韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  踏んだり蹴ったりの韓国経済 世界各国の中で「偏差値50以下」

踏んだり蹴ったりの韓国経済 世界各国の中で「偏差値50以下」

「韓国経済の限界」……。友人による国政介入疑惑を受けて朴槿恵大統領が職務停止に追い込まれるなど、政治の停滞が打開できない韓国。前述のタイトルのごとく経済の停滞ぶりが激しいと伝えられており、「弱り目にたたり目」「踏んだり蹴ったり」という言葉がこれほど当てはまる国は目下のところ世界に見当たらない。韓国経済なぜ、これほど停滞しているのか、根本原因とともに、最近の状況を振り返ってみたい。

■世界でのポジションは「偏差値50以下」
そもそも、韓国のGDP成長率はここ数年、低下傾向が続いていた。実質GDPは2010年に前年比6.5%増とピークを打ったが、その後は低調。OECD(経済協力開発機構)の予想によると、2016年は2.8%増、2017年は2.6%増(3.0%の当初予測から下方修正)であり、世界経済成長予想の数値を若干、下回っている。要するに、世界でのポジションは「偏差値50以下」なのだ。

韓国の経済発展が滞る内在的な要因として、人口が5000万人の小国で資源も少ないため、外需に成長を求めざるを得ないことがまず挙げられる。ただ、やはり最も大きいのが、財閥系企業への依存が激しすぎることだろう。韓国には現在、約300万社を超える企業があるが、GDPの70%以上を5大財閥系企業で占めるのだ。その1つ、サムスングループはGDPの約20%、同グループを代表するサムスン電機の時価総額は韓国株式市場の同3分の1にもなる。


新型スマートフォンが自然発火し、10月には生産中止に追い込まれたサムスン電子、8月末に経営破綻した海運会社・コンテナ運送会社「韓進海運」、10月に会長が背任や横領で韓国検察から在宅起訴されたロッテグループ……。韓国経済の屋台骨を支えている財閥系企業で今年、こうした悪い出来事が続いた。ただ、普通の国では有力企業が傾いただけで国全体の経済が危機に瀕するということは、通常ありえない。ではなぜ、韓国ではこうしたことがピンチのきっかけとなってしまうのか。それは、財閥経済が生まれた歴史的背景が大きい。

■政財界の癒着、政治スキャンダルに絡む財閥起業
朝鮮戦争やその後の動乱で混乱した経済を短期間で立て直すため、韓国では経営基盤のある財閥企業を許認可などで優遇する政策がとられてきた。結果、政財界の癒着が生まれた。現在、朴槿恵大統領の友人が国政介入をめぐって起訴され、大統領自身も弾劾訴追で職務停止に追い込まれる騒ぎとなっているが、その中で指摘されているのが友人の設立した企業や財団に便宜を図るよう、大統領が財閥企業に圧力をかけたとされている。このように、韓国では大統領経験者が自殺したり逮捕されたりなど経済がらみの政治スキャンダルが多い。絡んでいるのがいつも財閥系企業だけに、経済に与える影響はいつも大きい。
(略)
http://www.excite.co.jp/News/economy_g/20161223/zuuonline_133376.html

【管理人コメント】
韓国という国の特性上、大企業というか、今では特別大きいとは言い難いが、いわゆる財閥企業に特化し、上位50財閥でGDPの大半を占めるわけで、本来は、そのGDPを担う企業が、韓国内の中小企業を巻き込んで、グループに取り込む必要があった。一番早い中小企業改革と言える。中小企業に設備と人を投資し、人材を循環させて、部品をグループ財閥内で量産できるしくみがほしい。 中小企業雇用9割近い韓国が、300万社を軽く超える企業数の中で、大手企業は0.1%であるから、99.9%は中小企業となる。人口からすれば、日本でも400万社を超える程度である。日本企業と比較すれば、企業数が多い分だけ、企業規模も企業体力もないわけで、財閥大手企業経営だけでなく、中小企業を取り込んで、企業数を減らし整理する必要がある。

起業しやすい国とはいえ、何でもかんでも起業すれば良いというわけではない。起業してすぐ倒産を繰り返すのでは問題だろう。大企業となるように自国政府が後押ししたならば、中小企業は大企業が後押しを実施し、日本の中小企業を当てにしない方法を考えることである。重要なのは自国民の生活を豊かにすることである。財閥利益を増やす事ばかり考えているようでは、国の政策も企業戦略も自国民の生活もばらばらとなるわけで、内需を活性化させる方法としては、その基盤を強固にし、新たな内需産業を見出す必要がある。



関連記事

ブログパーツ
[ 2016年12月23日 13:56 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(1)
2019年問題、 確かそんなのが在りましたなぁ~。

財閥系が ヒ~コラ 言ってるようなら、 南鮮雇用の多くを支える中小零細はどんな具合なんでしょうね?

政治が空白化してるし、 そのニュースばかりで他のニュースが仲々入って来ませんが、 下々は実際、 深刻なんでしょうなぁ~!

( ・σё ・) フ~ン 鼻糞ホジホジ

まっ、 「辛ラーメン」 でも喰らって頑張ってくらはいな(具とかナシのプレーンで)。 今までだって、 それで頑張って来たじゃん。

実は朴槿恵が大統領になった時点で、 既に南鮮経済崩壊は決定的で、 どう足掻いたって自力再生は無いという話も在りましたよね。

だいぶ弱ってますから、 次期政権が“派手な反日”でもしてくれれば、 日本的には、 かえって蹴飛ばし易いってなモンだと思いますがねぇ~、 南鮮に 「引導」 渡すチャンスっす。

差し当たり、 日韓スワップを蹴飛ばすトコから始めていただきたいモンっす。

[ 2016/12/23 22:23 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp