韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  トルコのユーラシア海底トンネルを韓国の技術で作った

トルコのユーラシア海底トンネルを韓国の技術で作った

欧州とアジアとをつなぐ世界初の自動車専用複層トンネルであるトルコのユーラシア海底トンネルが、韓国人の手によって開通した。

SK建設は20日(現地時間)、トルコの首都「イスタンブール」で、ボスポラス海峡の海底を貫通する長さ5.4キロのユーラシア複層海底トンネルを開通したと明らかにした。2013年1月に着工し、48か月間で実現した成果だ。事業費12億4000万ドル(約1兆4700億ウォン)が投入され、トルコの国策事業として進められてきた。

同日、イスタンブールで行われたトンネルの開通式には、トルコのレジェップ・タイイップ・エルドアン大統領やビナリ・ユルドゥルム首相、SK建設の崔光鐵(チェ・グァンチョル)社長、趙允秀(チョ・ユンス)トルコ駐在韓国人大使など、両国政府や事業関係者らが出席した。

ユーラシアトンネルは、5.4キロの海底区間と陸地接続道路までを合計して、総延長が14.6キロに上る大規模な工事だ。水深が最大で110メートルに達している上、砂や砂利、粘土が入り混じって地質が極めて弱い海底なので、トンネルを開けるのに困難が多かった。古代遺物や遺跡を保護しなければならない悪条件も加わった。

そのため、SK建設は、直径13.7メートル、長さ120メートル、重さ3300トンの世界最大規模のトンネル掘削装備(TBM)を投入した。一日平均25トン・トラック100台分量の土砂をくみ上げて、7メートルずつ掘進する地道な作業を4年間続け、いよいよ完成に至った。トンネルの開通でボスポラス海峡の通過にかかる時間は、今の100分から15分へと大幅に短縮されることが期待されている。一日12万台の車両がトンネルを利用するものとみられる。SK建設は、トンネル完成後も2041年までにメンテナンスや施設運用を一手に引き受けることになっているので、運営収益も手にすることになる。崔光鐵社長は、「今後もユーラシア海底トンネルなどの高収益開発型事業の成功事例を引き続き作っていきたい」と明らかにした。
http://japanese.donga.com/List/3/02/27/808407/1

【管理人 補足記事&コメント】
2013年にトルコ・イスタンブールにおいて、黒海とマルマラ海(最終的に地中海につながる)を結ぶボスポラス海峡の横断トンネルが開通したが、この工事は大成建設が主導する日本・トルコ合弁プロジェクトで、40億~45億ドルと報じられている費用のうち、日本が10億ドルを出資した。トルコ建国90周年記念日に合わせたという式典には、安倍首相も出席している。海峡横断トンネル計画は1860年、オスマントルコ帝国のアブデュルメジト1世皇帝が提唱して以来、トルコ支配者の悲願であったと各紙は報じている。それだけに、元イスタンブール市長でもあるエルドアン・トルコ首相は、自らの記念碑的偉業と位置付けて完成を急いだ見切り発車ともいわれた。

トルコ政府によれば1日150万人を運ぶことが可能で、イスタンブールの慢性的な交通渋滞を2割軽減するという。イスタンブール市街は海峡で分断されており、人口は約1500万人だ。鉄道路線全体としては76kmになる。トルコ政府は、北京からロンドンまでを結ぶ「鉄のシルクロード」につながるものだと誇らしげだ。地下鉄は最初の15日間、無料運行され、2年で長距離旅客列車も追加され、さらに貨物列車も加わる。不安視されているのは、イスタンブール周辺がプレート境界に近い地震多発地帯である懸念が問題視されたが…。

一方、ヨーロッパとアジアを結ぶ超大型海底トンネルが韓国の建設会社の先進技術力で完工した。SK建設がトルコのボスポラス海峡に施工した「ユーラシア海底トンネル」がそれで、水深100メートル下の地中を突き抜ける高難度工事だが、工期を3カ月短縮して、世界の建設業系を驚かせたと評価されている。ヨーロッパとアジアを結ぶ自動車専用複層トンネルとしては初めてのユーラシア海底トンネルは、陸地の接続道路まで含めれば合計14.6キロメートルで、事業費12億4000万ドルが投じられた。今回の工事には断面の直径13.7メートル、全長120メートルに達する世界最大のトンネルボーリングマシン(TBM)が投入され、一日平均25トントラック100台分の土砂を海底から吸い上げ、7メートルずつ掘り進んでトンネルを竣工したというが…。

SK建設主導である…。手抜き工事でないことを祈りたいが…。。。



最新コメント
関連記事

ブログパーツ
[ 2016年12月22日 10:46 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(2)
やっぱ手抜きなんでは?
MONさん も指摘されてますけど。

どんな工法かは分かりませんけど。日本製シールド・マシンのおかげだったりするかも?

トルコは地震も多いし、愚生は、そのトンネルは利用したくないっす。
[ 2016/12/22 19:50 ] [ 編集 ]
正気か?
手抜き工事は韓国の代名詞なんだが
手抜き工事をしない韓国人はそれはもう韓国人ではないw
[ 2017/01/08 23:52 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL