韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  みすぼらしい成績の韓中FTA1年、スタートから問題があった

みすぼらしい成績の韓中FTA1年、スタートから問題があった

韓中自由貿易協定(FTA)発効から今日で1年となる。今年1-11月の対中国輸出額は1124億ドルと、前年同期比10.9%減少した。輸入も790億ドルと、4.8%減った。貿易規模では前年同期比8.5%減となった。政府は韓中FTA恩恵品目の輸出減少幅を縮小したという点を慰めとしている。しかしみすぼらしい成績だ。

貿易現場の雰囲気はさらに深刻だ。半導体など対中主力品目の輸出が次々と減少している中、文化などサービス分野まで高高度防衛ミサイル(THAAD)問題で非関税障壁が増え、直撃弾を受けている。電気自動車バッテリー・流通業など中国進出韓国企業に対する差別、韓流牽制、観光客統制、通関手続き遅延など各種報復措置も出ている。韓国は本当に中国とFTAを締結したのかと感じるほどだ。

韓中FTAはスタートから問題があった。政府が韓中FTAに合意したと発表したのは、2014年11月10日に韓中首脳会談が開かれる2時間前だった。2年6カ月間の交渉を経たというが、伝えられていた内容はほとんどない状況だった。実際に蓋を開けてみると、他のFTAとは違って失望感を与えるレベルだった。中国は最高レベルのFTAを云々したが、韓国製造品目の開放率を大幅に下げた。韓国も「みんなが満足するFTAをする」とし、農産物の開放幅を減らした。当初から大きな効果は期待しにくかった。

当時、韓国は環太平洋経済連携協定(TPP)の創設を傍から眺める立場だった。このため急いで韓中FTAに合意し、中国主導のアジアインフラ投資銀行(AIIB)を支持し、大統領が中国戦勝節行事に出席するなど、一連の親中路線を見せた。言葉がFTAであるだけで、親中路線で強引に進めた政治的な動きだったというのが正しいだろう。当時の天安門行事への出席をほとんどのメディアが支持したのは今考えてもおかしなことだった。

始まりがこうであるためFTAが力を発揮できないのは当然だ。韓国が一歩遅れてサービスや技術貿易障壁交渉をしようとしても中国は消極的な姿を見せている。通商当局はそれでも善戦しているという話をしている。
http://japanese.joins.com/article/735/223735.html?servcode=100§code=110

【管理人 補足記事&コメント】
韓国の産業通商資源部(韓国の「部」は日本の「省」)によると、対中輸出では医療機器や石油製品など958種目の関税が撤廃される。この958種目の対中年間輸出額は2014年時点で87億ドル(約1兆440億円)に上る。

産業通商資源部は12月20日、「韓中FTAによって韓国の製品が中国内で関税分安くなる。価格競争力が高まるので、2014年に1453億3000万ドル(約17兆4000億円)だった対中輸出が、FTAにより年間約13億5000万ドル(約1620億円)増加する見込みだった。中国に支払っていた関税も年間54億4000万ドル(約6500億円)ほど節約できるようになる」と発表した。韓中FTA発効によって節約できる関税支払額は韓米FTAの5.8倍、韓EU FTAの3.9倍に上るとした。

また韓国のサービス産業も中国に進出しやすくなるとし、韓国の法律事務所が中国の法律事務所と合弁会社を設立すれば、中国でも法律サービスを提供できる。その他、芸能プロダクション、建設会社、ゴミ処理会社、流通会社も合弁会社を設立できる。FTA対象品目は48時間以内に通関させるし、700ドル(約8万4000円)以下の製品は原産地証明の提出を免除するとした。

しかし結果は韓国大企業が中国に工場を建設し、中国雇用の下支えとなり、中国でスマホや半導体、さらには自動車シェアをのばすとしたが、ことごとく、中国企業に技術が伝授されたあげくに、中国企業に押されてしまう結果となった。サムスンは慌てて、ベトナム拠点として、ベトナム工場増設と製造比率を高めている。

結局戦略的なFTAではない韓国政府であるから、FTA凍結はするがEPAなどと連携することもなく、高いコストで売れる商品とは言い難い状態では難しい。挙句にスマホは大リコールである。現代自とて、日本技術主流である中国の自動車市場で上位を目指すには、売れる商品であったり宣伝活動が不可欠であるが、デザインの真似と言われるようでは、無理だろう。半導体術も横並びになりつつあるわけで、創造技術や設備が日本で、技術が横並びならば、低コストの中国は今後厄介となる。



最新コメント
関連記事

ブログパーツ
[ 2016年12月20日 11:23 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(1)
貿易戦略
貿易収支の話だから、中韓がお互いに相手から
買いたい品物が減ったということ。
FTA対象品目の競争力が低いなら、競争力を
引き上げる努力が必要でしょう。
自動車をみると、ヒュンダイは中国で売れ筋の
品揃えをしたとは思えない。

朴槿恵さんの外交に追従した結果がこれ。
[ 2016/12/20 12:20 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL