韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  鳥インフルエンザ猛威、韓国焦土化…遅い防疫対策で増幅したウイルス

鳥インフルエンザ猛威、韓国焦土化…遅い防疫対策で増幅したウイルス

今年高病原性鳥インフルエンザ(H5N6型AI)被害規模が、発生から1カ月で2014年の6カ月間累積被害規模をはるかに上回った。2014年は今年以前に史上最悪の被害を記録した年だ。

さらに、京畿道の安城(アンソン)川の野生鳥類のふんから検出された別種の鳥インフルエンザ(H5N8型)も高病原性であることが確認され、京畿道果川(クァチョン)のソウル大公園動物園では、史上初めてAIに感染した鳥類が出て非常事態が発動された。AIはますます強まっているが、政府の防疫体系は総体的な不十分さを露呈している。

19日、農林畜産食品部の資料によると、現在までに鶏・アヒル1668万6千羽が殺処分され、242万2千羽が殺処分進行中だ。AIが発生してから1カ月の殺処分規模が1910万8千羽であり、2千万羽に迫っている。今年9月基準で全国で飼育している鶏・アヒルが1億6526万羽(鶏1億5649万羽、アヒル877万羽)という点を考慮すると、12%ほどが消えたことになる。殺処分規模だけで計算すると、歴代最悪だった2014年(1400万羽あまり)をとっくに超えている。

韓国国内では初めて二種類の高病原性AIが同時流行する脅威に直面した。この13日、京畿道の安城川で採取された野鳥のふんのサンプルを精密検査した結果、「H5N8型」高病原性AIと最終的に確診された。H5N8型の場合、2014年に流行したウイルスであり潜伏期間が長いという特徴がある。


政府は今年の被害が歴代最大になることが確認された後の16日、危機警報を最高水準に上方修正した。AI発生から1カ月がたってからだ。日本は韓国と発生時期は同じくらいだったが、対処が大きく異なっていた。先月21日に野鳥のふんからAIが検出されるとすぐに危機警報を最高段階へ引き上げ、防疫作業に入った。同月28日に疑いの申告が入った日に確診判定まで出し、翌日には自衛隊が入って殺処分作業をした。安倍首相は直ちに連絡センターを設置して積極的に対応することを指示した。農水省傘下のAI対策本部が設置され、自民党も別途に対策本部を設置した。AIは伝染性が強く、初期対応が最も重要だ。日本は3つの地域の5カ所の農場で鶏・アヒル78万羽あまりが殺処分された。もちろん日本は鶏飼育の密集度が韓国より低く、アヒルをほとんど飼っていないという点も被害が少ない理由に挙げられる。
http://japan.hani.co.kr/arti/economy/25994.html

【管理人 補足記事&コメント】
韓国では1910万8千羽の殺処分し、全国の鶏・アヒル12%消えたという。
ここ10年ほど、ベトナムやタイ、インドネシアなどでは鳥インフルエンザがヒトからヒトに感染したと疑われる事例が多発している。 今は限られた地域だけの発症だが、わずか数時間で隣国に行ける時代、新型インフルエンザがいつ大きな流行となるかはわからない。 1918年から大流行し、世界で2000万とも1億人ともいわれる死者を出したとされる「スペインかぜ」は、鳥インフルエンザが由来といわれる。このスペインかぜは日本にも波及し、約2300万人の患者と約38万人の死者が出たと報告されている(国立感染症研究所)。

環境省によると、カモ類など冬の渡り鳥が大陸から日本に飛来する主なルートは3通りあるとしている。(1)カムチャッカ半島、千島列島、サハリンから北海道以南へ(2)日本海を横断して本州へ(3)朝鮮半島から九州へというルートだ。新潟、青森で確認されたウイルスは韓国と同型で、大陸からの渡り鳥が感染源との見方が有力だ。鳥取大学農学部の伊藤壽啓教授も「発生時期が特別早いわけでなく、感染が広がるペースが過去にないほど速い」と指摘する。理由について「寒波で野鳥が飛来したというより、大陸での大流行が原因」と推測。「ウイルスが入ってきやすい状況が続いており、現在がピークとは言えない。養鶏農家は、なんとしても野鳥の侵入を遮断するしかない」と警鐘を鳴らす。

韓国の対応の遅れは、日本にも影響を与えるだけに深刻だ…。



関連記事

ブログパーツ
[ 2016年12月20日 09:29 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(3)
今更問題になっても
韓国という国は学習能力がまるでない。過去に口蹄疫やMERSなどで初動対応が遅れ感染が拡大し、大変な被害になったことをもう忘れている。鳥インフルエンザにしたって何年も前からたびたび発生し、対応方法はわかっているはずだ。それが韓国の政府も民間も全く昔のままのんびりとしたルーズな対応しかとっていない。
韓国の食卓から卵や鶏肉がなくなることに危機感がない。このままでは鶏のないさみしい食卓のままクリスマスも正月も迎えることになる。ようやくあわてて緊急輸入に着手したようだが、そんなことならなぜもっと早く対応しなかったのかという反省がまるでない。

専門家や担当者は「韓国ではカモを飼育数が多く、養鶏場が密集しているから感染が拡大した」と弁明に躍起だ。そんな弁明するならどうやったら鶏を野鳥から隔離するかということに全く考えようとしないでいる。対応する人員にも不足し、陸軍に協力を求めたが断られている。マスコミも鳥が消えることに何の警鐘も鳴らしてこなかった。ろうそく行列ばかり報道して、鳥インフルエンザが蔓延しもし人に感染したらどれほどの影響がでるか全く報道もしてこなかった。

日本では野鳥と鶏との接触を防ぐため、窓なし鶏舎にするなど養鶏場は様々な工夫がとられている。政府も有効な対策には補助金をだして農家を後押ししている。また被害にあった養鶏場には保障金をだしているので、農家は感染の報告をためらっていない。

韓国の感染が一向に収まらないのは農家が感染を隠したがるからだ。被害を報告すると収入がガタ減りになるので、こっそりと市場に感染した鶏を出荷しかねないのだ。さらに感染を報告しなかった農家に罰則はほとんどない。かつて日本で感染を隠した養鶏場が破産に追い込まれたのとは大違いだ。
先月新潟と青森で感染が報告されたが、3週間経過して拡大してないのでどうやら養鶏場からの封じ込めに成功したようだ。北海道や宮崎でも感染が報告され、対策処理をしている。なんとか封じ込めが成功するように祈る気持ちです。自衛隊なども協力して官民総動員で感染の拡大を防止している。このような対応や体制が韓国ではできないのだ。

韓国人の口に卵や鶏肉を入らなくなくてもどうでもよいが、日本をまきこむことは断じてお断りだ。過去にも韓国からの感染ルートが疑われたこともあり、韓国旅行客からの持ち込まれるものには注意が必要だろう。養鶏場周辺には韓国人への立ち入りを禁止するぐらいの措置が必要かと思われる。
[ 2016/12/20 12:59 ] [ 編集 ]
殺処分すれば感染を防げる

<ろうそく行列ばかり報道して、鳥インフルエンザが蔓延しもし人に感染したらどれほどの <影響がでるか全く報道もしてこなかった。

 人々の関心の高い慰安婦像を立てれば、すべては解決
 
 殺処分すれば感染を防げる
[ 2016/12/20 19:36 ] [ 編集 ]
韓国ってやたらフライドチキンが多かったですよね もしかしてすでに病気にかかっているのが出荷されて韓国で有名なフライドチキンに加工されて人間が食べてしまっているのでは?と 思います。
[ 2016/12/21 20:28 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp