分された。

◇初動対応
韓国政府の対応が日本より遅かったとの指摘もある。日本は先月21日に渡り鳥から鳥インフルエンザが検出されると、直ちに対応レベルを最高水準の3に引き上げ、防疫作業を開始した。一方、農林畜産食品部は今月15日に危機警報を「警戒」から最も高い「深刻」に引き上げた。金教授は「日本はマニュアルを作成し、鳥インフルエンザが発生すれば、マニュアル通りにすぐに動くが、韓国はさまざまな手続きが必要で、日本より(対応が)遅れる」と話した。

◇採卵鶏農場における管理
今回の鳥インフルエンザによる被害は特に採卵鶏農場が深刻で、卵の供給にも支障が出ている。そのほかの農場に比べ、出入りする車両が多いことが原因とみられている。50万羽を飼育する採卵鶏農場では1日6回、20万羽の農場では1日2回車両が出入りするが、養豚などの農場の場合は3日に1回、飼料を運ぶ車両が出入りする。卵の搬出にも問題があると指摘されている。韓国では車両が農場に直接進入し、鶏舎の入口で卵を搬出するケースが多く、防疫も十分でない場合が多いという。農食品部関係者は「先進国の農場でも車両が多く出入りするが、農場内と外で履物を変えたり、服を着替えたりするなど、防疫の規則を徹底的に守っている」と説明した。
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/12/17/2016121700551.html

【管理人 補足記事&コメント】
朝日新聞は、11月17日に初めて鳥インフルエンザの発生が確認されて以降、京畿、全羅、忠清各道など韓国西部を中心に拡散。すでに殺処分された鶏やアヒルは計1600万羽に達した。鶏の場合、飼育総数の7%にあたると報じている。一方、韓国政府は15日現在で計180カ所ある通行統制拠点を全国に広げる方針。全国に295カ所ある飼料工場や食肉処理場の一時閉鎖も検討するとした。

韓国の大規模スーパー関係者によれば、鶏肉の売り上げが昨年の同時期より15%減少している。同省は16日、「鳥インフルエンザに感染した食肉は市場に出回っていない。仮に感染した食肉も加熱すれば安全だ」と強調した。韓国農林畜産食品省は、高病原性鳥インフルエンザウイルス「H5N6型」が急激に拡散しているとして、災難・安全管理基本法に定めた4段階ある危機警報のレベルを最高の「深刻」とした。韓国で鳥インフルエンザで警報が最高度になったのは初めてとなる。

問題は、韓国全国に広がった鳥インフルエンザが、渡り鳥を介して日本に流入した可能性があるという事だ。
新潟県11月28日、鶏約40羽が死んでいるのが確認され、うち5羽の簡易検査で陽性反応が出た。29日未明にH5型の高病原性鳥インフルエンザウイルスと判明。この養鶏場で飼育している約31万羽を殺処分する作業を午前4時半に始めた。養鶏場と家禽農場からそれぞれ半径3キロ圏内を鳥や卵の移動制限区域に、3~10キロ圏内を搬出制限区域として区域外への持ち出しを禁じた。

一方韓国では11月16日に、高病原性の「H5N6型」鳥インフルエンザウイルスに感染していることがわかり、最初の届けがあった。25日 国はすでに全国の農家で感染が拡大している可能性が高いとし、感染拡大を防ぐため、カモや鶏などを飼育する全国の農家を対象に一時的に「移動中止命令」を出した。移動制限や薬剤散布などの措置が施される「警戒」へとレベルへあげるのに、野生の渡り鳥で感染が確認されてから2週間、農家から最初に届けがあった16日から計算しても1週間後であるから、対応が遅いとの国への批判があるのも当然だろう。



最新コメント
関連記事

ブログパーツ
[ 2016年12月18日 11:21 ] カテゴリ:韓国社会 | TB(0) | CM(1)
韓国なんぞどうでもいいけど..
鶏胸肉や鶏卵は、 先天性免疫不全性金欠病の愚生に取って、 貴重な動物性タンパク源なんすよねぇ~、 今んとこ価格には影響してないようですが、 心配っす。

鶏胸肉 100g/39円、 安いし、 世間ではパサパサしてるって言うけど、 愚生は味も好きっすがね?

それに、 鶏胸肉には ナントカカントカ っつう成分が豊富で、 疲労回復に効果的って聞きます。 何だっけなアレ? 「イミダペプチド」でしたでしょうか?

愚妻は、 鶏胸肉を買ってくると 5% の塩水に漬けて置くようです、 ブライン液とか言ったカナ?

これを 魚焼きグリル で丸ごと焼いて食すと、 パサパサ感も幾分和らいで、 ちょうど塩味の焼き鳥みたいな味になるっす。

ブライン液(塩水)は、 水100mlに対して粗塩5g(小匙1)が基本で。 愚妻は、 粗塩の代わりに醤油とか、 ニンニク、 生姜、 旨味調味料、 みりん、 香味野菜などを加えてるようっす。

たまにはこんな話題も、 騙されたと思って一度お試しを。
[ 2016/12/18 12:35 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL