韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本経済 >  トヨタとダイハツ、既存組織から独立した「新興国小型車カンパニー」発足のワケ

トヨタとダイハツ、既存組織から独立した「新興国小型車カンパニー」発足のワケ

トヨタとダイハツは、2017年1月1日付で既存の組織から独立した「新興国小型車カンパニー」を発足すると発表しました。

トヨタが子会社のダイハツと両社を横断するかたちで同カンパニーを発足するのは、新興国、特にインド市場をにらんでダイハツの小型車に関する良品廉価なものづくり技術を活用しようとするものと見られます。同カンパニーの概要は次の4点で、企画・開発から製造まで一環して新興国市場のニーズにマッチしたクルマ造りを重視した内容になっています。

1.カンパニー内に新車を開発する新興国小型車商品・事業企画部、新興国小型車製品企画部と新興国小型車品質企画部の3部を設置。製造を担当するトヨタ ダイハツ エンジニアリング アンド マニュファクチャリング(TDEM)も、本カンパニー所属とする。
2.カンパニーは、新興国小型車商品に関してトヨタブランド車の商品・事業全般に関する企画業務を行う。
3.新興国向け小型車の製品開発は、ダイハツが担当し、カンパニー内の新興国小型車製品企画部と新興国小型車品質企画部が、トヨタブランド車としての最終的な開発・品質責任を担う。
4.TMAP(トヨタ・モーター・アジア・パシフィック)は、トヨタの現地生産車種の製造だけではなく、ダイハツ主体の新興国向けの小型車製造を支援する。

京都大学経済学研究科がアジア中古車流通研究会で公表している「急成長するインド自動車市場 盤石の覇者スズキと追うトヨタの挑戦」という資料を読むと、トヨタが同カンパニーを新設する狙いが見えてきます。2005年から2015年はインド乗用車市場が急成長した時期で、その中でトヨタはシェア3.8%から5.0%に伸びてはいるものの、現代の14.2%から17.2%、ホンダの3.7%から7.3%と比べると、伸び悩んでいると言わざるを得ません。

トヨタがインド市場で伸び悩んでいる理由は、SUVのイノーバ、フォーチュナーは好調ながら、ボリュームゾーンの小型車エティオス、リーバが不調で、シェアの伸びを下押ししているからです。このようなインド市場の現状から、今回トヨタが同カンパニーを新興国市場に特化したかたちで新設したのは、本格的にインドの小型車市場に注力するという意図があるものと考えられます。インド市場ではマルチ・スズキが圧倒的なシェアを握っていますが、トヨタの同カンパニー新設で、今後のインド市場の動向が注目されます。
(山内 博・画像:トヨタ、京都大学経済学研究科・アジア中古車流通研究会)
http://www.zakzak.co.jp/economy/ecn-news/news/20161219/ecn1612191700005-n1.htm

【管理人 補足記事&コメント】
インドは、中国やブラジルなどとともに、経済発展が著しい国の一つです。こういった新興国では、国民の所得が上昇し自動車の販売台数も伸びる傾向に有る。実際、インドは2014年に世界第6位の自動車販売大国となった。インドでのスズキの自動車販売シェア(2014年)は36.3%で、他を引き離してダントツの1位である。ホンダ・トヨタが、5%前後であるからスズキのインドでの圧倒的であることがわかる。

インドに進出した時期が他メーカーよりも圧倒的に早かったのが、スズキである。
スズキ社長の話では、「本当は、我々だって大手と同じように先進国に進出したかった。しかし、先進国の中で(軽自動車のような)小さなクルマを造ってほしいと言ってくれる国はどこもなかった。・・・別に先見の明があったわけではない。行くところがなくて、仕方がないからインドに行ったのだ。」と語っている。

軽自動車を中心に生産してきた「ノウハウ」と「技術力」を活かして、低価格でも利益を出せる小型車を製造・販売出来たのが、スズキをシェア1位まで押し上げた理由と言える。「環境規制の強化」や「需要の変化(小型車⇒ミドルクラス)」によって、現在シェア1位のスズキにとってマイナス要素が増えてきているのが現状ではあるが、それでも、数年はスズキがシェア1位をキープするでしょう。先行投資したおかげで「有名になった地位」と「技術力」はそう簡単には揺るがない。

全額出資子会社による年25万台の新工場をインド西部のグジャラート州に新設中で、2017年初めに稼働させる。鈴木社長は、こうした生産体制に加え「販売、サービス体制もきちんとやっていきたい」とし、トップを維持するには成長期での攻めの姿勢が重要との構えだ。



最新コメント
関連記事

ブログパーツ
[ 2016年12月21日 18:53 ] カテゴリ:日本経済 | TB(0) | CM(3)
棲み分け
発足のワケは2つあって、
1-トヨタから切り離したインド向けブランドの設立
2-ダイハツ系とスズキ系を棲み分けるコントロール

スズキはトヨタ陣営に入る(協議中)。インド市場で機種、地域を
棲み分けて、無駄な競合を避ける。スズキとダイハツの両方を
トヨタのコントロールに置く、ということじゃないですか。
[ 2016/12/21 19:20 ] [ 編集 ]
軽自動車は潜在力があると思います。
愚生は、 以前からそう考えて居りまして、 ここにも幾度か※して来ました。

スズキ・ダイハツのような車を作れるメーカーは、 コストや量産性まで含めて考えたら、 世界にもそうそうないと思います。
(ホンダ・三菱も含めて)

潜在力が在る事を知っていたから、 VMもスズキを傘下に収めようとした、 しかし、 欧米の横柄さが露骨過ぎて、 我らが修ちゃんが蹴飛ばした、 あれは痛快でした!

おさっ、 おさっ、 おさむ、
修ちゃんでぇ~す! てなモンです。

トヨタが上手く采配して、 また、 国も少しは考えて、 インドを梃子に、 東南アジアや、 南西アジア等から、 軽自動車をグローバルスタンダード化すべく動いて欲しいもんです。

軽規格なんかも見直すべきだし、 また、 家電やスマホはスケールメリットでやられた経緯もありますから、 国交省など、 少しは考えて欲しいですね。

トヨタの戦略がどんなモンかは、 愚生は馬鹿だからよく分かりませんが、 トヨタを盟主とする国産グループには、 マツダも有ればスバルもある。

これらを上手く組み合せて、 小型車から高級車、 乗用車から商用車、 内燃機関から電動車、 等々、 盤石なラインナップを揃えて欲しいです。 つまり、 オールジャパンです。

他にも、 AI、 IoT、 自動運転、 電動化、 更には、 発電、 配電、 鉄道、 水素、 バイオ、 など様々な要素を組み合わせて、 総合的に考えられないでしょうか?

まだ在ります、 二次電池、 省エネ、 再エネ、 機械、 ケミカル、 バイオ、 資金力、 プラント力、 他にも諸々。

インドを何とかすれば、 可能性はかなり大きく広がらないでしょうか?

要素となる条件を、 日本ほど多岐に備えている国って、 そうは無いように思えるんです。 問題は、 国際政治力になるんでしょうか?

日本政府には、 黒い頭の老害鼠なんぞサッサと排除して(愚生も老害ですが?)、 もっと前向きな戦略・ビジョンみたいなものを望みたいです。

馬鹿だから上手く書けないけど。

[ 2016/12/21 21:42 ] [ 編集 ]
田中さんなら詳しいかな?
トヨタを中核にしたグループには、 ダイハツやスズキの他に、 マツダ、 スバル、 日野、 ヤマハ、 なんてえのも在りますから、 持てる技術を出し合ったら面白い物が出来ないものでしょうか?

マツダはHCCI(ガソリン予混合圧縮着火)とかやってたと思いますし、 ダイハツの 「アクティブ着火」 も、 HCCIの一部を切り取ったような技術だったと思います。

軽自動車は現在1t前後の重量が有りますが、 これを効率的に走らせるには800cc前後の排気量が妥当だと聞きます、 また、 ダイハツは2気筒エンジンをアクティブ着火でやるはずでしたが、 振動問題とかあるのでしょうか? 水平対向2気筒800ccなんて在ったら面白そうに感じます。

レンジエクステンダーの線も、 スズキがやってましたよね。 ヤマハも時々、 とんでもない物を作るし(仲々ビジネスには至りませんが)、 何か化学反応が起きないものかと期待してしまいます。

[ 2016/12/22 02:36 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL