韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  2017年の韓国経済、絶望と希望の間で

2017年の韓国経済、絶望と希望の間で

2017年の韓国経済の前途に暗雲が垂れ込めている。国内外の経済予測機関が出した国内総生産(GDP)成長率予測値は2.1-2.5%であり、今年(2.6-2.7%推定)より厳しい状況になるという予想だ。この数年間、実際の成長率が予測値に達しなかった点を考えると、1%台になることも考えられる。経済が厳しくなれば真っ先に影響を受けるのが庶民の生活だ。政治的な混乱の渦中でも政府と与野党が民生を最優先に考えなければいけない理由だ。

朴槿恵(パク・クネ)政権が過去4年間ゴールデンタイムを浪費したのは韓国の経済に響いた。4大部門の構造改革とベンチャー・創業生態系形成を強調した創造経済構想は評価できるものだった。しかし崔順実(チェ・スンシル)被告の国政壟断で表れたように、朴政権はこれを実行する能力も意志もなかった。歳月を浪費した代償は過酷なものになると予想される。韓国経済は慢性疾患の虚弱体質に防寒服もまともに着ることができない状況で真冬の厳しい寒さを迎える格好となった。

来年は特に民間消費が振るわず、内需景気が冷え込む見込みだ。しばらく内需を支えていた住宅景気が弱まるのが主な要因だ。建設現場の雇用が減り、住宅取引が減少し、不動産仲介・引っ越し・リフォームなどの需要も減るとみられる。金英蘭(キム・ヨンラン)法の施行も内需に悪影響を与え、飲食・小売りなど自営業者の生活はさらに厳しくなると予想される。

もう一つ注目すべきことは、来年から生産可能人口(15-64歳)が減少する点だ。過去に日本で確認されたように、高齢の高所得者が経済現場を離れれば消費を大きく減らすことになる。いわゆる「消費の崖」だ。貯金があっても老後の心配が先立つからだ。高齢者が離れた職場を若者たちが埋めればよいが、そうならないのが現実だ。新規採用より人員の自然減少を楽しむ企業がはるかに多い。
http://japanese.joins.com/article/816/223816.html?servcode=100§code=120


【管理人 補足記事&コメント】
中央日報は、内需不振で直撃弾を受ける民生経済のために格別の対策が求められる。すぐに政府が予算を投入し、社会の安全網から拡充する必要がある。職場を突然失ったり店を閉めて生計が立てられなくなった低所得層を政府が直接支援することを指摘している。

さらに負債を返済する道がふさがった人たちには債務償還を延長し、転職のための職業教育もしなければいけないとした。1300兆ウォン(約130兆円)を超える家計負債問題が深刻化しないよう韓国銀行(韓銀)は利上げをできる限り先送りするのが望ましいとも伝えている。政府は金英蘭法を弾力的に施行し、飲食・贈り物提供の上限をある程度高めればよい。企業と労働界も力を合わせる必要がある。企業が人員削減を自制し、労働者は賃金を譲歩する「ジョブシェアリング」に最善を尽くす事を提案している。

中央に説いては内需活性というよりは、 接待文化の韓国において飲食・贈り物提供の上限を高めろという事だ。
同時に企業のワークシェアリングの実施要求であるから、見新しい政策の関する意見ではない。

韓国民の9割が中小企業雇用ならば、中小企業改革を急ぐことである。部品企業を産業別に集めて、企業拡大を実施し、企業体力となる組織を形成させることである。しっかりとした営業が無いのでは困りごとである。同時に政府は受注案件に対して、設備投資の援助を考慮し、人材の育成に力を入れないと、技術者は育たない。日本に丸投げでは、限界があるわけで、韓国は必要がないと切り捨てれば、終わるようでは困る。有能な若者は余っているならば活用することである。



関連記事

ブログパーツ
[ 2016年12月22日 11:09 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(4)
なぜ、このような意見を反日で盛り上がっていた1年前に世にださないのか?客観的事実からみれば、全て1年前にはわかりきったことだ。
反日を煽る記事ばかりの中でも、こういう記事をだすのが、オピニオンリーダーの新聞の使命だ。いまさら格好つけて言っても遅いよ。
全て他人ごとで自分ごとじゃない、朝鮮民族の独特の思考だね。
[ 2016/12/22 12:46 ] [ 編集 ]
新政権の予定政策
来年の新政権の予定政策
・徳政令(借金チャラ)
・軟弱デモの許容(奨励)

>今年の広場の熱気

いや、あの100万人デモは韓国の市民活動の
新しいスタイル。あれでガス抜きできるなら、
またリピートされます。

韓国はベンチャー企業育成に力を入れた。
特にIT系に成功例がある。しかし、これは大きな雇用は
生まなかった。加えて、韓国でスタートした成功者は
海外移転という格好。
国の産業育成策が空回りしているのではないか。
[ 2016/12/22 15:57 ] [ 編集 ]
フーガさん、餅代ちょうだい?
なんてね、こちとら南鮮どころじゃない感じっす!

希望と絶望って? 南鮮に希望なんか在るんすかね?

馬鹿だから良く分かんないけど、傍目には絶望しかないように思えるんすが?

[ 2016/12/22 19:42 ] [ 編集 ]
タイトル間違ってます
正しくは、韓国経済、絶望と破滅の間で…
来年の韓国経済に希望などありません。
あるのは、絶望と破滅。
中国による経済制裁
アメリカ利上げ
不動産バブル崩壊
鳥インフルエンザ
財閥企業の倒産ラッシュ
従北左翼政権誕生

ざっと思い付くだけでも、希望など有り得ません。
現実を見ましょう☺
[ 2016/12/22 20:44 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp