韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  中国人富裕層に頼らざるを得ない「韓国経済」

中国人富裕層に頼らざるを得ない「韓国経済」

主に富裕層を対象にした新しいビザは、300万ウォン(30万円)以上のパッケージツアーなどの旅行商品を利用して韓国を訪れる場合、5年間の期間中、何度でも韓国に入国できる数次ビザで、2017年1月にも発給をスタートさせる見通し。韓国を旅行する中国人にとってはビザの取得が必要で、リピーターとなる観光客の場合、訪韓するごとにビザの取得が求められる。新しい数次ビザでは、1回あたりの訪問で30日間滞在が可能となるビザが5年有効となり、リピーターの呼び水につなげる狙いだ。

日本政府観光局(JNTO)によると、2016年1―10月までの期間の訪日外国人数は初めて2000万人を突破し、インバウンドの成長に沸く日本の観光業だが、このうち中国人観光客は551万人で全体の約27.4%を占めている。日本政府も、16年10月から中国人向けのビザ発給要件を緩和し、中国教育部直属大学に在籍する学部・院生、卒業後3年以内の卒業生に対し、経済力が証明できれば個人観光一次ビザの発給をスタートし、若者の訪日を後押しする。

韓国にとっても、中国人観光客が最も多い構造は日本と変わらないが、その割合に着目すると大きな違いが浮かび上がる。韓国観光公社の統計によると、16年1-10月までの訪韓外国人数は、1458万9370人で、このうち中国人観光客は701万人と約半数を占めているのが特徴だ。言い換えれば、中国人観光客の動向が、インバウンドを大きく左右するため、中国人向けに利便性がより高まるビザの発給へと行き着いた。

(略)
韓国が中国人富裕層の取り組みを狙うのは、韓国内の消費低迷に頭を悩ませているのも理由の1つに挙げられる。その要因ともなったのが、公務員や教員、報道関係者などへの接待や金品の提供を規制する法律が施行されたことだ。汚職や不正を防止するために制定されたものの、食事接待は3万ウォン(約3000円)、贈り物は5万ウォン(5000円)までの上限が設定され、接待などで利用されてきたゴルフ場や飲食店などは売り上げの落ち込みに頭を抱える。

接待の制限による経済的な損失については、シンクタンクの韓国経済研究所が11兆6000億ウォン(1兆6000億円)に上るとの見通しを示した。この消費の落ち込みをカバーする役を期待されるのが中国人富裕層というわけだ。観光地でのマナーなど中国人観光客にまつわる評判は必ずしも肯定的なものばかりではないが、富裕層の中国人は、どの国にとっても上顧客として取り囲みたい観光客であることには異論はない。政治スキャンダルに揺れ、先行きの経済の雲行きが怪しくなる韓国で、中国人富裕層が落とす観光マネーが、経済の下支えとなるか。
https://zuuonline.com/archives/132722

【管理人 補足記事&コメント】
韓国の大部分が中国人観光客であるから、ショッピングを中心に組み込んだ格安のツアーのため、経済的な効果はそれほど期待できないのが課題だ。そこで、富裕層向けの新しい数次ビザの対象となる、高価格帯のツアー商品を充実させるとしている。しかし現実は中国人富裕層は韓国のような近い場所には行かないだろう。最低でも日本ではないのか…。また富裕層を受け入れるにはそれなりの準備が必要だ。公務員や教員、報道関係者などへの接待や金品の提供を規制する法律が施行されたことで、それをネタにして旅行客取り込み実施していた韓国サービス企業は多いのではないか…。

接待の国中国で、富裕層に利得なしで韓国に単に呼び込むサービスだけでは難しい。それに見合ったサービスを実現しない限りは、他国に流れるのが現状である。今の韓国は、金のない中国人が韓国旅行に行くというのが現状である。



最新コメント
関連記事

ブログパーツ
[ 2016年12月19日 13:35 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL