韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  自動運転で「世界連合」発足へ、現代自・トヨタなど参加

自動運転で「世界連合」発足へ、現代自・トヨタなど参加

自動運転の実用化へ向け、「世界連合」が発足する。シンガポール・スウェーデンの両政府をはじめ、現代自動車・トヨタ自動車・BMWなどの自動車メーカー、保険・IT・物流企業などグローバル企業計27社が参加するという。

現代自動車は19日「ダボス会議を主催する世界経済フォーラム(WEF)が呼び掛け、世界の27機関が参加する自動運転コンソーシアムが今月中に発足する」と明らかにした。今回のコンソーシアムには、自動車業界からは現代自のほか日産、ゼネラル・モーターズ(GM)、フォルクスワーゲン、ボルボなど12社が参加する。

保険業界からは日本のSOMPOホールディングスと米国リバティ・ミューチュアル・グループ、IT分野からはスウェーデンのエリクソンと米国クアルコム、ウーバーなどが参加する。物流分野からは米大手UPS、そのほかシンガポール政府とスウェーデン政府が参加する予定だ。

同コンソーシアムは今月、米国ボストンの道路で本格的な自動運転の実証実験をスタートする。実証実験を通じて得たデータを共有し、鉄道やその他の運送手段に与える影響、損害保険のような社会インフラの整備など、自動運転について多角的方面から議論を重ねていく。当面は2か月に1回ずつ全体会議を開き、結果をダボス会議で発表する予定だ。


自動車業界では、主要企業が多数参加する今回のコンソーシアムが、自動運転に関する世界共通の制度設立や標準化を主導する可能性があるとみている。業界関係者は「(自動運転開発でリードする)米国の電気自動車メーカー、テスラが参加せず、グーグルやフォードも別のチームを作って自動運転車の開発で協力しているため、自動運転の主導権争いが各グループ間で今後激しくなるだろう」と話した。
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/12/19/2016121902781.html

【管理人 補足記事&コメント】
自動運転の実用化を進める世界連合が発足する。ダボス会議を開く世界経済フォーラム(WEF)が呼びかけ、自動車やIT(情報技術)、保険などグローバル企業27社が参加するという。今月中に米国で実証実験を始め、自動運転の技術区分に即して安全規格や運転ルールづくりを話し合うとの事。自動運転を巡っては異業種連携が進むが、民間の大規模な連携で自動運転の普及を先導する。実証実験に参加するのは27社。WEFの担当者は「ここまで大規模にグローバル企業が連携するのは初めて」だと言う。自動車関連企業だけでトヨタ自動車や日産自動車、ゼネラル・モーターズ、フォルクスワーゲン(VW)、BMW、現代自動車、ボルボ・カーなど12社が参加する。

渋滞緩和や安全に関するデータを共有するほか、鉄道など他の交通機関への影響、損害保険など社会インフラの整備なども議論するほか、2カ月に1度の頻度で会議を開くという。電話協議なども通じて意見を集約。毎年1月に開く年次総会(ダボス会議)などの会合で成果を公表するという。 多くの有力企業の参加で今回の議論が世界共通の制度や基準になる可能性がある。しかし米電気自動車(EV)メーカーのテスラモーターズや米グーグルや米フォード・モーターは参加しない。自動運転技術における世界共通の制度や基準は重要だろう。日本国内販売は、それに自国に見合った内容を追加するのだろう。自動運転技術は加速的に進みそうだ。その対応に遅れた企業は取り残されることになる。

自動運転で「世界連合」発足することで、現代自などは助かる面も多々あるのではないか…。共通した技術を取り込むことで、スタートラインは同じとなるわけで、それだけに既存技術が重要視される事になる。



最新記事要約


関連記事

ブログパーツ
[ 2016年12月20日 09:51 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(2)
間違わないように
えっと、自動運転と完全自動運転は違いますからね!
ちなみに、グーグルは完全自動運転開発から撤退して、自動運転のアシストに特化。
[ 2016/12/20 10:22 ] [ 編集 ]
技術の世界
こういう未来技術の会議に出るのは、「敵情視察」。
どこが声高くがなるのか、これを使って局面打開を
狙うのはどこか。燃料電池自動車も同じです。
技術の世界には突然のブレークスルーがあるから
油断ならないし。
自動運転は都市交通で部分応用されるかもしれない。
[ 2016/12/20 12:31 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp