韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国社会 >  「こんな社会を作った大人が私たちにしっかりしろだって?」青少年らの革命

「こんな社会を作った大人が私たちにしっかりしろだって?」青少年らの革命

17日午後、ソウル光化門(クァンファムン)の世宗(セジョン)文化会館前。「朴槿恵(パク・クネ)を逮捕せよ」と書かれたプラカードを掲げた10代の青少年4~5人が、ポリスラインを挟んで「弾劾棄却」のプラカードと太極旗を掲げた中年女性と向かい合っていた。

世宗文化会館前で集会をしていた青少年ら約100人は。近くで開かれた母親部隊奉仕団などの極右団体の「弾劾反対」集会のために苦しんだ。「彼らにちゃんと教えたのか…子どもが親を踏みにじるのかね」「あんなにかわいい子がどうして社会主義に染まったのか」。年配者らは、青少年らに向かってしきりに舌打ちした。警察はしょっちゅうポリスラインを越えて青少年の集会領域側に来て騒ぎを起こそうとする年配者たちを諭して帰すのにせわしかった。

この8週間、広場に出た10代たちは、朴槿恵政権だけでなく「年配者」とも闘わなければならなかった。成人にはぞんざいに振る舞えない年配者たちは、青少年たちには「お前たちに何がわかる」と、こぶしを突きつけがなり立てることが日常茶飯事だった。この光景を見た高校3年生のチェ・ミナさん(18)は「私たちがこんな社会を作ったんじゃない。大人たちが作ったこんなめちゃくちゃな社会を、私たちが変えてみせると出てきたのに、私たちに向かってしっかりしろなどと言うのは理に合わない」と話した。

10代たちは8週間ろうそく集会で自分たちが世の中を変えたという事実を体験した。ペ・ユリムさん(16)は「個人的に参加することもできるが、青少年が集まって『私たちにも意志がある』ということを見せたと思う」と話した。全羅北道群山(クンサン)から来た高校1年のパク・ヨル君(16)は「ほとんどが同い年だったから一緒にチョン・ユラの不正入試や教育改革のような話を集中的に話せてよかった」と言い、「最初はもどかしくて参加したが、国会で弾劾案が可決された後はお祭りに参加しているような気もする」と話した。

「ろうそく集会の自信」を踏まえ、彼らは「青少年選挙権闘争」を続ける計画だ。現在満19歳以上の国民に限り与えられる選挙権を満18歳から与えようという運動だ。ユク・ギョンス君(17)は「私たちはこれから生きていく世代なのに、だまって大人たちに任せることはできない」と話した。この日の集会で青少年たちはスローガンを叫んだ。「いずれにせよ、私たちが勝つ!」
http://japan.hani.co.kr/arti/politics/25982.html

【管理人コメント】
自国政府は反日政策で財閥企業と連携し、その結果癒着が生じ不正が出ても隠し続ける。
これを繰り返しているわけで、自国社会や政府システムも、日本とアメリカの真似でもある。ただし財閥癒着は朝鮮人特有だろう。

日本統治時代から、韓国という国と自国民一人一人の存在というのは、常に国がなくなる意識が心の奥底にあるのではないか…。これは教育社会の中で生まれた部分と、実生活で経験する部分とがあるのだろう。政府は世界に韓国という国があるのを伝えたがる。従ってGDPやらFTA範囲等々ですぐ順位をつけたがる。自国民は、自分の意見をすぐ主張し、それは傲慢態度や偏見につながる。

日本のような社会の中でも、自己主張はあるが経緯が違う。韓国社会では、能力があって主張するのと、能力が無くても主張するのとが混在し、一部の財閥企業だけが目指す道という中で、競争激化で自己主張は強まる傾向にある。その一方で自分のより能力が高い或いは指導力がある人材の下では、素直に従う。現実、日本企業の指導者などには反論はしないのも不思議である。更にお言えば、集団で協力して物事達成するという意識に欠ける。

大人社会も子供社会も似たような傾向にあるのではないか…。
将来性のない社会環境では、こうなるのだろう~。。。もっとも日本社会でも年金において、はるかに韓国よりは良いわけだが、現実はそれなりの生活をしているわけで、定年退職後には購入した自宅は老朽化し、増改築或いは立て直しで、退職金は使い果たしてしまう人も多いだろう。その後の生活は年金では間に合わないのも事実で、貯金を切り崩す事になる。

そう考えると、生活レベルが日本の半分の韓国とは言え、日本の高齢者が年金暮らしとなれば、韓国の平均年収より低いわけで、年金で裕福には暮らせない現実がある。働けるまでは何等か働ける環境が望まれるわけで、そういう社会作りが必要となる。日本の政治家の政治資金不正問題が多すぎて、韓国政府の無能さばかりを語れないのも事実。日本ももっと将来を考慮しないと、中小企業雇用が70%の国であるから、韓国のように大手企業を目指し競争激化が激しくなれば、社会環境は悪化しやすくなるのも事実。

共に中小企業の実態と改革は不可欠と言えるのだが…。



最新コメント
関連記事

ブログパーツ
[ 2016年12月19日 10:31 ] カテゴリ:韓国社会 | TB(0) | CM(1)
10代が、
「自分たちが世の中を変えたという事実」
一体どのような世の中にしたいんだろうか?、
「弾劾案が可決された後はお祭りに参加」
これが本音じゃないのかな。。。
[ 2016/12/20 06:39 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL