韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本政治 >  トランプ氏の登場で雰囲気が急好転する日本経済

トランプ氏の登場で雰囲気が急好転する日本経済

日本政府は昨日公開した12月の月例経済報告で、景気の基調判断を1年9カ月ぶりに上方修正した。緩やかな回復基調が続いているという判断でだ。これに先立ち日本銀行(日銀)も似た評価を出した。日本メディアの「慎重な前進」という表現が意味深く聞こえる。

消費も改善したが、何よりも輸出が大きく増加した。先月の輸出数量指数は前月比4.5%増となった。2年9カ月ぶりの高い水準という。対中輸出も増えたが、何よりも対米輸出が大幅に増加した。特に日本の対米自動車輸出は27%も増えた。もちろん円安のためだ。トランプ氏が米大統領で当選した先月8日は1ドル=104円だったが、昨日は1ドル=118円と、13.5%も円安ドル高が進んだ。黒田日銀総裁が数日前、円安に問題はないと円安を容認し、長期金利目標引き上げ時期を遅らせるのも自然だ。日本政府は来年の実質GDPの増加率を1.5%と見込んでいる。アベノミクスでなくトランプ氏の登場が日本経済の雰囲気を反転させているのだ。

しかしトランプ氏が引き続き円安を容認するかどうかは疑問だ。トランプ氏の「自国優先」政策と1対1交渉戦略が本格化すれば障害になるかもしれない。また円高に戻るという懸念もある。三井住友銀行の米国鉄道投資のようにトランプ氏のインフラ投資に積極的に参加しようとする理由もこうした脈絡だ。日本の米国便乗戦略が目を引く。
http://japanese.joins.com/article/825/223825.html?servcode=100§code=110


【管理人 補足記事&コメント】
ブルームバーグは、トランプ次期米大統領はまだ就任してもいないのに、既に日本の景気を押し上げたと伝えている。消費低下に株価や為替は乱降下が続いた1年の終わりと言っても過言ではない。その一方で日本銀行は景気判断を上方修正した。大部分はトランプ氏のおかげだろうと報じている。

日銀のムード改善の主因は、輸出を押し上げる円安にある。そして、円下落の主因はドル上昇。ドル高は、トランプ次期政権に期待される減税や新たなインフラ投資を一部反映している。これらが米国の公的借り入れを増やし、追加利上げを加速させる事になる。もちろん、日銀の楽観は従来と比較してのものだが、政府の来年度の成長率見通しは1.5%と、これまでの予想の1.2%から引き上げられたが、とても素晴らしい水準とは言い難い。それでも9月時点ではマイナス金利の状況下でも経済が反応せず、先行きは暗かったのも事実。

景気判断を上方修正したものの、日銀は超緩和的な金融政策を維持する方針としている。短期金利(日銀当座預金の一部に適用する政策金利)をマイナス0.1%、長期金利(10年物国債金利)を0%程度でいずれも据え置くほか、国債購入や指数連動型上場投資信託(ETF)などの資産買い入れも維持する。4年近い量的・質的緩和の下でもインフレ率は相変わらずゼロ近辺で、日本の本格的な景気回復はまだまだ先となる。だが、低成長から抜け出すのに重要なのは、信頼感であり、どんな小さなことでも役立つと言える。

トランプ政権の財政をめぐる思惑が日本経済の見通しにつながるという関係性は、純粋な国内経済政策の限界をタイムリーに思い起こさせてくれるものだ。各国・地域の経済は、モノや資本のグローバル市場を通じて微妙に、そして時には予想できない風につながっている。米国の内需拡大で起こり得る副作用は通貨高による輸出競争力低下になる可能性もある。

ただ日本企業の技術力は、円高時のコスト削減から数年前に開発重視に切り替えて、技術力をため込んでいる。一方では円高時に内部留保金300兆円を超えて投資に備えてきたわけで、それらが活躍する場となったのも背景にある。きっかけはトランプ次期大統領の出現ともいえるが、本当の日本経済を担う戦いはこれからとなる。アメリカとて利上げはしたが、雇用を失い逆効果に陥る可能性もあるわけで、アメリカがどうであれ、日本経済を強固にする時間稼ぎとしてはありがたい。

日本政府の成長戦略遅れは、何とか取り戻したいものである。輸出企業を強固にできれば、次は輸入企業となる。とはいえアメリカのTPP離脱のかわりにFTA戦略の遅い日本では間に合わない…。日本政府も輸入企業も試練はこれからとなるが…。



最新記事要約


関連記事

ブログパーツ
[ 2016年12月22日 11:41 ] カテゴリ:日本政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp