韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓国ウォン、対円為替レート急落…輸出競合企業に火の粉

韓国ウォン、対円為替レート急落…輸出競合企業に火の粉

最近、ドル高傾向に韓国ウォンが劣勢を見せているが、日本円の価値はさらに急落している。その結果、日本円に対する韓国ウォンの価値が大幅に切り上げられて、日本と競合する輸出業種に否定的影響を与えるという憂慮がある。

11月以後の100円当り韓国ウォン価値(ウォン-円財政為替レート)は1094.20ウォンだが、16日には1003.73ウォンで8.3%も上がった。先週後半には1000ウォン線が崩壊し3桁をも記録した。ウォン-円の為替レートが900ウォン台に下がったのは2月1日以後10カ月ぶりだ。

ウォン-円為替レートの現水準は、企業に打撃を与えるほどに低くはなく、アベノミクス初期のように「(ドルに対して)円安-ウォン高」で交錯する状況ではないため、過去のような憂慮は行き過ぎという見解もある。だが、ウォン-円為替レートの急落が続く場合、韓国経済に圧迫として作用せざるをえない。韓国投資証券が輸出と為替レートの相関関係を調査した資料によれば、韓国の輸出はウォン-ドルよりウォン-円為替レートの下落にはるかに否定的影響を受けることが明らかになった。

世界輸出市場で、韓国の輸出競合度は日本、米国、中国の順に大きい。対外経済政策研究院のユン・トンニョン専任研究員は「石油製品、自動車、一般機械、鉄鋼製品など、産業通商資源部が選定した13大輸出主力品目は、さらに高い競合度を示す」と分析した。証券業界も円安にともなう否定的影響が大きい産業として、自動車と機械業種を挙げた。

韓国金融研究院は企業のウォン-円為替レートの損益分岐点は1014.2ウォンで、為替レートが900ウォン台中盤にまで下がれば輸出企業にとって大きな負担になると診断している。ただし、日本企業が国外生産基地を増やしているため、過去よりはウォン-円為替レートの影響が弱まっているという分析もある。

安倍晋三首相が2012年末に執権して以来強力に推進している量的緩和政策は、円安を誘導し日本企業の輸出競争力を回復させる意志を含んでいる。20日に発表される日本の中央銀行の通貨政策方向が注目される。
http://japan.hani.co.kr/arti/economy/25990.html

【管理人 補足記事&コメント】
サムスンの2013年のスマートフォン出荷台数は3億1390万台(世界シェア31.3%)とトップ。しかしこれはアップル創業者スティーブ・ジョブズ氏が「コピーキャット」と蔑視したように、物真似による「二番手商法」で、自社開発は失敗続き。また腕時計型端末ギャラクシーギアは、大手量販店の返品率が30%超という大失敗となった。

現代自動車は韓国内での苦戦が見え始め、2013年の新車販売台数は前年比4%減という結果で、「ウォン安によってシェアを伸ばした北米でも陰りが見えた。昨年起きた新型SUVの雨漏り、燃費性能の水増しなど相次ぐ問題に現代自動車のブランドイメージが失墜している。これまでの韓国企業の躍進を支えてきたのは、「デザイン」と「コスト」である。「韓国企業はかつてウォン安によって価格競争で優位に立つだけでなく、ヘッドハンティングによるデザイン強化に注ぎ込むことで市場を確保してきた。

ヘッドハンティングは二番手人材や過去の栄光を生み出した人材が大半であるから、日本企業では一時的な手法としてしか使用しない。一方韓国企業は利益のネタとして特にはデザインのヘッドハンティングに特化し、今も頻繁に実施している。製造技術は、日本技術の下支えがあっても、限界点というのはあるわけで、為替に強固な企業つくりや研究投資、さらには人材教育投資が重要だったが、そういう部分を実施できなかったわけで、今後はその反動を一気に受けることになる。



最新コメント
関連記事

ブログパーツ
[ 2016年12月20日 08:51 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL