韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  中国 >  激化する米中対立…北核問題の協調を守るべき

激化する米中対立…北核問題の協調を守るべき

トランプ氏の米大統領就任を1カ月後に控え、米中の対立が激しくなっている。大統領選挙から反中路線を歩んできたため、ある程度は予想されていた。しかし最近の様相は経済や軍事などあちこちで摩擦が見られ、危険なレベルに向かっている。今月初めにトランプ氏が米国の指導者では初めて台湾総統と電話会談し、米中関係の根幹となってきた「一つの中国」原則を否認したのに続き、先週は米中がお互い相手国を世界貿易機関(WTO)に提訴した。さらに最近、中国が南シナ海で米海軍の水中探査機を捕獲し、これに対しトランプ氏が「中国が盗んだ探査機の返還を望まない」と報復の可能性を示唆するなど、緊張が高まる状況だ。

その間のトランプ氏の中国たたきは今後の中国との交渉を有利に進めるための「商売人的気質」を表したという見方が多かった。しかし中国に対する強硬な立場とは逆に、ロシアとの関係を強化するトランプ氏の動きから、米露デタントを通じた中国牽制という国際政治学的な流れの変化が感知されているのも事実だ。米中が単に経済的な実益だけをめぐって対立するのではない状況も考えられる。

この場合、米中両国と緊密な安保および経済関係を結んでいる韓国としては悩みが深まるしかない。米中間の緊張が長期化して高まるほど、韓国の外交は両国間で選択を強要されるなど難しくなる可能性が高い。特にトランプ氏が為替などいくつか中国の問題を指摘しながら「北朝鮮が核兵器を持っているが中国は全く助けない」と北核を取り上げた点は心配だ。北核問題が中国に圧力を加える一つの「交渉カード」程度で扱われるかもしれないという疑いを招くからだ。


お勧め記事

オバマ-習近平時代の米中はいくつかの分野で対立したが、北核不用だけは同じ声を出し、対北朝鮮制裁でも協調した。トランプ-習近平時代の米中の対立が北核協調に隙間を生じさせるきっかけにならないよう、韓国の外交の創意的な努力が求められる時だ。
http://japanese.joins.com/article/763/223763.html?servcode=100§code=110

【管理人 補足記事&コメント】
産経ニュースでは、習近平国家主席率いる中国軍の動きがおかしいとし、南シナ海で米海軍の無人潜水機を強奪するなど、異常行動がみられると報じている。ドナルド・トランプ次期米大統領の「反中親露」姿勢や、安倍晋三首相とロシアのプーチン大統領の日露首脳会談などに焦り、日米露の「中国包囲網」におびえ、無人潜水機強奪に憤慨するトランプ氏だが…。一方、日米の防衛・情報当局者は、トランプ政権が来年1月に発足する前に、中国が沖縄県・尖閣諸島に侵攻しかねないと警戒する…。

中国海軍が信じられない異常行動に出た事が原因だ。南シナ海のフィリピン沖(約93キロ)公海上で、米海軍の測量艦「バウディッチ」が、海水の温度や塩分濃度を調べる無人潜水機2機を回収しようとしたところ、中国海軍艦艇が割って入り、1機を強奪したわけで、習近平との権力闘争は激化し、その一方で経済政策における責任転嫁は継続中だ。その裏で中国軍はやりたい放題ともいえるが…。もともと中国軍自体が暴走状態と化していたわけで、今後さらに過激に加速する可能性もある…。

日米同盟軍と戦っても、今の中国では論外であることを中国軍は理解していない。今の中国軍では自衛隊にも及ばないだろう。中国がこれだけ異常行動が続き過熱し始めた背景には、習近平政権の不安定さを露呈したようなものだが…。中国経済が予想以上に異常と化していれば、習近平が安倍総理に歩み寄る可能性もある。いずれ日中首脳会談もくありそうだが…。


スポンサードリンク

関連記事


ブログパーツ
[ 2016年12月20日 18:53 ] カテゴリ:中国 | TB(0) | CM(4)
習近平が核心になったとはいえ、中国軍を完全にコントロールしきれてなさそうですね。
習近平とてプーチン同様、軍部の強硬派の手前、弱腰にはなれず引くに引けない状況になっているのでしょう。
とち狂った軍幹部は何をしでかすか分からないので、武力衝突は十分あり得そう。
[ 2016/12/20 21:53 ] [ 編集 ]
中国が焦っている
ウクライナ問題で孤立したロシアは、中国と関係強化するしかなかった。
ところが、米露が関係改善、日露が関係改善すれば、中国は弾き出される。
最高のパートナーは、一転邪魔者となるのだ。
カギを握るのは、トランプ。
[ 2016/12/20 22:07 ] [ 編集 ]
中国が、中国が
>北核問題の協調を守るべき

自力で何もできないで、他力本願丸出し。

>韓国の外交の創意的な努力

ここがこの記事のオチ。
韓国は何の努力もしない。問題意識はあっても、
動く人間がいない。リーダー不在だとこうなる。

韓国には話題性がプアだから、中国が、中国がと流れる。
[ 2016/12/20 23:17 ] [ 編集 ]
だったら海洋に出てくるな!
不正をするな!
それだけのこと
[ 2016/12/21 08:45 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp