韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓国で中小企業や町工場の技術・熟練工が育たない理由

韓国で中小企業や町工場の技術・熟練工が育たない理由

8月下旬以降、韓国・サムスン電子製のスマートフォン「ギャラクシーノート7」の発火が世界で相次いだ。製造元のサムスン電子は9月にリコールを発表し、中国製のバッテリーを交換。それでも発火が続いたため、10月11日に生産・販売を中止した。

だが、騒ぎは収まらなかった。10月半ばまでには旅客機への同機種の持ち込み禁止が全世界に拡大。米韓では損害賠償を求める集団訴訟が進められ、今後、米国では厳しい制裁が科せられるとの見方もある。

米・豪・ニュージーランドでは、サムスン製洗濯機の爆発事故も多発している。2011年3月から2016年4月までに製造された機種では、米国で700件以上の異常が当局に報告され、肩やあごを負傷したケースもあった。

サムスン製品にこうした事態が続くのは、同社が大きく成長する過程で“モノ作り”を軽視してきたからに他ならない。韓国駐在の日本人技術者が指摘する。

「サムスンは世界中から寄せ集めた部品で自社製品を作ることを得意とし、巨大な利益を得てきた。そうした社風では部品の細かい不具合を十分に把握しきれない。不具合のある部品が他の部品に影響し、大事故に繋がることもある」

サムスンの“トップダウン”経営も、モノ作り軽視の社風を後押ししている。
10月11日付ニューヨークタイムズは「(サムスンでは)製品の技術がどのようなものか理解していない上層部から命令が下される」と報じた。そうした環境では、モノ作りに必須となる「技術の継承」という考えは生まれてこないだろう。

言うまでもなく、モノ作りの屋台骨となるのは技術力だ。だが、韓国では中小企業や町工場の技術、熟練工が一向に育たない。 なぜなら韓国の大手メーカーは、外国製の目新しい技術や精度の高い部品が登場すると、それまで取り引きのあった町工場をあっさりと切り捨て、そちらに乗り換えてしまう傾向が強いからだ。これでは優秀な技術や職人が育つはずもない。大手メーカーと町工場の職人が長年かけて信頼関係を築き、切磋琢磨しながらより精度の高い製品を作り上げる「メイド・イン・ジャパン」と大きく異なる点だ。
http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20161218/frn1612181130001-n1.htm

【管理人コメント】
というよりは、大手企業の開発或いは設計者の能力問題のほうが大きい。
例えばLG電子の主任研究員レベルの図面を見ると、成型部品であるにもかかわらず、±0.01mm などという公差を平気で記載する。その図面をもって、日本で中小部品企業を探し回る。私が確認できたのは、図面の形状からプラスチックレンズ枠の様だ。その他としては、プラスチックの位相差板のカットが可能かと聞いてくる。この場合、確かにカット技術は、特殊であるが、問題はカット後の管理となる位相差方向の間違いをどうするのか等々を、こちらが提示しないと彼らは気が付かない。

従って、金属加工の様に決められた公差を、樹脂であれ何であれ、CADで図面は出来るが、部品は無理というのがたくさんある。それで日本に来るというわけだが、日本でもそれは無理な事が多いので、私の在籍した部品企業では、LG電子の若手幹部を工場見学に切り替えて、受注出来そうな部品図面があれば、見学後に説明をする。私の場合は成形であれ何であれ、一応経験があるので、彼らは耳を傾ける。無理な場合は、図面公差或いは材料を提案し、日本の大手企業であればガラス繊維入りABS等でこの公差が限界であるとか…、樹脂の熱処理方法も指導することがある。

であるから、丸投げでなんでも実施してくれる企業を彼らは探すが、日本の中小企業でさえ、難しいわけであるから、韓国中小企業では無理だろう。ただ我々の指導或いは提案は、必死で書き留めていた姿を見ると。主任研究員とはいえ、実務は知らないわけで、日本企業で勉強するのだろう~。日本の中小企業が予想以上に韓国大手企業から仕事を受けていることは知らない人も多いと思うが、スマホ関連でも、成型部分やレンズカット、検査に組み立てという部分まで、製造管理指導ができる企業が必要というわけだ。

韓国に合弁会社を作る理由は、日本でいちいち実施するのは、実は面倒なわけで、国内の付加価値の高い部品受注に切り替えたいわけで、韓国中小企業などと提携し設備投資を韓国大手企業に実施依頼し、合弁会社を設立して、韓国で部品を製造することになるケースも多々ある。この場合はある程度の規模が必要となる。今は中小企業における連盟や団体があるので、そこで困っている部分を日本の中小企業から指示提案を受けることになる。



最新コメント
関連記事

ブログパーツ
[ 2016年12月18日 12:59 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(2)
日本にとって悪いことではない
 管理人さま

 中国、韓国に技術ノウハウを教えないでください。
シャープのミスは、韓国企業に部品供給、技術を盗まれたことにあります。
くれぐれも、ご用心!
[ 2016/12/18 16:45 ] [ 編集 ]
いい加減な記事を引用するとサイトの品位が落ちる
「韓国で中小企業や町工場の技術・熟練工が育たない理由」

という題で書いているが、ライターも分かっている。
韓国企業は中小企業を育てようとして育たないのではなくて、
中小企業(協力会社)が不要なビジネススタイルであるのが特徴。
中小企業や熟練工がいなくても成立する事業スタイルで生存している。
それでいいなら、なにも外野が育たないからだめだというのは
要らぬお節介だろう。

サムスンのスマホ事故は中小企業不在や熟練工不在が原因では
ないだろう。

管理人さんはこういういい加減な記事の引用はやめたほうが良いです。
[ 2016/12/18 20:32 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL