韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓国SKマテリアルズ、半導体ガス分野で昭和電工と合弁会社を設立

韓国SKマテリアルズ、半導体ガス分野で昭和電工と合弁会社を設立

韓国のSKマテリアルズが半導体高純度ガスの分野で急速に事業を拡大している。

SKマテリアルズは18日、エッチング用高純度ガスメーカー1位の日本昭和電工と生産・販売を手掛ける合弁会社を設立する契約を締結したと発表した。高純度ガスは、半導体の工程に使われるウェハーから必要のない物質を取り除く特殊なガスだ。合弁会社の名称は「SK昭和電工」と、SKマテリアルズが51%、昭和電工が49%の持分を保有する。初期投資金額は210億ウォン(約20億7600万円)で、今後の市場状況によって投資を増やす計画だ。

SK昭和電工が生産するフッ素系(CF系)の高純度ガスは、3次元NANDの増加によって使用量が急速に増えている。今年、世界の市場規模は2600億ウォンで、業界では来年下半期になると供給が不足するものと予想している。これを受け、合弁会社は慶尚北道栄州(キョンサンブクド・ヨンジュ)のSKマテリアルズ工場で来年8月までに、1次的に年間20トン規模の生産設備を建てることにした。単一規模では世界最大の高純度ガス工場となる。中国など海外工場の建設や半導体・ディスプレイ素材の事業も協力する計画だ。

SKマテリアルズは三フッ化窒素(NF3)と六フッ化タングステン(WF6)の分野で世界1位の企業だ。昨年11月、旧OCIマテリアルズがSKグループの持株会社であるSK(株)に買収され、系列会社となった。


SKマテリアルズは4月、SKエアガスを買収し、産業ガス事業に進出した。また、5月には日本のトリケミカル研究所と半導体の中心素材であるフリーカーソルの生産・販売を手掛ける合弁会社「SKトリケミ」を設立した。これに、今回は昭和電工と合弁会社をつくることで、総合半導体素材会社として跳躍できる足場を固めることになった。SK(株)は昨年、SKC&Cと合併した後、中心的な成長エンジンの一つとして半導体素材事業に注目している。
http://japanese.joins.com/article/713/223713.html?servcode=300§code=330

【管理人 補足記事&コメント】
昭和電工株式会社は日本の化学工業会社で、戦前は森コンツェルンの中核企業であった。森矗昶が設立した日本電気工業と、味の素傘下で、やはり森が経営に参加した昭和肥料の合併により、1939年(昭和14年)6月に設立された。「昭和電工」という社名は、この両社名を組み合わせたものに由来する。

2014年の株主総会を得て退任する現相談役の大橋光夫は石油化学工業協会会長や日本化学工業協会会長等を務めた。 日中、日韓の関係が悪化されている中、中国にのめり込んで行く姿勢は、この最高顧問の大橋光夫が日中経済界の重鎮であることも影響しているという。また昭和電工は10月25日、森川宏平常務(59)が2017年1月4日付で社長に昇格する人事を発表している。市川秀夫社長(64)は代表権のある会長に就く。市川社長は手掛けていた大型案件で一定のメドが付いたことから経営の世代交代を進めるとした。

韓国のSKマテリアルズ社との間で、半導体の製造工程で使われる高純度ガスCH3F(モノフルオロメタン)の製造・販売を行う事になる。このCH3Fは半導体の製造工程において、窒化膜の微細加工(エッチング)に使用される特殊ガスとなる。主に微細化を必要としたNANDフラッシュ、DRAM等の半導体メモリの製造工程で使用される。CH3Fは他のガスに比べて高選択比が得られるため、積層化が進んでいる3D NAND工程で、需要が増加している。

合弁会社では、CH3Fの製造プラントを新設し、販売を行うことで、半導体・ディスプレイ用高純度ガスをさらに拡大する事になる。会社設立は17年2月で、プラント建設完了は8月を予定している。一方、昭和電工は、独SGLカーボンから電炉の部材である黒鉛電極の事業を156億円で買収すると発表している。



関連記事

ブログパーツ
[ 2016年12月19日 19:04 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(4)
う〜ん
う〜ん、まあ、フッ素系は持ち運び大変だからな〜。しょうがないか。。。ただ、事故ったときの保証はどうするかはちゃんときめておいた方が良い。なにせフッ素だから。私も昔よく実験でつかいましたが、技官から脅かされた覚えがあります。
[ 2016/12/19 19:35 ] [ 編集 ]
日本国内で生産するべき
 昭和電工は判断を誤った、日本国内で生産するべき
[ 2016/12/19 20:36 ] [ 編集 ]
知らないけど
フッ素って、 事故った時にヤバいんすかね? バッチイの? んで、 輸送とか取り扱いがメンドイ?

そうゆうヤバい物質の仕事なら、 日本国内では、 あんまやりたくないのカモ?

諸々の規制も、 日本ほど厳格ではなくて寧ろユルユルそうだし、 イザとなれば鼻薬も効きそう。

反日リスクも、 背に腹は代えられないケースでは比較的少ない。

それに、 フッ素の主たる供給先が支那なら、日本から輸出するより南鮮からの方が、FTAとかで関税が安く、 稼げるんでは?
[ 2016/12/20 05:40 ] [ 編集 ]
あぶない
フッ素が溶けたフッ酸水というのがある。これは、皮膚につくと、ゆっくりと皮膚を浸透し、その下の骨をも溶かす。でもゆっくりだから、昔の実験していた人は寝ていたらいきなり激痛で起きたときはもう手遅れ。手をなくすはめに。そういう扱いがやっかい。ボンベも特殊加工。ただし、なんでもころす。菌でも何でも。あと気体をすったら一瞬でアウト。肺でも溶かす。
だからハンドリングは韓国人には無理だと思う。だから、事故ったときの取り決めは必須。まあ、自分がもう一度フッ酸を扱えと言われたら、断る。
ただ、なんで重宝されるかというと、ひとたび化合に成功したら、その化合というか結合は強固だから、だからフッ素コートって半永久じゃないですか。そういうことです。
[ 2016/12/20 08:10 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp