韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  中国 >  中国は世界の産業用ロボットの大半を買っている!だが「高性能なロボットは作れず」

中国は世界の産業用ロボットの大半を買っている!だが「高性能なロボットは作れず」

中国では製造業の現場でオートメーション化が進んでおり、同時に産業用ロボットの導入が進んでいる。

中国メディアの今日頭条によれば、中国の産業用ロボットの生産量は昨年より70%も増加したが、よりハイエンド向けの産業用ロボットの技術力については依然として日本や米国の後塵を拝しているのが現状だ。

記事は、2015年の中国の産業用ロボットの生産台数は前年比21.7%増の3万2996台に達し、16年1-10月の生産台数は15年通年に比べて71.5%増の5万6604台にまで伸びたと紹介。中国国内で産業用ロボットの需要が伸びると同時に、生産台数も大きな伸びを示したことを紹介した。

さらに、14年に全世界で生産された23万台の産業用ロボットのうち12万台以上、つまり全体の56%は中国が購入したものだと説明、これらのデータに基づいて産業用ロボットの分野における中国の進歩は目覚ましいと高く評価したが、製造業従業員1万人あたりの産業用ロボット導入数で見れば、「中国は世界平均を下回っているのが現状」と指摘した。


スポンサードリンク


さらに記事は、中国で使用されている産業用ロボットの「大多数は搬送や積み降ろし、家電、金属製造などの比較的簡単な領域に集中している」と説明。一方、中国で使用されているハイエンド向けの多関節の産業用ロボットは全世界で生産された台数の10%、溶接用ロボットは16%、自動車組み立て用ロボットは10%に過ぎないと指摘し、「中国のロボット企業は革新能力が低く、競争力という点でも日本や欧米の企業に敵わない」ため、ハイエンド向けの産業用ロボットは日本や米国などの外資メーカーによってほぼ独占状態にあると悔しさを滲ませた。
http://news.searchina.net/id/1625399?page=1

【管理人 補足記事&コメント】
産業用ロボットと一口にいっても種類は用途別に様々あり、工場での製造用ロボットや建設現場での搬送用ロボットなど多岐に渡る。中国では産業用ロボットの需要が急速に拡大して、シェア率はが日本に勝る勢いで成長を遂げている。その背景として人件費の高騰とその他の新興経済対との競争の激化により、企業が生産性の向上を求めた結果、産業用ロボットに頼る部分が増えた事による。

中国の産業用ロボットの台数がここ数年で4倍以上に増えている。産業用ロボットは人の腕のような形の「多関節ロボット」やICチップなどの電子部品をプリント基板に載せる「電子部品実装機」に大別できる。これら産業用ロボットの出荷額は2013年で国内外合わせて5037億円となり、ロボットの輸出額は上昇傾向にある。

安川電機は産業用ロボットの生産台数で世界シェア1位を誇る。日本初の全電動式産業用ロボットとして誕生したMOTOMANは世界各国での自動車・電機関連作業を中心に活躍している。日本国内のシェアも高い。2013年には日本の産業用ロボットメーカーで初の中国で産業用ロボット専用の工場を開設した。

産業用ロボットの分野で業界をリードし続けている不二越の産業用ロボットは主に自動車製造の分野で活躍している。不二越も安川電機と同じく中国で産業用ロボット専用の工場を開設し、売り上げとシェアを伸ばしている。

ファナックは産業用ロボット業界の多関節ロボットのトップメーカーである。自動車向け溶接産業用ロボットに強みがあり、売り上げはロボット部門のみで1400億円を超える。そのため、日本が世界1位のシェアの原動力はファナックにあると言われるほどだ。日本国内に生産工場があり、名実ともにメイドインジャパンのメーカーである。

川崎重工業は半導体向けクリーン産業用ロボットが強く、40年以上の経験と実績があります。あらゆる分野の自動化のためにカワサキの産業用ロボットは活躍し、日本国内シェアも高いです。2015年には安川電機、不二越に続いて中国で産業用ロボット工場を開設した。

次の産業用ロボットメーカーは電子部品実装機で有名なメーカーです。ヤマハ発動機は自動二輪車やエンジン、マリン製品などに対応する産業用ロボットを展開している。また産業用ロボットが作った部品は高品質と低い故障率でハイブリット自動車や航空機で使用されている。

産業用ロボット国内シェアでも上位のパナソニックは電子部品実装機に強いメーカーです。主要顧客は海外の電子機器の受託製造サービスであるため、輸出出荷額のシェアは年々上昇している。技術が高いパソニックの産業用ロボットは「ロボットアームの制御」などで特許を獲得している。

その他ではアデプト・ロボットはカリフォルニアに本社を置く米国の企業、1983年設立。米国企業で唯一の世界シェアトップ10入りを果たしたが、2015年にオムロンがM&Aを実施してグループに組み込まれた。さらに、エプソンはプリンターメーカー、時計メーカーかと思いきや、産業用ロボットも製造している。しかも世界7位である。エプソンは当初、時計の製造ライン自動化のためにロボットを作っていたが、その後は用途を拡大し今日に至る。時計の製造ライン自動化から始めたため、正確性とスピードを求められる産業用ロボット分野に強い。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年12月18日 18:56 ] カテゴリ:中国 | TB(0) | CM(2)
破格の厚遇で技術者を引き抜くことで、中国の技術は向上した。
中国の資金力にも一時の勢いはなく、発展速度も遅くなり、人民元の信用下落も始まった。
よって産業用ロボットの世界シェアは、しばらくは日本が一位を維持するものと思う。
[ 2016/12/18 21:28 ] [ 編集 ]
ファナック 懐かしい。
ファナックの名前を見て思わず立ち止まってしまった、
NC入れれば熟練工要らないと言うけど俺違うと思うんだよな。。。
[ 2016/12/18 22:07 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp